未成年・学生がカードローンの審査に通過する方法

大半の銀行カードローン、消費者金融カードローンは、貸し付け条件に「安定した収入のある方」と記載されていますが、学生の方でもアルバイトを行っていれば、安定した収入があると判断されます。

つまり、アルバイトをしていれば学生の方でもカードローンに申込めます

ただし“基本的”には20歳以上の学生です。(20歳未満でも借りれるカーローンはこちらで解説しています

未成年者の場合、大手の消費者金融や銀行のカードローンの審査は通りません。

でも、あきらめないでください。
未成年者でもお金を借りる方法はあります。

未成年(18歳以上)の方が、お金を借りる方法で推奨しているのは、学生専用のクレジットカードを発行してキャッシングする方法です。
安全面を考慮すると、おすすめできるのは「三井住友VISAカード」です。

gsdge

・申込対象:18歳以上の学生
・総利用枠:10万円~30万円
・ショッピング枠10~30万円
・キャッシング枠0~5万円
・初年度年会費無料
・ショッピング補償



20歳以上の学生の方は、以下の2つのカードローンがおすすめです。
親や学校、バイト先にもバレることがない安心して利用できる「即日融資可能」なおすすめのカードローンは以下です。

<自宅や学校への連絡がないカードローン>

【即日融資も可能】【土日祝日OK】【低金利】【※30日間無利息】プロミスは大手消費者金融の中では低金利のカードローンを取り扱っています。もちろん最短で即日融資も可能です。プロミスも30日間無利息サービスを実施しています。

学校や自宅に連絡が行くことは基本的にないので安心してください。

※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

【即日融資OK】【土日祝日OK】【審査通過率】【30日間金利0円】アコムはアルバイトしている学生でも申し込めます。30日間無利息なのはもちろん、ネットで申込み後、無人契約機でカードを受け取れば土日祝日でも即日キャッシングすることができます。学校や自宅に連絡が行くことはありません。バイト先に万が一電話があるとしても、会社名は名乗らずに苗字で電話をかけてきます。(例 佐藤ですが○○さんいらっしゃいますか?)ですのでカードローンを申し込んだことは他に漏れることはありません。


学生のカードローンは年齢制限がある

先ほども説明しましたが、基本的にカーローンは「安定した収入がある方」であれば申し込むことは可能ですが、もうひとつ、学生が無視できない貸付条件が設定されています。

それは「年齢」です。

ほとんどのカードローンが「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方」「満年齢20才~65才の安定した収入のある方」などの表記があります。

カードローンに申込める年齢はほとんどのカードローンで20歳以上です。未成年だと審査に落ちてしまうカードローンがほとんどなのです。

学生の場合、これがネックになりますよね。

基本的に高校生は不可、20歳以上ということは、大学生や短大生、専門学生などが対象になります。


18歳(未成年)でもローンを組む方法

アコムやモビット、プロミスなどの大手消費者金融のカードローンではなく、学生専用のカードローンでも20歳以上でないと審査に通過するのは難しい状況です。学生ローンのアミーゴや学生ローンキャンパスも貸付条件は20歳以上です。

では、どうすれば18歳(未成年)がお金を借りることができるのでしょうか?


18歳の未成年が申し込めるカードローン

稀に20歳以下(18歳以上の未成年)の学生でも、カードローンを組むことが可能な金融会社があります。以下にピックアップしたので18歳以上の未成年の方はチェックしてみてください。

アイシーローン

首都圏に在学中、もしくは首都圏に住んでいる学生を対象とした学生専用ローンです。高校生・予備校生は不可ですが、18歳以上の未成年の申込みOKです。限度額は1万円~50万円で、実質年率は10.00%~20.00%です。もちろん「安定した収入がある方」が対象なので、アルバイトなどで働いていることが条件になります。




学生ローンカレッジ

高田馬場にある学生専門の金融会社です。ウェブサイトには貸付条件で年齢を確認できる表記を確認することができなかったのですが、電話でオペレーターに確認したところ、18歳の未成年でもローンを申し込めるとのことでした。ただし、未成年の場合、限度額は10万円未満になるそうです。金利は15.00%~17.00%です。


学生ローンのフレンド田(DEN)

学生ローンのフレンド田(DEN)も高田馬場にある学生専門の消費者金融です。貸付条件は18歳以上の大学生・短大生・大学院・専門学生・予備校生です。金利は15.00%~17.00%で、限度額は1万円~50万円です。


筑邦銀行キャンパスカードローン

筑邦銀行は福岡にある銀行です。筑邦銀行キャンパスカードローンの貸付条件は、筑邦銀行の営業エリア内の大学、大学院または専修学校に在籍する18歳~30歳の学生です。限度額は10万円以上30万円未満です。金利は8.8%とかなり低いです。


クレジットカードを発行しキャッシング機能を使う

18歳の未成年の方がお金を借りる場合、1番良い方法はクレジットカードを作って、そのキャッシング機能を活用することです。


三井住友VISAデビュープラスカード(学生)

gsdge
三井住友VISAカードの学生専用カードです。申込み条件は高校生を除く満18歳以上の学生です。総利用枠は10万円~30万円(ショッピング枠10~30万円・キャッシング枠0~5万円)です。

カード年会費は初年度無料、翌年以降も1回使うだけで年会費が無料になります。年間100万円までの「ショッピング補償」もついてるので安心です。




学生専用ライフカード

ライフカードの学生専用版です。最短3営業日で発行することが可能です。申込み資格は「高校生を除く18歳~25歳以下の学生」です。ただし未成年の方は親の同意がないとクレジットカードを作ることはできません。

キャッシング枠は0~10万円、ショッピング枠は5万円~30万円です。


学生専門の消費者金融は審査が厳しくない

学生専門の消費者金融のメリットとしては、学生に申込みを限定しているという性質上、一般の消費者金融よりも学生が審査を通過しやすいという点があります。

一般の消費者金融でも、条件を満たせば学生でも借りられる業者もありますが、審査通過の難易度は学生専門の消費者金融よりもかなり高いです。

一般の消費者金融では、審査の際に用途を聞かれることはありませんが、学生専門の消費者金融では、何のためにいくら必要なのか聞かれることがあります。

この時に、実家で生活をしているのに生活費のためなど嘘を言ってしまうと、信用問題になりますから、きちんと本当のことを話すようにしましょう。

また、学生専門の消費者金融の多くが、他の学生を紹介すると紹介料を貰えるサービスを行っているようです。

おめあての消費者金融を利用中の友人がいるなら、紹介してもらうと良いでしょう。


未成年・学生のカードローンまとめ

ほとんどの貸金業者は、20歳以上でない未成年はカードローン審査に申込むことはできません。逆に20歳以上の学生の方は、安定した収入があれば、学生専門のカードローンでなくても、大手消費者金融や銀行カードローンに申込むことは可能です。

未成年で18歳以上の学生がお金を借りる方法の1つに「学生専用のクレジットカード」を発行し、そのキャッシング枠を利用するという手があります。ただし、親の同意が必要場場合があります。

また、稀に18歳(未成年)でもカードローンを申し込める学生専用のローンもあります。アイシーローンや学生ローンカレッジなどですね。

いずれの方法も高校生は不可です。

未成年の方、20歳以上の方でも共通して言えることは、「安定した収入がある方」なのでアルバイトなど就労していることが基本的に必須です。また学生は年収が低いので、一般の方に比べ限度額が低い傾向があります。

最後に、大手消費者金融と違い、学生専門の消費者金融は小さい業者が多いため、ほとんどの業者が名前を聞かないような金融機関だと思います。

中には、法を守らないような高金利の悪徳業者もあるので、電柱にはられた広告や直接届いたような怪しいダイレクトメールの業者からは、
絶対にお金を借りないようにしましょう。

一般の消費者金融、学生専門の消費者金融共に無名の貸金業者でお金を借りる前には、きちんとその金融機関のホームページなどを確認し、金融庁の登録貸金業者情報に、登録済の許可番号があるか必ず確認するようにしましょう。

このページの先頭へ