カードローンの一括返済(繰り上げ返済)方法・注意点

カードローンの一括返済(繰り上げ返済)
カードローンを組んで、毎月決まった金額を支払っていたが、ボーナスや臨時収入が入ってきたので、カードローンの一括返済や一部繰り上げ返済をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

そもそも、カードローンは一括返済や繰り上げ返済を行うことができるのでしょうか?住宅ローンなどのように繰り上げ返済に手数料がかかったりするのでしょうか?

ここではカードローンの一括返済(繰り上げ返済)方法と注意点を説明します。

 

スポンサードリンク

 

一括返済(繰り上げ返済)することによって支払額が少なくなる

基本的に、銀行カードローンも消費者金融カードローンも繰り上げ返済、一括返済を行うことが可能です。

一括返済することによって、支払う利息が少なくなるので、余裕があるのでしたら、一括返済したほうがお得です。

もちろん、一括返済だけでなく、一部を繰り上げ返済した場合も、支払う利息が少なくなるのでお得です。

また、住宅ローンとは違い、一括返済や繰り上げ返済した場合に、ほとんどのカードローンで手数料はかかりません。また、繰り上げ返済や一括返済する際に、基本的に必要になる書類等も一切ありません。

一括・繰り上げ返済方法は、近くの提携ATM、もしくは専用口座に振り込めばOKなので、本当に手軽に行うことができます。

一括返済でも、一部繰り上げ返済でも、カードローンは支払期間が短くなればなるほど、支払う利息が少なくなり、支払総額が少なくなる特徴があります。

例えば、プロミスカードローンのシミュレーションを利用して、返済期間を変えてそれそれ比較してみましょう。

<返済期間36ヶ月>
借入金額100万円
実質年率17.8%

毎月の返済額は36,052円。最後(36回目)の支払だけ36,033円です。
支払総額は1,297,853円(うち利息297,853円)です。

<返済期間24ヶ月>
借入金額100万円
実質年率17.8%

毎月の返済額は49,827円。
支払総額は1,195,848円(うち利息195,848円)です。

<返済期間12ヶ月>
借入金額100万円
実質年率17.8%

毎月の返済額は91,584円。最後(12回目)の支払だけ91,588円です。
支払総額は1,099,012円(うち利息99,012円)です。

<支払総額の比較>
返済期間36ヶ月・・・1,297,853円
返済期間24ヶ月・・・1,195,848円
返済期間12ヶ月・・・1,099,012円

36回払いと12回払いを比べると「198,841円」の差額があります。この数字は馬鹿になりませんよね。

繰り上げ返済、一括返済を行い、支払期間を短くすると支払う利息が減り、総額が少なくなることがわかっていただけたと思います。


カードロン繰り上げ返済の注意点

一括返済の場合、心配がないのですが、一部を繰り上げ返済した際の注意点があります。
例えば、ボーナスなど臨時収入が入り、その月は余裕ができたので、ボーナスをすべて返済に充てたとします。

この場合、一括返済ではなく、一部繰り上げ返済なので、翌月の支払日には、いつもどおり返済しないといけません。

月々の生活がギリギリの場合、特に気を付けて欲しいのですが、余裕資金を全額繰り上げ返済に充ててしまい、翌月に急な出費があり支払いを行うことができなかった場合、遅延利息(遅延損害金)を取られてしまいます。

しかも、返済が遅延したことを記録され、履歴に残ります。

前の月に余分に支払ったからと言って、翌月の支払いを大目に見るような措置は、貸金業者は行っていませんので、この辺は注意してください。

カードローンには、最低返済金額が設定されますので、その分はしっかり確保しつつ、余裕がある月に繰り上げ返済していけば、どんどん支払総額は減っていきますので、がんばって返済してくださいね。

 

スポンサードリンク

 

繰上返済(一括返済)を利用してカードローンを無利息で利用する

数日後にまとまったお金が入ってくることは確実、しかし今は手元には最低限の生活費のみで余分なお金がない。

欲しいものがあり30万円が必要。
この商品はものすごくレアな商品で、売り切れてしまうと、もう二度と手に入れることはできない。残りはあと一個。

こんな時「ああ、この商品には縁がなかったんだな」と思えるような人はOKなのですが、どうしても諦められない方はカードローンを使うのも手です。

先ほど、上記で説明した通り、カードローンは早めに返済をすればするほど、利息は安くなります。

最近のカードローンは審査もかなり早いですし、即日融資も可能なので、素早くキャッシングすることができます。

カードローンを組み、30万円を即日融資してもらい商品を買う。

とりあえず、30万円を12回払いで支払う予定を組んだが、数日後にお金が入ってきたので、借金をすべて一括返済した。

この場合、借りた期間は数日なので、ほとんど利息は掛かっていないはずです。

万が一、お金が入ってこなかった場合は、しっかり毎月返済していかないといけませんが、予定通りお金が入ってきて一括で返済に充てることができれば、結果的に超低金利?でお金を借りれたことになります。

また、最近はアコムプロミスレイクなどで無利息期間のサービスを行っております。
レイクの場合は、30日間無利息、そして5万円までなら180日間無利息のサービスを利用することができます。(※はじめて利用する方のみ)

今、念の為レイクに電話してオペレーターの女性に確認したのですが、例えば、180日間無利息サービスで5万円を借り入れて、その月の給料日に一括返済した場合、無利息でお金を借りれることになります。

このようなケースの場合、アコムやプロミス、レイクなどの無利息サービスを利用するのは賢い選択なのかもしれません。


このページの先頭へ