信用金庫のカードローンの特徴

信用金庫のカードローンの特徴
お金を借りようと考えた時、銀行や信販会社、消費者金融などを思い浮かべる方が多いと思いますが、信用金庫でもカードローンを取り扱っているのをご存知ですか。

信用金庫のカードローンを利用するには、その地域に住んでいるか、もしくはその地域で働いていることが条件となってしまいますが、家の近所や勤務先の近くに信用金庫があり、カードローン利用を考えている場合は信用金庫から借り入れする方法も検討してみてはいかがでしょう。

信用金庫というのは、その地域の発展を目的として存在する金融機関です。限定されたその地域内でのお金を集め、その地域を繁栄させるためにお金を使っていくことが信用金庫の存在理由なのです。

他の銀行や消費者金融のように営利目的ではない為、カードローンの金利も比較的低く利用しやすく設定されています。限度額は大手消費者金融などよりは低めとなってしまいますが、それほど高額な融資を希望していない方には十分な額だと思います。

では、信用金庫のカードローンを利用するにはどうしたらいいのか、信用金庫ならではの特徴も含めて見ていきましょう。

同じ信用金庫でも、それぞれの地域にある信用金庫によってカードローンの利率や限度額、審査内容や詳細に若干違いが生じてきます。ここでは、一般的な信用金庫のカードローンについてお話していきたいと思います。


信用金庫のカードローンを利用するには

地域の発展の為に存在している信用金庫。

ここのカードローンを利用するためには、信用金庫で定めている申し込み条件をクリアしなければなりませんが、その他にも審査に通りやすくするためのコツがあります。

それは、カードローンを申し込もうとしている信用金庫の口座を作り、定期的に預金していくことです。定期的な預金があると、安定した収入があると判断してもらうことが出来、信頼関係を築くことが出来るでしょう。

信用金庫を給料振込口座にするなど、メインバンクとして利用して行くとより信頼関係は深まり、審査にも通りやすくなっていきます。

営利目的ではありませんが、貸し出したお金は確実に回収しなければ地域発展には繋がらないため、「確実な返済が期待できること」「信頼できること」が審査するうえで重要な基準となってくるのです。

しかし、いくら信頼関係が築かれていても、実際に貸し出した後の返済状況というのは、貸し出してみないとわからない部分もありますね。

そのため、カードローンの審査に通過したとしても、最初は限度額が低めに設定される傾向にあります。しかし、きちんと返済実績を積んで行くことで、その後増額申請を行うことも可能になりますし、場合によって金利が優遇されるなどのサービスを得られることもあります。

信用金庫のカードローンを利用する際は、収入に関する信用を得ることももちろん大切ですが、人と人との信頼関係を築くことも大切になってくるのです。


一般的な信用金庫カードローンの特徴

それぞれの地域によって多少違ってきますが、一般的な信用金庫とはどの様なものなのかについて触れてみたいと思います。利率や限度額についても、あくまでも一般的な数字となりますので、この範囲外に設定している信用金庫もあります。実際にカードローンを利用する際は、お近くの信用金庫で定めている基準を確認してみましょう。


審査申込資格

・20歳以上65歳未満の安定した収入がある方。
・一般社団法人しんきん保証基金の保証を受けられる方。
・地域内に住んでいる、もしくは地域内で勤務している方。

※50万円以下の借り入れの場合、パートやアルバイトでも申し込み可能です。また、配偶者(69歳以下)に安定した収入がある場合は、収入のない専業主婦でも申し込み可能です。

申し込み方法 ・インターネット
・電話
・店頭窓口
・FAX
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書
・預金通帳
・印鑑

※収入証明書はその地域の信用金庫によって提出が不要の場合もあります。また借り入れ額に応じて対応が変わる傾向にあります。一般的には50万円以下の借り入れの場合は不要となる場合が多いようです。

申し込む際は、申し込む予定の信用金庫に問い合わせてみましょう。

利用可能額 一般的に100万円~500万円の範囲内

この範囲内で、その信用金庫によっては10万円コース、30万円コース、50万円コースなどと細かく分けている場合があります。

利率 一般的に、最低金利5%程度~最高金利14.5%程度
資金使途 事業性資金や他社の債務返済資金以外であれば、基本的に自由です。
担保・保証人 担保、保証人は不要ですが、一般社団法人しんきん保証基金等の保証会社を利用することになります。

もしこの保証会社を利用できない場合、融資を受けることができません。

返済方式 残高スライドリボルビング返済方式
返済方法 ATMから返済、もしくは店頭払い込み
即日融資 審査にはそれほど時間がかからないので、その日のうちかもしくは翌日までには審査結果の連絡が来るでしょう。しかしその後来店し本契約を交わさなければなりませんので、申し込んだその日のうちに融資してもらうというのは難しいかもしれません。


信用金庫のカードローンのメリット・デメリット

信金カードローンのメリット

総量規制の対象にならない

消費者金融は貸金業法に基づいて業務が行われるので、収入の3分の1以上の借り入れはできないと言う総量規制に従わなければなりません。

しかし、信用金庫のカードローンは信用金庫法に基づいて業務が行われるので、総量規制の対象にはあたりません。

返済能力があると判断されることができれば、収入の3分の1以上の借り入れも可能です。収入が低くても、きちんと返済実績を積んでいくと高額融資も可能になると言うのは嬉しいですね。

専業主婦でも申し込み可能

専業主婦でも、配偶者の同意書等不要で申し込むことが可能です。

通常専業主婦だと収入がないため、消費者金融から借り入れることは難しくなってしまうものです。もし可能でも、配偶者の同意書や収入証明書などが必要となる場合が多いため、少し不便ですね。

しかし、信用金庫であればこの様な面倒な手続きを省いて申し込むことが可能となるのです。

但し、専業主婦の申し込みの場合は、限度額が50万円程度と低く設定されてしまう傾向にあります。


金利が低い

営利目的ではないため、利用者に優しい金利設定となっています。消費者金融であれば、初回は最高金利が適用されるケースが多く、更にその最高金利は18%~20%程度のところがほとんどですので、そこに比べると信用金庫の最高でも14%程度という金利は良心的ですね。


キャンペーン時期がある

新規顧客獲得のためのキャンペーン実施時期があります。この時期を狙ってカードローンの申し込みを行うと、審査にも比較的通りやすくなるかもしれません。


信金カードローンのデメリット

来店しなければならない

審査の申し込みはインターネットや電話から行えても、本審査や契約の際は来店する必要があります。平日働いているサラリーマンやOLの方は信用金庫の空いている時間帯(平日9時~15時)に来店しなければならないので、少し不便ですね。


保証会社から断られると借り入れできない

信用金庫のカードローンを利用する際は、しんきん保証会社に保証してもらう必要がありますが、審査の際、保証会社からの保証が受けられないと判断されると融資を受けることが出来ません。

一度保証会社から断られてしまうと、他の信用金庫に申し込んだとしても、保証会社の審査には通過することができず、それを理由に審査落ちとなってしまいます。

今現在安定した収入があり、いくら預金を繰り返し信頼関係を築けたとしても、過去に延滞などをした経験がある場合は、そのことを理由に保証会社から断られてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

申し込むには、個人信用情報に過去の良くない返済状況が記載されていないことも大切です。



全体的に見て信用金庫のカードローンというのは、堅実な預金や支払いを継続出来る方向きの商品のように感じられます。

ですから、定期的な預金が出来、窓口の方とも顔見知りで信頼関係を築くことが出来ている方にとっては、近場で低金利で借り入れ出来る嬉しい制度となることでしょう。

しかし、個人信用情報に問題があったり、堅実な預金が難しい方は、審査に通過するのが難しくなってしまうかもしれません。

もし借り入れする事が出来たとしても、地域発展のために貸し出してくれるお金ですから、同時に地域発展を目指して確実に返済して行くことが大切です。

このページの先頭へ