プロミスの自動契約機(無人契約機)即日で借りる方法

プロミスの自動契約機(無人契約機)即日で借りる方法
プロミスの自動契約機(無人契約機)で持ち時間を短縮し、カードを即日発行し、即日でお金を借りる方法を掲載しています。

金利や限度額、無利息サービスなど、プロミスがどのようなカードローンを提供しているのかもわかる内容となっていますので、ぜひ確認してみて下さい。

※待ち時間短縮・カード即日発行・即日融資希望の方は「ネット申込み」後に「カード受け取りを自動契約機」で行うのが賢いやり方です。

※ネット申込みがなぜオススメなのか?その理由はこちらをご覧ください。


プロミス カードローンの基本情報

・金利(実質年利):4.5~17.8%
・限度額:最大500万円
・審査にかかる時間:最短30分
・年齢:20歳~69歳
・貸付対象者:本人に安定した収入のある方。主婦でもパート・アルバイトなどで安定した収入があれば審査可能。

●プロミスのポイント
・融資までにかかる時間は最短1時間!
・30日間無利息サービス
・郵送物なし・カードレス
・プロミスATMか三井住友銀行なら手数料無料で利用可能!
・コンビニはセブンイレブン、ローソン、ファミマ、ミニストップ、スリーエフなどが利用可能!

実はプロミスは会社名ではありません。SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が行っているカードローンのサービス名がプロミスなんです。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社はSMBCグループの子会社です。だから三井住友銀行ATMなら手数料無料なんですね!

三井住友銀行はメガバンク3行のひとつですし、利用者としても信頼しやすいのではないでしょうか。

プロミス自動契約機(無人契約機)で申し込みをする流れ

プロミス自動契約機(無人契約機)で申し込みをする流れ
プロミス無人契約機で申し込みをする流れはこうなります。

1.プロミス自動契約機に行って申し込む
2.審査を受ける(審査中はカードの説明ビデオを確認します)
3.審査結果の回答
4.契約
5.カードの発行、融資スタート

プロミス自動契約機(無人契約機)は2種類ある

プロミスの自動契約機は三井住友銀行内にある「ローン契約機」とプロミスが提供している「無人契約機」があります。

この2つの違いは、

●ローン契約機
・三井住友銀行の店舗に設置されている個室
・営業時間は9:00~21:00※契約機により営業時間、休日が異なります。
・はじめての申込みはローン契約機が利用できない
(事前にネット申し込みをしておけば利用可能)
三井住友銀行のローン契約機はネットか電話で事前に申し込みをしていれば利用可能ですが、ローン契約機に行ってその場で申し込むことはできません。

●プロミス無人契約機
・駅前や街なかで見かけるプロミスの看板がついたブース
・営業時間は9:00~22:00※一部21時もあります。

どちらにもATM機能が併設されているので、契約・カード発行後に現金で借り入れをすることができます。

・プロミスATMの営業時間 07:00~24:00※ATMにより営業時間、休日が異なります。
・三井住友銀行ATMの営業時間 24時間

プロミス無人契約機は直接来店してから申し込みをすることができます。まずは、プロミス無人契約機に直接来店して申し込みをする方法からご紹介します。

※待ち時間短縮・カード即日発行・即日融資希望の方は「ネット申込み」後に「カード受け取りを自動契約機」で行うのが賢いやり方です。

※ネット申込みがなぜオススメなのか?その理由はこちらをご覧ください。

プロミス自動契約機(無人契約機)で審査申し込み方法

●プロミス自動契約機(無人契約機)の流れ
1.必要書類を持参してプロミスの自動契約機に行く
2.必要事項を入力して申し込みする
3.審査が行われる(勤務先への在籍確認アリ)
4.審査結果、契約可能額のお知らせがある
5.契約、カードの発行

プロミス自動契約機(無人契約機)の場所は、プロミスの公式サイトから検索できます。
申し込みが終わったら審査を待つのですが、この待ち時間にプロミスの説明ビデオを見ることになります。

ポイントになるのは必要書類が何かということと、無人契約機にいながらにして在籍確認をクリアできるの?ということだと思います。

プロミスの申し込みに必要な書類

プロミス無人契約機で申し込みをする場合は、間違いのない必要書類を持参しないと2度手間になってしまいます。必須なのが「本人確認書類」、必要に応じて提出するものが「収入証明書」です。

●本人確認書類
現住所が記載された有効期限内の「運転免許証」を持参すればまず間違いありません。
ない場合の第2候補は「パスポート」です。
どちらも用意できない場合は、健康保険証+1点になります。

健康保険証と一緒に提出が必要なのはこちら。
・住民票
・納税証明書
・社会保険料の領収書
・国税または地方税の領収書
・電気料金、水道料金、ガス料金などの公共料金の領収書
※発行から6か月以内のものをいずれか1点

簡単に用意できそうで意外と落とし穴になるのが公共料金の領収書です。電気・ガス・水道を自分名義で契約していれば問題ないのですが、会社名義で契約をしている場合や、親・配偶者が名義人の場合などは本人確認にならないので、領収書があっても有効ではないんです。

こういった場合は、ちょっと面倒でも住民票を用意した方が早い可能性もあります。
住民票はマイナンバーカードがあればコンビニでも発行できるので、以前よりは取得が簡単になっています。

●収入証明書
収入証明書は
・希望の借入額が50万円を超える場合
・希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合
のみ必要になります。

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
ボーナスがない場合は直近2ヶ月の給与明細書だけで良いです

在籍確認の電話はどうなるの?

プロミスの無人契約機で申し込みをする場合、無人契約機内で審査結果を待っている間に勤務先への在籍確認が行われることになりますよね。本人は電話に出られないのに、確認してもらうことはできるのでしょうか。

答えは「可能」です。

在籍確認は必ずしも本人が電話にでる必要はなく、プロミスがあなたの勤務先で在籍を確認できればそれでOKなんです。

在籍確認の電話でプロミスは「△△(個人名)と申しますが、〇〇(あなた)さんはいらっしゃいますか?」と聞きます。プロミスの会社名を出すことは絶対にありません。

電話にでた会社の方は「〇〇は本日お休みをいただいております」「ただいま〇〇は不在です」「ただいま〇〇は席をはずしておりまして・・・」などと回答することになると思うのですが、これだけでも在籍確認になるんです。

●本人不在で在籍確認をしてもらうメリット
電話は個人名でかかってくるのでプロミスからの電話だとバレることはまずないのですが、逆に会社宛てに個人名で電話がくる方が不自然なこともありますよね。

考えすぎかもしれませんが、申込者が男性でプロミスオペレーターが女性だったら、ヘンな疑いをかけられる可能性もゼロではないですし。慌てる必要はないのですが周囲にどう思われているか気になるところではありますよ。

会社の人に何か聞かれたら、
「クレジットカードを新しく作ったから確認の電話がきた」
「不動産関係だと思う」
「最近、しつこい勧誘があって会社にまでかかってきたわー」
など、年齢相応の返答がスムーズにできれば良いのですが、仕事とは関係ないことなのでわずらわしくもあります。

なので、本人不在でも在籍確認ができる裏技を利用するために、プロミスから在籍確認の電話がかかってきそうな時間帯にはあえて不在にするという利用者もいます。

在籍確認の注意

本人が不在でも在籍確認は行ってもらえますが、勤務先が休みで電話に誰もでることができなければ在籍確認になりませんよね。休みの日にプロミスの申し込みをする場合は在籍確認のことも頭に入れておいてください。

どうしても在籍確認の電話を避けたい場合は?

申し込みが終わったら、すぐにプロミスに電話をかけて事情を話してみて下さい。必ず省略されるわけではないですが、相談にのってもらうことはできます。(社会保険の保険証の提出などでOKな場合も?)

プロミス自動契約機で待ち時間を短くし即日発行・即日で借りる賢い方法

プロミス自動契約機で待ち時間を短くし即日発行・即日で借りる賢い方法
プロミスは最短1時間で申し込みから融資まで完了するのですが、これを実現するポイントは

・申し込みをスムーズに済ませること
・審査を迅速に行ってもらうこと

が大切です。

この2つをクリアするためには自動契約機で申し込みをするのではなく、ネットで申し込みをしてカード受け取りを自動契約機(無人契約機)で行います

例えば、ネット申し込み自体は24時間いつでもできるので、夜のうちに申し込みだけしておいて翌朝に無人契約機(自動契約機)に行くというやり方も無人契約機内での待ち時間短縮になります。

もちろん、昼間の利用でも、ネット申込みの方がスムーズです。

※審査は申し込み順なので、自動契約機に出向くよりネットでその場で申込みを済ました方が審査完了までの時間が早くなる。

※ネットなら審査完了してから自動契約機に出向くので、審査中に無人契約機の前で30分以上待つ必要がない。

ちなみに、このネット申し込みを終わらせておけば三井住友銀行内のローン契約機も利用できるので、プロミスの無人契約機に入るところを人に見られたくない方は、三井住友銀行を利用してみてください。

ただ、施錠もできますし中は他の人からは見えない作りにはなっていますが、完全個室ではなくオペレーターとの話し声が漏れることもあります。

私も銀行の待ち時間にローン契約機を見たことがありますが、銀行の待合室の中に個室がポンと置いてある感じで、扉も完全に閉まらず足元は外から見える作りになっていました。

どちらかというとプロミス無人契約機の方がプライバシーに配慮してある印象です。

審査を迅速に行ってもらうには?

ネット申し込みは24時間いつでもできますが、人的な確認はプロミスの営業時間内にしか対応してもらえません。

プロミスの審査可能時間は「09:00~22:00」となっていますので、即日借り入れを希望する場合はなるべく早い時間帯に申し込みをしておきましょう。

翌日の融資でも間に合う場合は、夜のうちにネットで申し込みをして翌日午前中に契約ができるととてもスムーズですね。

プロミスの自動契約機(無人契約機)を賢く利用する方法まとめ

●ネット申込みがオススメ
・待ち時間短縮
・カード即日発行・即日融資
●事前準備
・プロミス無人契約機の場所を公式サイトで確認しておく
・本人確認書類を用意しておく(必要なら収入証明書も)
●プロミス自動契約機(無人契約機)で申し込みするときの注意は?
・三井住友銀行のローン契約機を利用したい場合は事前にネット申し込みをしておく
・本人確認書類を絶対に持っていく
・勤務先が在籍確認の電話に出られる時間帯に行く
●自動契約機の営業時間
自動契約機(無人契約機)9:00~22:00※一部21時もあります。
三井住友銀行内ローン契約機 9:00~21:00※契約機により営業時間、休日が異なります。
●借り入れができるATMの営業時間
プロミスATM 7:00~24:00※ATMにより営業時間、休日が異なります。
三井住友銀行ATM 24時間
ゆうちょ銀行ATM 00:05~23:55
E-net 24時間
ローソンATM 24時間
セブン銀行AT 24時間

※営業時間は一部異なることがあります

●借り入れの際のATM手数料
・プロミスATM 無料
・三井住友銀行ATM 無料
・ゆうちょ銀行ATM・E-net・ローソンATM・セブン銀行ATM 1万円以下が108円・1万円以上が216円

申し込みから融資ができるようになるまでにかかる時間は最短1時間で、カードを手に入れたらその場で融資を受けることが可能です。

プロミスを初めて利用する方なら30日間無利息で借りることができるので、初回利用者さん、短い期間で返済する予定の方はぜひ検討してみて下さい。

このページの先頭へ