SMBCモビットとアイフル 審査申込みするならどっち?

純粋な消費者金融「アイフル」と銀行系消費者金融の「SMBCモビット」。どちらも知名度の高いカードローンとなっていますが、実際に借りる場合はどちらの方がお得なのでしょう?

検証してみた結果、私はアイフルをお勧めします。

その理由は、アイフルにはSMBCモビットにはない30日間無利息サービスがあるからです。
その他にも、アイフルは1,000円からの借り入れ可能、返済日はいつでもOKなど、様々なメリットがあります。

 

アイフル SMBCモビット
金利 3.0~18.0% 3.0~18.0%
最低借入額 1,000円から可能 10,000円から可能
無利息サービス 30日間無利息 なし
WEB完結・カードレス なし あり
郵送物 なし なし
電話連絡 あり なし
即日融資 あり あり
審査スピード
24時間申込み(スマホ・PC)

 

ただし「電話連絡ナシ」、つまり内緒でカードローンに申込みたい方はSMBCモビットがおすすめです。

※SMBCモビットとアイフルの違いを詳しく比較したい方は以下のメニューをご覧ください。


アイフル カードローン

かつてはチワワのくぅちゃんのCMで脚光を浴びた、アイフル。

2006年に業務停止命令を受け、業績が落ち込んでしまった時期もありましたが、その後立て直しを図り、ここ最近は徐々に業績を伸ばしています。

コンシェルジュ役のバナナマンによるCMも人気ですね。「超能力を使わなくても、アイフルならスマホで簡単」という内容をコミカルに伝えてくれています。

今、勢いがつき始めているアイフルですので、今後の発展が楽しみです。

では、アイフルの詳しい内容から見ていきましょう。

アイフルカードローンの商品内容

 

申し込み条件 満20歳~69歳までの安定した収入と返済能力のある方です。給与所得者はもちろんのこと、自営業者、パート、アルバイト、派遣、主夫、学生でも、定期的な収入があれば申し込むことができます。
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証やパスポートなど顔写真つきのもの。健康保険証など写真がないものの場合は、併せて住民票等が必要になります)
・収入証明書(利用限度額が50万円を超える、もしくは他社の借り入れ額も合わせて借入残高が100万円を超えてしまう場合のみ、源泉徴収票等の収入を証明するものが必要になります)
申し込み方法 ・全国の店舗、契約ルーム
・インターネット
・電話
・郵送
借入限度額 800万円
貸付利率 3.0%~18.0%
遅延利率 20.0%
返済方法 ・銀行振込
・口座振替
・アイフルへ来店
・アイフルATM
・提携銀行ATM
・コンビニ
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
担保、保証人 不要

 

アイフルのメリット

利息0円サービス

初めてアイフルに契約し「無担保キャッシングローン」や女性専用の「SuLaLi」を利用する場合、30日間の無利息サービスを受けることができます。

ただし、無利息を受けられる期間は「契約日の翌日から30日間」となっているので、契約後、すぐに借り入れしないと無利息期間がどんどん減っていってしまいます。

もし契約してから30日経過後に借入をしても、無利息サービス期間は終了しているのでサービスそのものを受けられなくなってしまうでしょう。

アイフルの無利息サービスを利用するためには、万が一の時のために契約だけしておくのではなく、今すぐお金が必要だ、という時に契約し翌日から借り入れしてしまった方がいいですね。

契約日からではなく、借入日から30日間無利息にしてほしいという場合は、「借入日翌日~30日間無利息」というサービスを用意しているプロミスがお勧めです。

入会金、年会費無料

契約する際に入会金は不要ですし、カードを持ち続けていても年会費はかかりません。

カードを持っていることで無駄な費用はかからないので、借り入れ残高がなくなったとしても、今後のためにもカードと持ち続けることができますね。

借り入れ残高が0円になったとしても、契約がなくなることはありません。また必要になったときに審査などを受けなくてもそのカードを使って引き出すことが出来るので、1度カードを手にすることが出来たなら、そのまま持ち続けていると便利ですね。

スマホアプリリリース

アイフルオリジナルのスマホアプリが登場しました。アプリをインストールすると、スマホから24時間365日、以下のような手続きが簡単にできてしまいます。

・ローンの計算(返済額、返済期間、借り入れ可能額)
・必要書類提出(カメラ機能を利用して送信)
・店舗検索
・アイフルのホームページチェック
・キャッシングローンの申し込み

女性専用カードローン「SuLaLi」

SuLaLi」という、女性専用商品も用意されています。借り入れを躊躇しがちな女性でも、気軽に利用できるよう、「SuLaLi」には以下のような女性に優しい特典が付いています。

・無担保キャッシング同様、契約日翌日からの30日間無利息サービスが受けられる。
・限度額10万円なので借りすぎる心配がない。
・女性オペレーターによる、女性専用ダイヤルが用意されているので安心。
・女性らしい女性専用の選べる限定デザインカード。
・Web限定商品になるので、来店不要。
・返済を忘れてしまっても、電話連絡ではなく、ショートメールサービスでお知らせ。

即日融資も可能

インターネットで申し込みをした後、アイフルフリーダイヤル(0120-337-137)へ電話をすると優先的に審査を開始してもらうことができます。(ただし、この電話の受付時間は平日の9時~21時までとなっています)

審査は状況に応じ長引くこともありますが、最短で30分と言われています。

審査が終了すると電話かメールで連絡があります。審査に通過の連絡があれば、その瞬間から融資可能です。申し込みから融資までは最短1時間です。

インターネットから振込融資の予約を入れてもいいですし、近くの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ると、そのカードでATMから出金することもできます。

お金が必要な瞬間にすぐ手続きできるのは嬉しいですね。

ただし、銀行は15時までの営業になっているので、銀行振込希望の場合は当日14時までに全ての手続きを済ませる必要があります。(時間については、アイフルに電話で確認済み)

てまいらず

他社では、無人契約機や無人申込み機を用意していますが、アイフルで用意しているのは「無人契約でんわBOX」になっています。

無人契約機だと、操作方法がわからない等、不安を感じてしまう方が多いものですが、無人契約でんわBOX「てまいらず」であれば、オペレーターに電話で確認しながら操作することができるので、安心です。

1秒診断

アイフル公式サイトの診断コーナーで、年齢や年収、他社からの借り入れ情報などを入力すると、融資可能かどうかの判断を、たった1秒で行ってくれます。あくまでも仮審査ですので、本審査での結果と違ってくることもありますが、本審査前の目安として試すのに便利ですね。

おまとめローンに向いている

アイフルでは低金利のおまとめMAXという商品が用意されています。条件付きではありますが、審査に通過すると、高金利だった他社の借り入れも低金利で1本化させることができ、お得です。

また、低金利の借り換えローンも用意されています。

おまとめMAX

条件:アイフルを利用中か、もしくは利用したことがある方で、満20歳以上の安定した収入がある方。

金利:3.0%~17.5%
限度額:800万円
必要書類:本人確認書類、収入証明書、他社の借り入れ条件等の確認書類

借り換えMAX

条件:初めてアイフルを利用する、満20歳以上の安定した収入がある方。

金利:3.0%~17.5%
限度額:800万円
必要書類:本人確認書類、収入証明書、他社の借り入れ条件等の確認書類

手数料無料

アイフルATMやアイフル店舗からの取引は、手数料が発生しません。いつでも何度でも手数料を気にせず入出金することができますね。

ただし、提携ATM(セブン銀行、イオン銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、親和銀行など)や、コンビニ(ローソンATM、Enet、Famiポート、Loppi)の場合は取引の度に手数料が発生してしまいますし、振込返済の場合は、振込手数料がかかってしまうので注意が必要です。

<提携ATM>
1万円以下の取引・・・108円(入出金)
1万円超の取引・・・216円(入出金)

配達時間えらべーる

アイフルと契約後、希望の時間帯にカードを郵送してもらうことができる、「配達時間えらべーる」というサービスがあります。留守がちの方でも、借り入れを家族に知られたくないという方でも、自分が確実に家にいる時間を指定できるので、安心ですね。

利息は日数計算

利息は日数計算になるので、短期間で返済すればするほど、利息分を減らすことができます。

利息=利用残高×契約年率÷365日×利用日数

選べる返済日

約定日制とサイクル制どちらかを選択することができます。

<約定日制>
都合のいい日を返済日に指定することができます。給料日等に合わせて自由に設定できるのは嬉しいですね。

<サイクル制>
こちらは返済期日前であればいつでも返済可能なので、毎月都合に合わせて返済を調整していくことができます。

初回・・・借入の翌日から35日後が返済期日。それまではいつ返済してもOK。
2回目・・・初回に返済した日から35日間が返済期間。
3回目以降・・・前回返済した日から35日間が返済期間。

aiメール送信サービス

支払期日3日前にメールで知らせるサービスです。無料で登録できるので、返済日をうっかり忘れてしまいそうな方は登録しておくと安心ですね。

1,000円から借り入れ可能

たいていの消費者金融では1万円からの借り入れとなることが多いのですが、アイフルでは1,000円から借り入れすることができます。

まとまったお金ではなくても、「数千円だけ足りない」「お給料日まで少しだけ現金が必要」などという場合に便利ですね。多めに借りて返済が困難になる心配もありません。

返済シミュレーション

アイフル公式サイトの返済シミュレーションから、返済額などを確認することができるので便利です。

アイフルのデメリット

メリットの多いアイフルではありますが、もちろん不便だなと感じる点もいくつかあります。利用する場合は、いいところばかりではなく、デメリット部分もしっかりと理解したうえで申し込むようにしましょう。

契約、借り入れが別の場所

アイフル店舗に行けば、申し込みも契約も借り入れも全て完了できるような気がしますが、店舗は無人になっているため、契約のみが行えるようになっています。

無人店舗にATMが設置されている場合はその場で借り入れまでできてしまいますが、ATMが設置されていない店舗の場合は、その場で借り入れができません。

ATMがある場所まで行かなければならないのです。

また、アイフルATMからは申し込みや契約はできません。無人契約機に行かなければなりません。

ちょっとややこしいですね。

ただし、インターネットからであれば、申し込み、契約、振込による借り入れ手続き、振込による返済手続きが可能です。

返済時も手数料がかかる

アイフルの店舗やアイフルATMからであれば入金も出金も手数料は無料ですが、提携ATMを利用すると、出金だけではなく、返済の場合も手数料がかかってしまいます。

ただし、提携ATMからの返済に手数料がかかるのは、アイフルに限ったことではありません。他社でも提携ATMを利用する場合は手数料がかかります。

即日振込融資は確実ではない

アイフルに電話をかけて、「その日のうちに振り込み融資を希望している場合、何時までに申し込めば間に合うのか」という質問をしてみました。

その結果、「何時とは言えない」との回答をいただきました。

審査そのものは早ければ30分~1時間程度で終了するそうなのですが、例えば、身分証明書の確認のために画像を送っても、不鮮明のために確認が取れず送り直しになるということもあるそうです。

また、その人の審査状況によっては長引くこともありますし、混み合っているとさらに時間もかかってしまうそうです。

「9時開店と同時に申し込んでも間に合いませんか?」

という質問に対しては、以下のような回答をいただきました。

<アイフルの回答>

「今現在も大変混み合っていて、申し込みを受け付けた順に融資を行っているので、申し込みが多数ある場合は時間がかかってしまいます。お急ぎの場合は、インターネットで申し込んでからフリーダイヤルに電話をしてもらえれば、優先的に融資をしていきます。もしくは前日の夜に申し込みをしておいた方が確実かもしれません」

予期せぬ出来事も起こり得るため、急ぐ場合はなるべく早めに申し込みをしたほうが良さそうですね。

私が電話をかけたのは昼の12時頃だったのですが、「今申し込んでもギリギリ間に合うかどうか」とのことでした。

どうしても即日融資を希望する場合は、振込ではなく、カードを発行してもらいキャッシングした方が早いかもしれません。

SMBCモビット カードローン

三井住友銀行グループである株式会社SMBCモビットのカードローン「SMBCモビット」。最近は竹中直人さんと夏菜さんのCMで有名ですね。

アクティブなコマーシャルのごとく、スピード感が売りのようです。では、詳しい商品内容を見ていきましょう。

SMBCモビットカードローンの商品内容

 

申し込み条件 満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方です。正社員ではなくても、パートやアルバイトによる収入があれば主婦でも申し込み可能です。
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
・収入証明書(50万円を超える借入、もしくは他社の借り入れ額を合わせると借入残高が100万円を超えてしまう場合のみ、最新の源泉徴収票や確定申告書、給与明細書、賞与明細書などが必要になります)
申し込み方法 ・Web
・電話
・郵送
・SMBCモビットのローン申し込み機
・三井住友銀行のローン契約機
借入限度額 800万円
貸付利率 3.0%~18.0%
遅延利率 20.0%
返済方法 ・銀行、コンビニなどの提携ATM
・口座振替(毎月自動で返済可能)
・銀行振込
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
担保、保証人 不要

 

SMBCモビットのメリット

入会金、年会費無料

SMBCモビットに申し込みをして、契約が成立しても、入会金や年会費は一切かかりません。今すぐお金が必要という場合ではなくても今後の備えのために契約しておいてもいいかもしれませんね。

Web完結、カードレス・電話連絡なし

申し込みから契約、借り入れまでをWebで完結させることが出来ます。

SMBCモビットはカードローンのくくりになりますが、Web完結の場合はカードレスのまま借り入れすることが可能です。

家族や友人に知られたくない借り入れの場合、Web完結であれば、わずらわしい電話連絡や職場への在籍確認を省くことができますし、カードレスなので、カードなどの郵便物が届くこともありません。

さらに、カードレスなので、カード紛失の心配もありませんね。

※アイフルやプロミスもWEB完結・カードレスのサービスは行っていますが、職場への「電話連絡なし」を謳っている消費者金融はSMBCモビットだけです。

便利なスマホアプリ

契約完了後、スマホから専用アプリを登録すると、そのアプリから他行へ振込手続きができます。

また、現金が必要な場合は、アプリで手続きしセブン銀行からキャッシングすることもできます。

即日融資可能

SMBCモビットの仮審査もスピーディですが、本審査も約30分とスピーディになっています。最短で、申し込みから借り入れまで約1時間~2時間程度で完了します。

即日融資を希望している場合は、14時30分までに手続きを完了させる銀行振込による融資が可能です。(銀行の営業時間が15時までのため)

もしくは、19時までに申し込みをすると、契約機から現金でキャッシングすることも可能です。(SMBCモビットは夜9時まで営業しているため)

10秒簡易審査

24時間いつでも、Webから申し込みすることができます。簡易審査は10秒という速さで完了です。

仮審査ではありますが、他社の1秒診断や3秒審査等よりは確実になっているので、借入可能かどうか、限度額はどれくらいかを先に把握しておくのに便利です。

選べる返済日

自分の都合や給料日などに合わせて、5日、15日、25日、末日のうちから好きな返済日を選ぶことができます。

返済シミュレーション

SMBCモビットの公式サイトには返済シミュレーションがあります。

毎月の返済額や返済月数などの目安を知るのに便利ですね。借りる前に返済計画を立てることができるので、借りすぎることを避けられるかもしれませんね。

また、利息は日割り計算となっています。

借入残高×実質年率÷365日×利用日数=利息

早めに完済すると利息分も減らすことができますね。

限度額800万円

SMBCモビットはノンバンク(消費者金融)のカードローンですが、銀行のカードローン並みの高い限度額になっています。

初めて契約した方がいきなり800万円を借りるということは難しくなりますが、ゆとりがあると、後々必要となった時にも安心ですね。

在籍確認なし

在籍確認がイヤだからキャッシングの申し込みを躊躇っているという方も多いのではないでしょうか。

もちろんどんな会社も借り入れの在籍確認だということは知られないような配慮を行ってくれるものですが、それでも電話があると職場の方に疑われる危険性もありますね。

しかし、SMBCモビットのWeb完結を選択すると、気になる電話連絡や在籍確認、郵便物送付等がありません。これなら安心して申し込むことができますね。

電話連絡がないことは、公式サイトにもしっかり記載されています。

SMBCモビットのデメリット

SMBCモビットの気になる点もいくつか挙げておきます。

無利息サービスがない

プロミスアコムアイフルのような30日間無利息というサービスは行っていません。

30日以内の短期間で返済してしまいたい場合は、無利息サービスのある会社から借り入れした方がお得ですね。

利用時に手数料がかかる

三井住友銀行の口座引き落としの場合は手数料無料となりますが、提携ATMからや振込等による借り入れや返済の場合は、以下のような手数料がかかってしまいます。

<提携ATM>
1万円以下の場合・・・108円
1万円超の場合・・・216円

<銀行振り込み>
利用する金融機関によって手数料は変わってきます。

Web完結するには条件がある

Web完結は誰でも可能なわけではありません。以下のような条件があるため、クリアしなければなりません。

①下記のいずれかの口座を持っている
・ゆうちょ銀行
・三菱東京UFJ銀行
・三井住友銀行

②下記のいずれかの保険証を持っている
・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)
・組合保険証

自社ATMがない

プロミスやアイフルのような自社のATMを持っていません。自社ATMがあると、そのATMからの取引が手数料無料になることが多いので、それらの会社と比べると利便性が低いように感じられますね。

結論!アイフルとSMBCモビット、借りるならどっち?

アイフルもモビットも、入会金や年会費が無料で、審査が最短30分と早く、スマホで完結もできてしまうというメリットを持っていますね。

一見、どちらを選んでも大きな違いはないように感じます。

しかし、アイフルには「30日間無利息」という特典がついています。初回契約の場合は、このようなサービスを受けると利息分の支払いを減らすことができ、お得ですね。

また、アイフルは女性専用「SuLaLi」という商品も用意されています。「SuLaLi」は1000円からの借り入れが可能になっているので、気軽に少しだけ借りたいという女性にとっては嬉しいですね。

アイフル独自のATMもあり、そのATMからであれば返済も借り入れも手数料0円になっています。少しのお金を気軽に入出金したい方にとっては、とても利便性の高い会社と言えるのではないでしょうか。

更に返済日も自由に設定することができます、給料日などに合わせて自分の都合のいい日を選択できるのは嬉しいですね。

一方、SMBCモビットは、提携している銀行が多いため、あちこちの提携ATMから入手金が可能になります。しかし、提携ATMからの取引は手数料がかかってしまうので、便利ではあるものの、毎回数百円の損をすることになってしまいます。

独自のATMも持っていないので、無料で入出金がしやすいのはアイフルですね。

また、SMBCモビットには無利息サービスがありませんし、女性のための商品やレディースコールなども設けていません。女性が借り入れするなら、アイフルのほうが使いやすいでしょう。

ただし、SMBCモビットはWeb完結の場合、在籍確認が行われないという大きなメリットもあります。

どうしても誰にも知られたくない借り入れの場合は、SMBCモビットだと安心ですね。さらに、SMBCモビットはカードレスで取引もできるので便利です。

どちらがより優れているとは言い切れませんが、以下の方はアイフルの方が使いやすいと思います。

▼アイフルがおすすめな方
・女性
・1,000円~の少額借り入れを希望
・短期間の借り入れを希望していて、無利息サービスに魅力を感じる
・手数料なしで取引したい
・返済日を自由に指定したい

▼SMBCモビットがおすすめな方
・誰にも借り入れを知られたくない
・電話連絡なしの契約希望

全体的に見たときはアイフルがおすすめですが、自分の希望や状況によって、どちらを選択したらいいか考えるといいですね。

このページの先頭へ