SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)で借りる方法

SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)で借りる方法
SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)で申し込む方法を解説しています。私が感じたSMBCモビットのデメリットもご紹介しておりますので、ご検討中の方はぜひご覧くださいね。

※SMBCモビットの場合、自動契約機の利用よりもWEB完結申込み(郵送物なし・カードレス・電話連絡ナシ)がおすすめです。


SMBCモビット カードローン 基本情報

・金利(実質年利):3.0~18.0%
・限度額:最大800万円
・審査にかかる時間:最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり)
・年齢:20歳~69歳
・貸付対象者:定期的な収入のある方

●SMBCモビットのポイント
・「10秒簡易審査」で、融資可能か申し込み前にわかる!
・電話連絡も郵送物も一切ナシの「WEB完結」申し込みアリ!
・口座への入金も早い!

SMBCモビット 自動契約機(無人契約機)で申し込みをする流れ

SMBCモビット 自動契約機(無人契約機)で申し込みをする流れ
SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)は、「ローン申込機」と三井住友銀行内にある「ローン契約機」の2種類があります。どちらも他社の無人契約機と流れがまったく違いますので、まずは確認しましょう。

1.SMBCモビット自動契約機(無人契約機)に行く
2.必要事項を入力しカードを受け取る
3.本審査に必要な書類を提出して審査を受ける
4.審査結果を待って融資スタート!
5.入会書類の郵送・返送

順番に説明します。

1.SMBCモビット自動契約機(無人契約機)に行く

SMBCモビット自動契約機(無人契約機)のローン申込機は、銀行やゆうちょATMのような個室になっていて、あまり広くはありません。

中には入力に必要なタッチパネルの機械が置いてあります。他社の椅子があってゆったりしたスペースになっている自動契約機(無人契約機)とはちがって、操作は立ったまま行います。

また、残念ながら自動契約機(無人契約機)は、数がとても少なくないんです。

「ローン申込機」が設置されていない県もありますし、「ローン契約機」は三井住友銀行の中にあるのですが、メガバンクとはいえ三井住友銀行がない市区町村もあります。

まずは、行けそうなところにSMBCモビット自動契約機(無人契約機)があるかどうか、公式サイトから確認してみて下さい。

2.必要事項を入力してカードを受け取る

SMBCモビット自動契約機(無人契約機)にある機械でタッチパネルを使って必要事項を入力しカードをその場で受け取ります。

この時点でカード発行があるところもSMBCモビット自動契約機(無人契約機)の特徴です。他社の場合は、本審査と契約が終わったあとに発行されるのですが、SMBCモビットは仮審査後にカードだけは受け取れるので、次の工程で本審査に必要な書類を提出したら、審査結果を待たずに自動契約機(無人契約機)を出ることができるんです。

ただし、現時点ではまだ仮審査を通っただけの段階なので、カードはあってもお金を借りることはできません。

3.本審査に必要な書類を提出して審査を受ける

必要書類を機械にスキャンするか、スマホで撮影して提出します。ここまで終わったらSMBCモビット自動契約機(無人契約機)を出てもOKです。

4.本審査結果を待って融資スタート!

本審査結果がでたら電話でお知らせがあり、借り入れができるようになります。現金の引き落としは全国に130,000店舗もある銀行や提携ATMから可能です。

5.入会書類の郵送・返送

別の日になりますが、自宅宛てにSMBCモビットから入会申込書や契約書などの一式が届きます。記入捺印の上返送が必要なものがあるので、返送をしたら手続き完了です。

SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)で申し込みをするには、数少ない無人契約機がお近くにあることが条件になってきます。

もしなかった場合は、SMBCモビット公式サイトから手続きを進めましょう。

自動契約機(無人契約機)に行けそうな場合も、事前にネットで申し込みをしておくと、自動契約機(無人契約機)内で待つ時間を短くすることができますよ。

SMBCモビット自動契約機(無人契約機)が近くになかったら?

SMBCモビット自動契約機(無人契約機)が行けそうなところに無いという可能性は十分に考えられます。

そんなときにまず確認して欲しいのがネット申し込みの「WEB完結」、その次の方法が「カード申込」になります。

SMBCモビットのWEB完結(電話連絡なし・カードレス・郵送物なし)

「WEB完結」は、申し込みから借り入れまで全てがWEBでできてしまう取引方法です。なので、お近くにSMBCモビット自動契約機(無人契約機)がない場合は、WEB完結が利用できそうか確認してみましょう。

WEB完結の優れているところは本人確認の電話、勤め先への電話連絡もなし、契約書はネットで交付、融資はネットから振り込み依頼をすれば最短3分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)で口座に入金してもらえるところ。

WEB完結が利用できれば、SMBCモビット自動契約機(無人契約機)に足を運ぶよりもとてもシンプルに融資を受けることができます。

※電話は必要に応じてかかってくることもあります

「WEB完結」には利用条件がある

WEB完結の利用条件は、
・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のどれかの口座をひとつでも持っていること
・全国健康保険協会発行の保険証(つまり社会保険証)、または組合保険証を持っていること

この2つです。

口座は作れば良いので比較的簡単にクリアできますが、保険証はすぐにどうにかできるものではありませんよね。

ちなみに国民健康保険証だと対象外なので、国保に加入の自営業者さんなどはWEB完結が使えないということになります。

WEB完結が利用できない方は次の「カード申込」を活用しましょう。

モビットカード申込(ネット)

カード申込もネットで申し込む方法のひとつです。モビットのWEB完結はカードの発行がないですが、カード申込は発行されます。

カード申込は、ネット環境が整っていて通常のSMBCモビットの利用条件(20歳~69歳で定期的な収入のある方)をクリアしていれば審査可能なので、WEB完結のように保険証等は関係ありません。

申し込み方法は公式サイトの「カード申込」ボタンから入って、必要事項を入力します。
WEB完結は全ての項目を自分で入力しなければいけませんが、カード申込は最低限の項目だけ入力して、あとは電話で回答することも可能です。

なので、ネット申し込みではありますが、文字入力が得意じゃない方はカード申込の方がやりやすいかもしれませんね。

申し込みをすると簡易審査(仮審査)が行われて、結果が画面に表示されます。審査結果は電話かメールでも届くので、結果を受けたらカードを受け取ります。

カードを郵送で受け取る場合

カードを自宅に郵送してもらいます。
現金の引き出しはカードがないとできないので、融資を急いでいる方にはオススメしません。

カードを自動契約機(無人契約機)で受け取る場合

申し込みはネットで行って、カードを自動契約機で受け取る方法です。仮審査に受かった状態で行くことになるので、せっかく自動契約機(無人契約機)に行ったのに契約ができなかった・・・という可能性は低いです。

SMBCモビット自動契約機(無人契約機)が近くにあれば最初から行ってるよーと思った方もちょっと待って下さい。

直接行って申し込みをすると入力もブースの中でやる必要がありますし、審査等の待ち時間もSMBCモビット自動契約機(無人契約機)の中で待つことになります。最短30分とはいえ立ちっぱなしはキツくないですか?

カード申込を事前にやっておけば、SMBCモビット自動契約機(無人契約機)の中で緊張しながら審査結果を待つこともないですし、滞在時間も短縮できます。

「ネットで申し込み+SMBCモビット自動契約機(無人契約機)」が無人契約機を賢く利用する方法です。

カードを受け取ったら即現金を引き出すことが可能ですが、SMBCモビット自動契約機(無人契約機)に行ってカードを受け取っても入会申込書等は別途郵送されてくるので、記入して返送する必要があります。

WEB完結と比べるとややスムーズさに欠けますが、カード申込でも指定の口座に振り込んでもらう振り込み融資も可能です。

SMBCモビットカードローンの申し込みに必要なもの

SMBCモビットカードローンの申し込みに必要なものは「本人確認書類」と「収入証明書」になります。

●本人確認書類
・運転免許証

または、
・健康保険証
・パスポート

になります。

●収入証明書
・源泉徴収票の写し
・税額通知書の写し
・所得証明書の写し
・確定申告書の写し
・給与明細書の写し(直近2ヶ月分。賞与がある場合は1年分の賞与明細書も必要です)

他社の場合、収入証明書は、「50万円以上の借り入れを希望するとき」または「他社との借り入れ額+借り入れ希望額の合計が100万円を超えるとき」に必要になることが多いのですが、SMBCモビットはこういった条件を提示していません。

なので、必須ではないのですがSMBCモビットが必要と判断したら提出することになるので、用意しておいた方がスムーズです。

また、個人事業主の方は、「営業状況確認のお願い」の提出を求められることがあります。記入用紙はSMBCモビット公式サイトからダウンロード可能です。

SMBCモビットには無利息サービスがない!

SMBCモビットは、アコムプロミスなどにある「30日間無利息サービス」がありません。次のお給料日に全額返金できそうな場合や、1か月以内に返す予定がある方は他のカードローンも合わせて検討してみて下さい。

SMBCモビット自動契約機(無人契約機)活用のまとめ

●事前に準備すること
・設置場所の確認。SMBCモビット自動契約機(無人契約機)は数が少ない!
・本人確認書類、収入証明書を揃える
●SMBCモビット自動契約機(無人契約機)で申し込みするときの注意は?
・公式サイトから申し込みをしておけば自動契約機内で作業を短縮できる(カード申込)
・「WEB完結」が利用できればさらに便利!
●SMBCモビット自動契約機(無人契約機)の営業時間
8:00~21:00
●SMBCモビット提携ATM
【明細書・領収書がその場で発行されるATM】
三井住友銀行 24時間 手数料が無料
三菱UFJ銀行
セブン銀行 スマホのSMBCモビットアプリを使えばカード不要で入出金可能!
イオン銀行
プロミス
セゾンカード
第三銀行
福岡銀行
親和銀行
熊本銀行
ファミマFamiポート(入金のみ)
ローソン(入金のみ)
ミニストップ(入金のみ)
Loppi(入金のみ)

【店舗によって明細書・領収書がその場で発行されるATM】
E-net
(ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活採家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート)
ローソンATM

【明細書・領収書が後日郵送されてくるATM】
ゆうちょ銀行

・北海道地区
北洋銀行、北海道銀行

・東北地区
みちのく銀行、仙台銀行

・関東・甲信越地区
常陽銀行、足利銀行、栃木銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行
群馬銀行(出金のみ)、武蔵野銀行(出金のみ)、第四銀行(出金のみ)

・中部・北陸地区
北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、中京銀行、百五銀行
スルガ銀行(出金のみ)

・関西地区
京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行、
南都銀行(出金のみ)、紀陽銀行(出金のみ)

・中国地区
トマト銀行、西京銀行
もみじ銀行(出金のみ)

・四国地区
百十四銀行

・九州地区
西日本シティ銀行
宮崎銀行(出金のみ)

全国の信用金庫(出金のみ、一部利用不可)
VIEW ALTTE(出金のみ)
PatSat

●借り入れの際のATM手数料
・三井住友銀行 無料
・提携ATM 1万円以下の入出金 108円/1万円以上の入出金 216円

SMBCモビットは三井住友銀行ATM以外のATM利用に108円~216円の手数料がかかりますし、無利息期間もありません。

金利も特に安いわけではありませんので、こういったマイナス面も理解して他社と比較してみて下さい。

このページの先頭へ