紀陽銀行カードローン審査申込概要

和歌山県に拠点を置く紀陽銀行では、和歌山県、奈良県、大阪府にお住まいの方を対象としたカードローン「紀陽銀行カードローン」そして、高額融資に対応している「ステータス」を取り扱っています。それでは、このふたつのカードローンの詳細についてご紹介していきます。


紀陽銀行カードローン基本情報

実質年率 年3.8%~年14.9%
審査に申込める方 申込時の年齢が満20歳以上65歳未満の方で、安定した収入のある方、住居または勤務先が紀陽銀行営業エリア内にある方(東京店を除く)、保証会社(昭和信用保証株式会社または株式会社オリエントコーポレーション)の保証を受けることのできる方、紀陽銀行で他の無担保ローンのご利用がない方(同時解約可)、紀陽銀行の総合口座及びキャッシュカードを持っている方
※パート・アルバイトの方も申込みを行うことができます。
※専業主婦の方も配偶者に安定した収入があれば申込みが可能です。
貸付限度額 10万円~800万円
※パート・アルバイト、専業主婦の方は利用限度額が30万円。
担保・保証人 不要
返済方法 残高スライド返済方式


「紀陽銀行カードローン」サービスの特徴

パート・アルバイト、専業主婦の方でもご利用限度額30万円の範囲内で申込みを行うことができるカードローンです。また、公共料金やクレジットードの引き落としの際に総合口座の残高が不足している場合には自動融資を受けることができるというメリットを持っています。

ただし、現在までに紀陽銀行の総合口座とキャッシュカードをお持ちでない場合には新規で口座開設を行う必要があり、また、50万円以下の借入を行った場合では月々の返済が10,000円と、銀行が取り扱っているカードローンの中では返済額がやや高めの設定となっています。

さらに、50万円以下の借入の場合では金利が年14.9%ですので、これらの部分を考え合わせると、現在までに紀陽銀行と取引のなかった方にとっては、ややお得感の少ないカードローンかもしれません。

また、「紀陽銀行カードローン」は、住宅ローンを新規で契約する方に向けた「住宅ローン新規契約者専用プラン」と抱き合わせで利用することのできる種類も用意されています。

こちらの種類のカードローンはご利用限度額が300万円まで、金利が年4.5%~年11.5%とお得な設定となっていますので、既に紀陽銀行と取引があり、新規で受託ローンの契約をお考えの方は、こちらのプランが便利でしょう。

紀陽銀行カードローンの審査について

昭和信用保証株式会社または株式会社オリエントコーポレーションが保証会社となっていますので、審査基準は少々厳しいかもしれません。

審査申込方法

紀陽銀行カードローンの審査申込方法は以下の3つになります。

1. 電話で審査に申し込む

電話番号は以下になります。
0120-600964(フリーダイヤル)
受付時間:平日9:00~21:00、土日祝9:0017:00
※年末年始の銀行休業日は除く

2. FAXで審査に申し込む

紀陽銀行公式サイト「個人のお客さま」の「かりる」から「カードローン」に進み、「紀陽銀行カードローン」を選択、商品案内ページの「FAXでのお申込み」から申込書をダウンロード・プリントアウトして、必要事項を記入の上FAX送信して申込みを行います。
FAX番号:073-426-5666(通話料有料)
24時間受付

3. インターネットで審査に申し込む

紀陽銀行公式サイト「個人のお客さま」の「かりる」から「カードローン」に進み、「紀陽銀行カードローン」を選択、商品案内ページの「ウェブでのお申込み」の「パソコンから仮審査申込ができます(24時間受付)」より必要事項を入力して申込みを行います。

郵送物の有無や電話連絡について

カードローンの仮審査申込後、勤務先または自宅に、保証会社から申込み確認の電話連絡が入ります。その後に仮審査結果の電話連絡が入り、審査を通過した場合には「正式申込書」が自宅に郵送されてきます。

カードローンの正式契約を行う場合には、本人確認資料と健康保険証の写しが必要となりますので、正式申込書に添えて紀陽銀行に提出します。

なお、利用限度額が100万円超の場合では所得証明書の提出も必要となりますので、あらかじめ準備しておきましょう。また、現在までに紀陽銀行の総合口座とキャッシュカードをお持ちでない場合には、新規で口座開設とキャッシュカードの発行が必要となります。


紀陽銀行カードローン借入方法・返済方法

借入方法は、紀陽銀行ATM、提携金融機関ATMのほか、セブン銀行・ローソンATMから現金を引き出します。

返済方法は、毎月の約定返済日に自動引き落としされます。自動引き落としなので返済用口座の残高は頻繁にチェックしておきましょう。約定返済日は毎月5日です。
約定返済金額は、定例返済日の利用残高によって変動します。
10,000円(借入残高50万円以下)~90,000円(700万円超800万円以下)です。
また、約定返済の他に任意の金額を随時返済することもできます。


紀陽銀行カードローン「ステータス」基本情報

実質年率 年5.2%(変動金利型)
審査に申込める方 申込時の年齢が満20歳以上65歳未満の方で、勤続(営業)年数が3年以上の方、前年度税込収入が500万円以上ある方、お住まいまたは勤務先が紀陽銀行営業エリア内にある方(東京店を除く)、紀陽銀行で無担保ローンのご利用がない方(同時解約可)、保証会社(三菱UFJニコス株式会社)の保証を受けることのできる方。
貸付限度額 300万円以上500万円以内(50万円単位)
担保・保証人 不要
返済方法 残高スライド返済方式


紀陽銀行カードローン「ステータス」サービスの特徴

「紀陽銀行カードローン」と比較した場合に、申込み条件が厳しいのが特徴です。金利は年5.2%ととても魅力的ではありますが、専業主婦の方など収入のない方は申込むことができませんし、年収の条件付きですので、あまり一般的なカードローンではないでしょう。

紀陽銀行カードローン「ステータス」審査について

通常のカードローンの場合、保証会社は昭和信用保証株式会社または株式会社オリエントコーポレーションでしたが、「ステータス」の保証会社は三菱UFJニコス株式会社になります。当然、この2つのカードローンは審査基準が異なります。

カードローン「ステータス」は、年収500万円以上という条件付きですので、審査基準のハードルは高いものと思われます。ただし、詳細については確認することができませんので、紀陽銀行と既にお取引履歴があり、申込み条件を満たしているのであれば窓口で相談してみるとよいでしょう。

「ステータス」審査申込方法は、ネットでは申し込めません。紀陽銀行の店頭窓口に相談の上、審査の申込みを行います。

このページの先頭へ