マイカーローンに頭金が必要?払うメリット・デメリット

マイカーローンで車を購入するときの選択肢として、「頭金を払う」「全額をローンにする(フルローン)」の2つがあります。実際のところ頭金は必要なのか、また頭金を支払うことでどんなメリット、デメリットがあるのかを見ていくことにしましょう。

スポンサードリンク


 


頭金とは?

ローンを組む際に、最初に現金でまとまった金額を支払うことがあります。これが頭金です。

ひと昔前まではマイカーローンでは頭金を入れるのが当然のように思われていましたが、最近ではむしろ頭金なしのフルローンにする方のほうが多くなっています。

その理由には、マイカーローンの金利が他のローンと比べて低めに設定されており、頭金がなくても返済しやすくなっていることなどが挙げられます。

頭金を支払う場合には10~30%程度の金額を入れる方が多いという統計があります。100万円なら20%で20万円、200万円なら20%で40万円くらい支払うということになるでしょうか。これより少ない金額でもいいのですが、あまりにも少なすぎたのではその後の支払いに対してそれほど意味をなしません。

逆に多い分には特に問題はありませんが、ただしマイカーローンの融資額には下限がありますので、その金額を差し引いた額が事実上の頭金の上限となります。

仮に融資額が10万~500万円のマイカーローンがあり、100万円で車を購入したとしましょう。この場合、90万円を頭金として支払って残りの10万円をローンにすることは可能です。

でもそれ以上、例えば95万円を支払うと残金は5万円になってしまいますから、そのローンは組めないということになるわけです(ちょっと極端な例になってしまいますが)。

もちろん頭金をいくら支払うかには大きな個人差があります。その方の収入、貯蓄額、経済状態によるところが大きく、「相場を考えていくら入れなければいけない」などといったことはありません。また、購入するのが新車か中古車かによる違いもありません。

スポンサードリンク


 

頭金を入れる利点は?

頭金を支払うことについては次のようなメリットとデメリットがあると考えられます。

<頭金ありのメリット>
・借入の審査に有利に働く
・利息が少なくなり、支払総額が少なくて済む
・月々の返済を減らせば生活に余裕が出る

<頭金ありのデメリット>
・まとまったお金を用意し一度に支払わなければならない
・頭金にするお金を貯めるのに時間がかかり、すぐに購入できないこともある
・場合によってはその後の支払いに影響が出る可能性がある

では内容を見てみましょう。

頭金を払うと審査に有利になる?

ローンの審査結果を大きく左右するのは、つまるところ「この人は融資した金額と利息を滞りなく返済することができるのかどうか」という点につきます。

貸す側からすれば単純に、融資額が少なければ貸し倒れのリスクが小さくなります。同じ人物であっても、200万円のローンを申し込むよりは50万円を申し込んだほうが審査に通りやすいのです。

それと同時に、

・頭金を支払える人は生活に余裕がある
・頭金を用意するだけの計画性がある

金融機関はこのように判断します。これまでの統計からも、頭金を用意した人のほうが滞りなく完済できる確率が高いとされ、こうしたデータからも頭金を支払うことで信用を得やすいのです。

もちろん頭金を用意したからと言って、必ず審査に通るというわけではありません。頭金の有無や金額だけで審査が行われるわけではないので、あくまでも総合的に判断されるうちのひとつのポイントとしてお考えください。

頭金は支払総額にどの程度影響する?

では実際に、頭金を入れることで支払総額にどのくらいの影響が出てくるのかを比べてみることにしましょう。
仮に200万円の車を3年ローンで購入することを想定し、6%で比較します。

頭金 借入 支払利息 総支払額 参考:月々の支払額
なし 200万円 190,379円 2,190,379円 60,844円(最終60,842円)
40万円 160万円 152,304円 2,152,304円 48,675円(最終48,678円)
80万円 120万円 114,228円 2,114,228円 36,506円(最終36,519円)

頭金を40万円支払うと約38,000円、80万円支払うと約76,000円の利息差が出てきます。そしてこちらも仮の例ですが、頭金80万円の場合、もし2年で返済すればさらに利息を圧縮することができます。

頭金 借入 支払利息 総支払額 参考:月々の支払額
80万円 120万円 76,434円 2,076,434円 53,185円(最終53,182円)

約11万円の差になりました。

このように、少しでも安く車を購入したいなら、頭金を用意するに越したことはないということになります。

スポンサードリンク


 

頭金の支払いにはデメリットもある

しかし、頭金にはいいことばかりではありません。確かに利息のことを考えれば頭金の額は大きいほうがいいのですが、無理をして頭金を増やしたことでその後の生活に支障が出てくるようでは困ってしまいます。

事実、車を購入することで必要になるお金は、車両の購入費用だけではありません。保険料に税金、駐車代金、その他維持費。車に乗ればガソリン代だってかかります。

2年に1度、車検代金も必要になりますし、故障をすれば修理に費用がかかります。ローンの完済まで3年、4年、5年とかかる間にライフスタイルが変化して、「あのとき無理に貯金を切り崩さなければよかった」となってもいけません。

また、自動車取得税、登録費用、車庫証明申請手数料、リサイクル料、納車費用などや場合によってはオプション品など、車の購入時に現金で支払わなければならないものもあります。これらのことも考慮すべきです。

このように、頭金を入れるならどの程度の金額にするのかは冷静な判断が鍵。事前にしっかりとシミュレーションをしておいたほうが良いでしょう。

頭金を払わない利点・欠点は?

では逆に、頭金を払わないことで生じるメリットやデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

<頭金なしのメリット>
・資金を用意することなくすぐに車を購入することができる
・月々の支払いに余裕ができることでローンの返済を調整しやすい

<頭金なしのデメリット>
・頭金ありの場合に比べ審査に通りにくい
・借入金額が大きくなるので、月々の返済の負担が大きくなる
・利息が多くかかり、支払総額が増える
・保証人が必要になることもある

基本的には頭金のある場合と反対になるのですが、ここではさらに具体的に、どういう状況で審査に通りにくくなるのかを見てみることにしましょう。

頭金がないと審査に通らない?

借入額が大きくなれば大きくなるほど審査に通りにくくなるのは先ほどもご紹介したとおりなのですが、額そのものだけではなく、年収に対する年間の返済額の割合(=返済比率)が問題になることもあります。この場合の年収は、手取りではなく額面の金額で計算します。

例えば年収400万円の方が180万円の車を3年ローンで購入したとします。この際の1年あたりの返済額は約60万円+利息ということになります。この数字は年収の2割弱程度に相当するため、金融機関から「スムーズに返済できるだろう」と判断される可能性が高くなります。

ではこの方がローンを1年で返すと考えた場合はどうでしょう。1年での返済額は年収の半分近くになってしまいますね。額面で400万円ということは手取りでは300万円前後ではないかと考えられるので、給料の大半を車の支払いに持っていかれるという感じでしょうか。

「これでは返済に無理がある」と金融機関に判断される可能性が高くなります。ローンを申し込んだのは同じ人なのに、返済比率の違いによって、片方は審査に通り、片方は審査に通らないということが起こってくるのです。

しかし頭金を支払うことで、年収に対する返済額の割合を下げることができます。返済比率さえ下がれば1年ローンの申し込みでも審査に通る可能性が高くなるという理屈です。

返済比率のボーダーラインに関しては、だいたい25~40%程度であると考えられます。そして返済額には、他社の借入や返済が必要な奨学金、携帯代など、全ての支払代金を含めて計算されます(これらの判断は金融機関によって異なります)。

頭金はいくら必要?

かなりわかりにくいので、例を挙げてご説明しましょう。

昨年度の年収が420万円だったAさんには現在、奨学金の返済や携帯代金等で年間50万円の支払いがあります。このAさんがこのたび車を購入することになり、総額で330万円必要になりました。

Aさんはこの330万円を3年ローンで支払いたいと考えています。申し込みを受けた金融機関はAさんに、1年につき年収の35%までであれば融資が可能であるとの判断をくだしたとします。

35%までなら可能……と言ってもAさんにはすでに年間50万円の支払いがありますので、その分は差し引かなければなりません。

420万x0.35-50万=97万円

ということで、Aさんのマイカーローンの年間の貸付は、多くても97万円以下に抑えられることになります。
そしてAさんが希望するのは3年ローンですので、融資総額の上限はこう計算できます。

97万円x3=291万円

しかしAさんのローンの希望額は330万円。これでは足りませんね!
つまりAさんは計算上、

330万円-291万円=39万円

と、少なくとも39万円の頭金が必要。頭金がなければ審査には通らないということになってしまいます。
もちろん35%というのはあくまでも目安ですし、39万円だとかなりギリギリになってしまいますから、これより多ければもっといいですね。

ただし、同じ330万の申し込みでも、4年ローンを想定したものであれば……

97万円×4年=388万円>330万円

ということで、必要な額をクリアします。実際の計算では利息分も考えなければいけませんが、4年ローンであれば頭金を入れないフルローンでも可能であるというわけです。

保証人を求められる場合も

上のAさんの例では希望額が330万円、返済比率からはじき出した金額が291万円と額に少し差がありましたが、もしAさんの希望額が290万だったとしたら非常に際どい状況になります。

審査はひとつの項目だけではなく総合的に判断されるものなのですが、返済比率がボーダーライン上にある場合には保証人を求められた上での再審査になることがあります。

年収があまり多くないうえに保証人に頼める人がいないのであれば、やはり頭金を支払うことを検討したほうがいいでしょう。

スポンサードリンク


 

頭金が用意できない!でも審査が不安という場合には?

審査には不安があるけれど頭金は用意できないという場合にはどのような選択肢があるのでしょうか。

1.借入額を減らす
車種を変える、グレードを下げる、もしくは中古車にするなど、借りる額をできるだけ抑えて申し込むと審査に通りやすくなります。欲しい車がある場合にはかなり残念な選択肢ではありますが、最も安全で現実的な対処法だと言えるでしょう。

2.ディーラーのクレジットで購入する
銀行のマイカーローンに比べ、ディーラーのクレジットだと若干審査が柔軟になります。ただし銀行などのマイカーローンよりは金利が高めになります。

3.他社の借入などを精算してから申し込む
現在返済中の借入の中で繰り上げ返済できるものがあれば精算してしまいます。これにより返済比率を下げることができます。

4.使っていないカードがあるなら解約してしまう
ローンカードやキャッシングカードを何枚も持っていると、審査にマイナスに影響することがあります。使っていないものは解約しておきましょう。

5.残価設定ローンを利用して借入額を減らす
残価設定ローンはローンの終了時に車を売却することを想定して、査定予想金額を最終回の支払い分として据え置き、残りの部分を分割して支払うというもの。最終的に予定通り車をディーラーに返却してもいいですし、返却せずにそのままその車に乗り続けたいときには一括で残金を支払うか、残りの金額に対して改めてローンを組むこともできます。頭金のない方にディーラーが勧めることも多い、新しいタイプのローンです。

残価設定ローンは通常のクレジットと比べて金利が低く設定され、審査も柔軟だと言われています。実質的に安い費用で車を乗り換えられるといういい面もありますが、車に傷がつくなどして売却時に値が下がると新たな費用が発生する可能性があります。乗り続ける場合に新たにローンを組めば利息が高くつくため、自分に合うのか合わないのかをよく考慮すべき選択肢だと言えます。

6.購入を数ヶ月待ち、頭金をためる
上記のどれも望み薄というときには、やはり選択肢は貯金です。無理に審査を受けて立て続けに落ちてしまえば、新たなローンの申し込みも結局はできなくなってしまいます。ここは一旦購入を見送り、頭金を貯めてから審査を受けるのが無難でしょう。今すぐ車が必要というときには使えませんが、もう少しなら待てるというときには有効かつ現実な方法だと言えるでしょう。

スポンサードリンク


 

カードローンで頭金を賄うのはあり?なし?

頭金を用意するのにカードローンでキャッシングしては?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かにカードローンなら頭金に相当するお金を借りるのは簡単かもしれません。一見悪くない方法にも思えます。

しかし、カードローンで新たに借金を作ることが、審査に不利に働く可能性があります。「カードで簡単にお金を借りる人」と判断されるのは決してプラスにはなりませんし、せっかく頭金を支払ったのに返済比率だって下がっていません。

また、マイカーローンの審査に通ったとしても、頭金の分として借りたお金を完済するまで二重にローンを払い続けていかなければならなくなり、後々無理が生じる恐れがあります。

さらには利息分の負担も増えてしまいます。返済計画に歪みが起こることを考えると、素直にフルローンで申し込んだほうが、むしろ有利に働くかもしれません。

マイカーローンは数年にまたがるローンです。

途中で躓くと、完済までがとても大変な道のりになってしまいます。キャッシングでの用立ては、その後にボーナスなどの収入が入って一括返済できる見通しがある等の事情でもない限り、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

このページの先頭へ