総量規制対象と総量規制対象外のカードローンについて

総量規制対象と総量規制対象外のカードローン
総量規制というのはご存知ですか?

総量規制とは、貸金業者が年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはならないという規制のことです。

つまり、われわれ消費者は年収の3分の1以上のお金を借りることができないということです。

例えば年収が600万円の人は、300万円までしかお金を借りることはできません。

これは貸金業者1社あたりではなく合計です。

・A社に100万円借りている
・B社に150万円借りている

この状況だと、あと50万円までしかお金を借りることはできません。

ただし、すべてのローンが総量規制の対象になるわけではなく、総量規制の対象外のローンもあります。

消費者金融カードローンや、クレジットカードのキャッシングなどは、総量規制の対象になりますが、住宅ローン、自動車ローン、高額医療費の貸付、有価証券、不動産担保貸付(住居以外)、銀行カードローンは総量規制の対象外になる為、年収の3分の1以上のお金を借りること可能になります。

銀行だけでなく、信用組合、信用金庫、農協、労働金庫のローンについてはすべて総量規制の対象外になります。

総量規制は、消費者が借金地獄にならないように考えられた法律ですが、年収の3分の1以上の借金をどうしてもしなければならない場合は、消費者金融や信販会社ではなく「銀行」でローンを組むことになります。

ただし、銀行のカードローンには審査がありますので、必ず満足がいく金額を借りれる保証はありません。

大手の消費者金融などでは考えられませんが、万が一、年収の3分の1以上のお金を貸してくれる消費者金融があった場合は、危ないので手を出さないようにしましょう。

年収の3分の1以上の借り入れを行ったとしても、あなたに罰則はなく、その貸金業者が処分を受けることになりますが、法律違反をしてまでお金を貸そうとする業者は、まともな貸金業者ではありません。金融庁に登録すらしていないことも考えられます。

法外な利息を取られる可能性もありますし、借金の取り立てなどもかなり強引にしてくる可能性もあります。

ヤミ金などの甘い言葉には絶対には乗らないようにしましょう。


年収はどうやって計算する?

総量規制は年収の3分の1以上のお金を借りることができないということはお解りいただけたと思います。

では、年収はどのように計算されるのでしょうか?

認められているものは「給料」「年金」や「不動産収入」など定期的と認められる収入だけです。

親からの仕送りや、競馬などのギャンブルによる収入は年収に合算することは認められません。

また、年収は世帯収入ではありません。

基本的に借り入れする本人と配偶者の収入を合わせた金額になります。配偶者の年収を合算する場合は配偶者の同意が必要になります。


年収を証明する書類

総量規制を守るために、貸金業者は、申込者に年収を証明する為の書類を提出してもらいます。その年収を証明する書類で認められているものは以下になります。

(1) 源泉徴収票(直近の期間に係るもの)
(2) 支払調書(直近の期間に係るもの)
(3) 給与の支払明細書(直近の2カ月分以上(地方税額の記載があれば1カ月分)のもの)(4) 確定申告書(直近の期間に係るもの)
(5) 青色申告決算書(直近の期間に係るもの)
(6) 収支内訳書(直近の期間に係るもの)
(7) 納税通知書(直近の期間に係るもの)
(8) 納税証明書(直近の期間に係るもの)
(9) 所得証明書(直近の期間に係るもの)
(10) 年金証書
(11) 年金通知書(直近の期間に係るもの)

※上記は金融庁より引用

上記の書類は、ローンだけでなく、色々な手続きで必要になる証明書なので紛失しないように気を付けましょう。


総量規制の例外

先ほど、冒頭で住宅ローン、自動車ローン、高額医療費の貸付、有価証券、不動産担保貸付(住居以外)に関しては、例外として総量規制対象外になるとお話をしましたが、「おまとめローン」に関しても例外として認められます。

銀行の「おまとめローン」は、もともと銀行なので「おまとめローン」でなくても総量規制の対象外ですが、消費者金融のおまとめローンに関しても例外として総量規制の対象外になります。

おまとめローンは基本的に・・・

総量規制例外貸付条項の「顧客に一方的に有利となる借り換え」に該当するためです。

いままでより金利が下がって、毎月の返済額や支払総額が低くなり、担保を追加でなすことなく、消費者に有利になるのであれば、例外を認めるということですね。


他貸金業者からの借り入れ合計額の嘘の申告はダメ!

総量規制は年収の3分の1以上の金額を借りることができないという決まりです。

すでに複数の消費者金融から年収の3分の1ギリギリの借金がある。

銀行や信用金庫からの借り入れは、総量規制の対象外なので3分の1以上のお金を借りることは可能ですが、どうしてもカードローンの審査に落ちてしまう・・・。

こうなってしまうと、もうカードローンなどで金融業者からお金を借りることは難しくなってきます。

そんな時、ちょっと魔がさして消費者金融のカードローン申し込み時に「嘘の借り入れ合計額を書いてしまう」「収入を証明する書類を偽造してしまう」なんてことは絶対にやめてくださいね。

まず、他社の借り入れ合計額が、1発で嘘の申告がバレてしまいます。
貸金業者が共有しているデータを見れば、あなたの借り入れ状況はすぐにわかります。

また、収入を証明する書類を偽造する行為は犯罪になります。
バレたら警察行です。

いずれにしても、あなたの信用を大きく落としてしまう行為ですので、絶対にやめておきましょう。


総量規制の効果と問題点

総量規制ができたことにより、例外はありますが消費者は年収の3分の1以上のお金を借りることができなくなりました。

ですので、無理な借金をすることがなくなってきたので、借金で苦しむ人が少なくなったという効果がありました。

借金の主な理由である娯楽やパチンコ、競馬などのギャンブル、必要のない無駄な買い物を我慢して借金をしないように努力することを一定の人達はできたわけですね。

これは、グレーゾーン金利がなくなり、消費者金融などの貸金業者の利息が下がってきたという理由もあります。

ただ、総量規制があるために、まともな貸金業者からは、借金ができなくなったという理由で、違法なヤミ金などでからお金を借りてしまう方々もいるのも事実です。

違法な貸金業者からお金を借りてもロクなことありません。

借金する本人も、それはわかっているけど、やめられないのでしょうか?

「借金依存症」なのでしょうか?

「ギャンブル依存症」なのでしょうか?

「買い物依存症」なのでしょうか?

もし、病気だとしたら、しっかり治療して欲しいと思います。

⇒借金依存症(Wikipedia)

このページの先頭へ