カードローンの用途(目的・使い道)は自由。でも審査時は・・

カードローンの用途(目的・使い道)
マイカーローンは自動車を買う為に組むローンです。住宅ローンの用途は住宅を買う為です。教育ローンの用途は学校などの費用、事業者ローンの用途は、事業を営む為にかかる費用です。

これらのローンは、お金を使う目的(用途)が決まっている目的別ローンです。

一方、カードローンはフリーローンなので基本的に、用途(利用目的・使い道)は自由です。買い物でも娯楽でも、生活費でも、ギャンブルでも基本的に使い道は自由です。

ただし、カードローンの申し込み時に用途(利用目的・使い道)を金融会社に伝える時に、例えば「ギャンブル」と答えた場合、どういう印象を持たれるでしょうか?

【即日融資も可能】【土日祝日OK】【低金利】【※30日間無利息】プロミスは大手消費者金融の中では低金利のカードローンを取り扱っています。もちろん最短で即日融資可能です。プロミスも30日間無利息サービスを実施しています。

またアルバイトの方、パートの方、主婦の方も審査申込が可能です。

※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

※女性オペレーターが対応いたしますので、男性の方でもお申し込み可能です!


カードローンの審査時に伝える用途(利用目的・使い道)

審査時に良い印象を与えない(利用目的・使い道)

ギャンブルで負けこんで、自己資金がなくなるまで、のめり込んでしまい、お金を借りてまでギャンブルをしようとしている人・・・。

良い印象を持たれるわけありませんよね?

カードローンを組んで借りたお金をギャンブルに費やしても、一般的に負ける可能性の方が高いですから、そんな人にお金を貸したいと思う人はいないでしょう。

ですのでカードローンで借りたお金の用途(利用目的・使い道)で「ギャンブル」と答えた場合は、審査に影響する可能性がかなり大きいでしょう。

同じように「FX」や「株」などの投資や、借金返済の為の借金などの用途も、審査時には良い印象を与えないでしょう。

しかし、カードローンの審査はあなたの「年収」「職業」「雇用形態」「勤続年数」「他社の借り入れ状況」などをトータル的に考えますので、必ず落ちるというわけではありません。

ただ、カードローンで借りたお金の用途を聞かれた場合、絶対に嘘をついてはいけないのですが、「ギャンブル」を「レジャー」と答えた場合、それが嘘になるのか?と言われれば嘘にはならないような気もしますね。

審査時に好ましい用途(利用目的・使い道)

一方、カードローンの審査時に金融会社に伝える資金の用途(目的・使い道)で好ましいのは「急な出費系」です。

その代表が「冠婚葬祭」費用です。

今まで、自分のお給料内でギリギリですが計画的に生活していたが「冠婚葬祭」などの急な出費があり、誰かに借りないと今月の生活ができなくなってしまう。

そんな人だったら、お金を貸してもいいかな、と思いますよね?
少なくても「ギャンブル」よりも印象が良いはずです。

用途が「ギャンブル」の人に比べて、返済もしっかり行ってしてくれる可能性も高そうです。

当然、カードローンの審査で用途が「ギャンブル」と「冠婚葬祭」と比べた場合、有利なのは後者になるとは言うまでもありません。

※カードローンの審査時に嘘の情報を伝えることは絶対にやめてくださいね。


カードローンの用途(利用目的・使い道)で実際に多いのは?

ジャパンネット銀行の調べだと、カードローンは、年収1千万円以上の人でも3割くらい定期的に利用しているようです。これは驚きですね。

カードローンの用途(利用目的・使い道)で多いのは、「娯楽・交際費」が48.3%、生活費が42.2%です。

ギャンブルは「娯楽・交際費」に含まれているのでしょう。

あとは車検などの「車関連費用」「旅行費用」「入院・事故トラブル」「他社への返済」「冠婚葬祭」「投資資金」などがあります。

平均借入額10万円以下が6割超で、28%が定期的にカードローンを利用しているらしいです。

参照:ジャパンネット銀行「カードローン利用の意識調査」

また、価格.comの「みんな、カードローンを何の用途で使ってるの?」では、20歳以上の男女500人にアンケートを取っています。

そこでも、カードローンの使途で断トツはジャパンネット銀行と同様に家賃や引越し費用、食費などの「生活費」です。

その次が「旅行・娯楽」「事故・病気」「趣味(車・スポーツなど)」「冠婚葬祭」となっております。

参照:価格.com「みんな、カードローンを何の用途で使ってるの?」

ジャパンネット銀行の調査も、価格.comの調査も、カードローンの用途(利用目的・使い道)の項目に「ギャンブル」はありませんでした。

「ギャンブル」は「娯楽」の中に含まれているっぽいのですが、「ギャンブル」がどのくらいの割合を占めているのかは謎です。

このページの先頭へ