借金する前に家の不用品を売ってお金を作る方法

借金する前に家の不用品を売ってお金を作る方法
生活費が苦しくなったら、すぐにカードローンや消費者金融のキャッシングなどお金を借りるという選択肢がが頭をよぎりますが、まずは不用品を売ってお金を作るという選択肢もあります。

案外、身の回りにお金に変える事の出来る物というのは、多数眠っているものです。

いつか使うかもしれない、自分が使えなくても子供や孫が使うかもしれない、高価だったから手放すのがもったいない、などと言う理由から、捨てられない物が増えていませんか?

しかし、「いつか」「そのうち」と考えていても、「いつか」という日はなかなかやってこないものです。いざやってきても、その時にはクローゼットで眠り続けた古ぼけた品よりも、その時代に合った新しいものが欲しいと思ってしまうものではないでしょうか。

時代と共に流行も変化していきます。好みや趣味も変わっていくものです。

ただクローゼットの奥に詰め込んでいるだけなのであれば、リサイクルに回す事も検討してみてはいかがでしょう?

リサイクルであれば、様々な商品をお金に変える事が出来るので、お金に困っている場合でも、もしかすると借金をせずにその状況を逃れることが出来るかもしれません。

物によっては、古いからこそ価値が上がるものもあります。もしかするとクローゼットの奥に追いやられている不用品の中には、思いがけない高額なお宝が眠っているかもしれませんね。

また、不用品で家の中がごちゃごちゃになっていると、入ってくるべきお金も入ってこなくなるとも言われています。

不用品をリサイクルするとお金を手にする事が出来、同時に家の中もすっきり整理され、金運もアップさせられるかもしれません。

今回は、不用品を売ってお金を作るリサイクル方法について詳しくお話していきたいと思います。

リサイクルの方法としてあげられるのは、リサイクルショップへ持ち込むことと、ネットオークションを利用することなどです。

どちらもメリット・デメリットが存在しますので、よりお得に利用するにはどうしたら良いのか見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

1.リサイクルショップを利用

不用品を売ろうと考えた時、一番最初に思いつくのはリサイクルショップではないでしょうか。

最近は街のあちこちで「不用品リサイクル」「高額買取」という看板を見かけるようになりましたね。家の近くにリサイクルショップがあるという方も少なくないのではないでしょうか。

リサイクルショップを利用するメリットというのは、面倒な手続き不要で不用品をお金に変えられるという点です。

自分で梱包したり、送料を計算したり、発送手続きをする必要はなく、ただ店に持ち込むだけでお金を手にする事が出来るのです。

ネットでのオークションではなくリサイクルショップを利用する方のほとんどは、この「簡単な手続き」に魅力を感じているようです。

手数料の計算を間違えたり、発送ミスなどの心配が一切ないので、簡単かつ安心ですね。

また、オークションではお金にならない商品は売れ残りとしていつまでも手元に残ってしまいますが、リサイクルショップであれば無料で引き取ってもらう事が出来ます。不用品処分に困っている方にもお勧めしたい方法です。

今は、ゴミをただ捨てるだけでもお金がかかる時代になってしまいましたね。捨てたいものが大きければ大きいほど高い料金が発生してしまいます。

リサイクルショップというのは、この捨てる費用も節約できる、便利な場所なのです。

但し、リサイクルショップでの買い取り価格はオークションよりも低い傾向にあります。

リサイクルショップは転売目的で買い取っていますので、利益を得るためには、安く買い取らなければ意味がないのです。そのため、実際に販売する価格の何倍も低い値で取引される傾向にあります。

また、ショップとしては「売れる商品」を買い取りたいと考えることも当然ですので、少しでも破損や汚れがあり、売れ残ってしまう可能性のある物は買い取りではなく無料引き取りとなってしまいます。

無料でも、お金をかけて捨てるよりはお得なのですが、できれば1円でもお金に変えたいものですね。

少しでも高額で買い取ってもらうためには、以下のことに注意してみましょう。

・洋服は洗濯し、キレイに畳む
・臭いがついていると引き取ってくれない場合があるので、ファブリーズなどで臭いを消しておく
・とれかかっているボタンなどは補修
・CD、DVDなどは汚れや指紋を柔らかい布でふき取っておく
・CDケースの汚れは消しゴムを利用して落とす
・リサイクルショップで購入したものを持ち込む場合は、購入した際の値札シールをはがしておく

このように、売りたい物はきれいに洗浄し、臭いを消し、そのまま店頭に並べることも可能な状態で持っていくことが、高額で買い取ってもらうためのコツとなります。

状態が良ければ、店側も手間をかけずに転売することが出来るので、買い取り価格を高めに設定してくれる傾向にあるのです。

さらに、売りたい商品によって持ち込むお店を変える事も大切です。

リサイクルショップによっては、様々な商品を多数揃えているお店もあれば、ベビー用品のみ、本やCDのみ、洋服のみ、とそれぞれの商品を専門で取り扱っているところもあります。

出来れば何でも全て引き取っているお店ではなく、ベビー用品はベビー用品専門のリサイクルショップ、本やCDはそれらを専門に取り扱っているリサイクルショップ、という形で、少し面倒でも持ち込む物によってお店を変えてみましょう。

何でも全て取り扱っているお店であれば、全ての不用品を一か所に運ぶだけでいいので、利用者の手間は省けますが、買い取り価格が低くなってしまう危険性があるからです。

どんな商品も取り扱っているお店と言うのは、どんな本でも1冊につきいくら、どんなブランドでも服1枚につきいくら、という形で形式的な価格を提示してくる傾向にあります。

新商品や限定商品など、高額になるはずの商品も、気づかれないまま簡単に査定されてしまう事もよくあるのです。

しかし、取り扱う商品を限定し、専門で行っているお店と言うのは、自分の店で取り扱っている商品にとても詳しいため、きちんとした査定が行われ、それ相応の金額を提示してくれる傾向にあります。

このように、ちょっとした手間を惜しまなければ、数千円~数万円お得になる可能性もあるのです。

 

スポンサードリンク

 

2.ネットオークションを利用

自宅のパソコンを利用して、インターネット上で自分で商品を個人に販売する方法です。オークション形式なので、欲しいと思う人がいなければそのまま売れ残り商品として不用品は手元に残ってしまいますが、もし欲しいと思ってくれる方がいれば、価格はどんどん上がっていきます。

場合によっては、リサイクルショップに持ち込むよりも何倍もの高値で買い取ってもらえるかもしれません。

世の中には様々な方がいますので、ただのゴミと感じるようなものでも、人によっては宝物になってしまうこともあるからです。

リサイクルショップでは、広い範囲の方を販売対象としているため、一般受けしないものは買い取ってもらえないかもしくは安価での買い取りとなってしまう傾向にありますが、オークションでは特殊なものでも高値になる可能性を秘めています。

アンティークな商品や、熱狂的なファンがついている芸能人のグッズ、アニメのキャラクター商品やフィギュアなど、どれもリサイクルショップで買い取ってもらうよりもオークションの方がずっとお得になります。

さらに、ポイントカードやレシート、ベルマークの付いた箱など、本当にゴミだと思っていた物までも買い取ってもらうことが出来ます。

最初は慣れるまで設定などの手間と時間がかかりますし、いざ落札が決まると今度は落札者とのやり取り、金額の確認、梱包、発送という作業が必要となってくるので、リサイクルで買い取ってもらうより面倒な手続きは増えてしまいますが、高額を受け取るためには手間も惜しまないという方にはお勧めしたい方法です。

オークションを検討している方には、よりお得に取引するためのコツもいくつか挙げておきますね。


①転売者を避ける

オークションを落札しようとしている方の中にも、転売目的の方がいます。こういった方に安価で落札されてしまっては残念ですね。

出来れば、高額で「欲しいと思っている人」に買い取ってもらいたいものです。

その為には、以下の様な商品の概要や出品するきっかけ、経緯などを細かく入力することに力を入れる必要があります。

・いつ、何というお店で購入したのか
・購入価格はいくらだったのか
・なぜ購入したのか
・使用した感じはどうだったのか
・どれくらいの頻度で使用していたのか
・どのように保管していたのか
・なぜ手放そうと思ったのか

など、その商品への思い入れ等と同時に、商品の詳細を伝えることで、きちんと大切に使ってほしいと言う気持ちを表すことができます。

出品者に対する信頼性も上がりますので、その商品を本当に欲しいと思っている方の注目を集めることができます。高値がつくと、転売目的で購入しようと思っている人を避けることも出来るでしょう。


②購買欲をそそる

商品の写真の撮り方も工夫してみましょう。畳や絨毯の上で、洗濯物も入り込んでいるような生活感溢れる写真では購買欲をそそることができません。

そのような写真を見ただけで、その家庭の生活臭が漂ってくる感じがしますね。

少し手間はかかりますが、シンプルな背景を用意し、雑誌の1ページのような雰囲気を作り出せるよう努力してみましょう。太陽光やライトを利用して商品がより引き立つようにする事も大切です。

「同じ商品を芸能人が持っていた」「雑誌に掲載されたことがある」「限定商品」という言葉にも、人は魅力を感じるものです。

もし有名な商品であれば、雑誌名や使用していた有名人の名前、さらにその証明となる様な写真もアップすると、その商品の価値はさらに上がるでしょう。


③サービス

送料や手数料がかかり、最終的に必要となるお金がいくらになるのか分からないと落札者も不安ですよね。

そのため、どの地方であれば送料がいくらになるかという表を添付しておくといいでしょう。利用者も計算しやすいので安心して落札することが出来ますね。

また、送料がかかる代わりに、その商品と関連のある小物をセットでプレゼントするなどのサービスをつけると、より好印象を持たれることとなるでしょう。

初回落札価格もなるべく低くすることも大切です。

安心感と良心的な値段により、注目度が上がり、落札価格も高くなる可能性があります。

④終了時間は利用者の多い時間帯

オークション終了時間間際に落札価格というのは一気に跳ね上がるものです。しかし、終了時間が夜中や早朝ですと、参加している方が少ないので、なかなか価格は上がってくれません。

利用者の多い、22時~23時頃に終了するよう設定しましょう。



消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなど、借金をすると高額な利息の支払いが必要となります。返済が困難になり、延滞してしまう方も多いと言われています。「借金」に対する世間のイメージもあまりいいものではありませんね。

お金に困った時は、消費者金融などから借金をする前に、この様に家にあるものでお金を作る方法を検討してみましょう。

一度、クローゼットの中を調べてみるといいかもしれませんね。古い着物や使わない家電、レコードや未使用の文房具など、お金に変えられるものがたくさん出てくるかもしれません。

このページの先頭へ