個人事業主・自営業者でも申し込めるカードローン

eytwgtag
基本的に個人事業主・自営業者でもカードローンの審査に申し込んで、審査に通過させることは可能です。

ただ、一般的な会社員に比べて、審査は厳しい傾向になります。

ローンの種類は、使い道自由な一般的なフリーローン、そして事業者向けのローンです。事業者向けのローンの使い道は基本的に事業の運転資金のみとなっています。

したがって生活費が足りない、欲しいものを買いたい、などという理由では融資してもらえません。

これらのローンは、銀行や日本政策金融公庫、消費者金融などで提供されています。


なぜ個人事業主・自営業者のカードローン審査は厳しい?

一般の会社員の方の場合、会社の業績が悪化したとしても、ボーナスの金額が下がったり、支給されなくなったりすることは考えられますが、毎月の給料が急に著しく下がるようなことは少ないです。

万が一、給料が下がったとしても、毎月の給料が決まった日に入らなくなるような事態はほとんど考えられません。

そのため、会社員の場合、カードローンを組んでも、急に借金が返済できなくなるような状況に陥る可能性は比較的少ないです。

一方、個人事業主や自営業者は、事業の業績が上下すると、ダイレクトに収入に響いてきます。しかも規模が小さい場合は、収入がなくなってしまい借金の返済ができなくなってしまう可能性も、会社員に比べると非常に高いです。

そんなことから、銀行や消費者金融などの金融機関は、個人事業主や自営業者に対して、一般の方より厳しいカードローンの審査基準を設けています。


個人事業主・自営業者が審査時に用意する必要書類

通常のカードローンの場合で一般の申込者の場合、用意する書類は運転免許証、保険証などの「身分証明書」と「収入証明書」の2つだけです。

しかも、借入金額が50万円以下など、少ない金額の場合は「収入証明書」の提出は免除になる可能性もあります。

一方、個人事業主・自営業の場合は、事業を行っていることが証明できる書類(営業許可証・請求書・領収書・納品書・など)、確定申告書、青色申告書などを提出しないと審査できない場合もあります。


事業資金の場合はカードローンではなく事業者ローンで

もし個人事業主・自営業者のあなたの、お金を借りる目的が事業の運転資金だった場合は、一般の会社員が借りるカードローン(使い道自由なフリーローン)ではなく、使い道が決まっている事業者ローンに申込むのがベストです。

銀行や日本政策金融公庫など、その他の機関で融資してもらった方が、圧倒的に金利は安いです。

しかも、総量規制対象外なので、年収の3分の1以上のお金を借りることはもちろん、事業がたとえ赤字だったとしても、融資してもらうことにより、業績を回復できる見込みがあるということを金融機関に認めてもらえば、融資してもらえる可能性もあります。

ただ、銀行の場合、信用保証協会の保証が必要になるケースが多いです。

日本政策金融公庫や銀行の融資をお願いする場合、金利など消費者金融に比べて圧倒的に低いですが、用意する書類など多く、作成するのも大変なので、急な資金調達には向きません。


消費者金融の事業者向けローン

消費者金融の事業者向けローンは、日本政策金融公庫や銀行の融資に比べて、かなり金利が高いですが、急な資金調達には向いています。

早ければ、即日融資も可能です。

今すぐにでも事業資金が必要になった場合は、大手消費者金融の事業者向けのローンを利用したり、現在、持っている余裕資金を事業に回して、一般的なカードローン(フリーローン)を組んで、それで借りたお金を生活費に充てて急場をしのぐ方法も考えなくてはならない時もあるかもしれません。

※カードローンの使い道で「事業資金」はNGになっている金融機関があります。

いざというときは、アコムやプロミス、モビットなどのカードロンも、最後の手段として頭の片隅に覚えておきましょう。


消費者金融「アコム」

「アコム」のカードローン

アコムの使い道自由なカードローンです。もちろん自営業者・個人事業主でも申し込むことが可能です。即日審査・即日融資可能で、土日・祝日でもカードローンの審査・申込みが可能です。アコムをはじめて利用する方には30日間無利息サービスの適用があります。


「アコム」のビジネスサポートカードローン

個人事業主の方の場合でも収入の3分の1以上のお金を借りることが可能なカードローンです。申込み当日から利用することも可能なので、急に事業資金が必要になった時にとても助かるカードローンです。

アコムのビジネスサポートカードローンの資金使途は「自由」です。金利は1万円~100万円で12.0%~18.0%、100万円~300万円で12.0%~15.0%です。必要書類は本人確認書類、直近1期分の確定申告書、青色申告書などです。担保・保証人は不要です。

貸し付け対象者は「業歴1年以上」の個人事業主です。

すでにアコムのカードローンを利用している方も切り替えOKとなっています。


消費者金融「プロミス」

「プロミス」のカードローン

プロミスのカードローンは自営業者でも申込みは可能です。ネットからスマホやパソコンで申込みが可能で、最短即日融資可能です。はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレスの登録とウェブ明細を利用すれば、30日間無利息サービスを受けることが可能です。


「プロミス」の事業者ローン

大手消費者金融プロミスの事業者ローンです。融資限度額は300万円、金利は6.3%~17.8%です。使い道は「生計費および事業費に限ります」。必要書類は運転免許証やパスポートなどの「身分証明書」、確定申告書、青色申告書など「収入証明書」、営業許可証、請求書、領収書、納品書など「事業を疎明する書類」です。

このページの先頭へ