奨学金とは

近年は大学等の学費や生活費等が高騰し、子供の教育費が家計を大きく圧迫している現状があります。そのため奨学金を利用し大学等に通学する生徒が増えており、なんらかの形で奨学金を利用している学生は約半数とも言われています。

奨学金を利用すれば、在学中の学費負担は大変助かります。

しかし貸与型の奨学金に関してはあくまでも借り入れとなるので、卒業後の将来設計をしっかり組み立て計画的に考えておかないと、無事に卒業できたとしても、こんなはずではなかった、と返済に苦しむことになり奨学金破産という厳しい状態に陥ってしまうかもしれません。

まずは、奨学金がどのような制度であるか、をしっかりと確認するところから始めましょう。

スポンサードリンク


 

奨学金とは

奨学金は、就学者に対して学費や生活費に充てる費用を貸与もしくは給付して就学を支援する制度です。

保護者が借入者となる教育ローンに対し、奨学金は学生本人が借入者となり返済も学生が行います。

奨学金は、大きく分けて、貸与型と給付型の2種類があります。貸与型の奨学金は返済義務があり、無利子のタイプと有利子のタイプに分かれます。

一方給付型の奨学金には、返済の義務はありません。その分給付型は貸与型にくらべて給付基準も高く設定されています。

奨学金には一番有名なものには日本学生支援機構が扱う奨学金があり、その他にも各地方自治体によるもの、大学独自のもの、民間育英団体や公益法人によるものがあります。

また交通遺児に対しての奨学金や、新聞社が行なっている新聞配達をしながら奨学金を受ける新聞奨学生などもあります。

先に書いたように、今は奨学金の種類は多種多様に存在しています。しっかり確認し、自分にあったものを見つけましょう!

代表的な奨学金の概要について、以下に簡単に紹介していくので参考にしてください。

スポンサードリンク


 

日本学生支援機構(JASSO)

すべての大学、短大や、ほとんどの専門学校で申し込みができます。

返済不要の給付型奨学金と、返済が必要となる貸与型奨学金とがあります。さらに貸与型には、無利息の第一種奨学金、有利息の第二種奨学金、の他、入学した月に増額して貸与する有利子の入学時特別増額(入学時特別ど増額のみの申請はできず、入金されるのは入学後になることに注意)、そして海外留学を支援する奨学金があります。

貸与型の第一種、第二種ともに、在学中の返済はなく卒業後から返済が開始になります。
第一種と第二種を併用した利用もできますし、他の民間団体の奨学金によっては一緒に利用することもできます。また一部教育ローンも一緒に利用できるものもあります。

申し込み方法は、大学等入学前に申請する予約採用と、大学等へ入学後に申請する在学採用とがあります。

給付型のみ申請方法が予約採用のみとなります。

申請時には連帯保証人と保証人とを定める人的保証制度と、保証料を別途支払う機関保証制度のいずれかを選ぶ必要があります。

<参考>:日本学生支援機構『奨学金』

日本学生支援機構の奨学金の種類

給付型奨学金

初めて大学等に進学する人が対象となっています。

在学中、進学予定の年の前年の春頃に在学校を通じて申し込みます。すでに卒業(修了)していて卒業(修了)後2年以内の人は、卒業(修了)した学校を通じて申し込みます。

また、高等学校卒業程度認定試験の合格者(合格後2年以内の人)は、日本学生支援機構へ直接申し込みます。

在学状況や家庭の経済状況についての申込基準が設けられており、申込者が所属している各高等学校等にて、その人物、学力、家計について選考して候補者枠内で推薦者が決定されます。

貸与型

予約採用と在学採用とがあり、それぞれ在学している学校長の推薦を受けなければなりません(高等学校卒業程度認定試験合格者においてはその限りではありません)。ただし、推薦を受けたとしても、年度の予算によるために全員が採用されるとは限りません。

第一種奨学金

国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)の在学生で、無利息で貸与されます。大学の場合は、高校一年生から申し込み時までの成績が平均で3.5以上など、成績優秀で、かつ経済的に修学が困難な者が対象となっています。

第二種奨学金

国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校(4年以上)・専修学校(専門課程)の在学生で、第一種よりも基準がゆるく、年利3%での貸与となります

その他の貸与型

親権者の失職・破産・事故・病気・死亡や、災害等、また、学校の閉鎖で他校に移らねばならなくなった場合の費用増加などで、家計急変が生じた場合以上の事由から12ヶ月以内の者を対象です。無利子で貸与される奨学金(第一種)と、有利子で貸与される奨学金(第二種)とがあります。

日本学生支援機構「奨学金」申込方法

予約採用

入学後に奨学金を受けることを予約しておく方法です。在学している学校の指示に従い、すべて学校を通じて申し込みを行います。高等学校卒業程度認定試験の合格者や大学入学資格検定の合格者は日本学生支援機構へ直接申し込みます。

在学採用

進学した先の学校で春に行われる募集を通じて申し込みます。予約採用で不採用になった人も、再度チャレンジできるので募集のお知らせは見逃さないようにしましょう。具体的な日程は学校によって異なっています。説明会等を行う場合もあるようなのでチェックを忘れずに!

緊急採用・応用採用

親権者の失職・破産・事故・病気・死亡や、災害等、また、学校の閉鎖で他校に移らねばならなくなった場合の費用増加などで、家計急変が生じた場合以上の事由から12ヶ月以内の者を対象に貸与される奨学金で、在学中の学校を通じて申し込み、随時受け付けています。

スポンサードリンク


 

地方自治体の奨学金制度

都道府県や地区町村が独自に設定した奨学金の制度もあります。保護者が居住していたり出身者である、などの条件がありますが、自治体によりその条件は違います。また自治体の状況により、制度がなくなる場合もありますので役所や自治体のHPなどで確認しましょう。

大学独自の奨学金制度

独自で奨学金制度を設定してる大学も近年では複数存在します。

経済面の困難者のみならず、成績優秀で進んで勉学に励んでいる生徒には特待生制度を設けているところもあります。少子化の影響もあり、優秀な生徒を集めたいという大学側の内情が影響しているのでは?などとも言われています。

たとえば、早稲田大学には独自に設置している学内奨学金制度は約100種類もあり、そのすべてが給付型です。学外の奨学金制度とも併用もできますので、頑張る人にはとても嬉しい制度ですね。

<参考>:早稲田大学独自の奨学金(学内奨学金)

また明治大学が設定している給付金の中には採用人数が約1400名とかなり枠が広い「給費型奨学金」があります。

<参考>:明治大学・奨学金

その他でも、国・公・私立にかかわらず独自の奨学金制度を持っている学校はたくさんあります。奨学金を希望する場合は目指す学校のホームページにしっかり目を通しておきましょう。

また在学中の家庭状況の急変に応じて対応してくれる奨学金制度も多くの学校で取り入れられており、このような場合は年間を通じて申し込み可能となっているようです。

スポンサードリンク


 

民間育英団体や公益法人による奨学金制度

一般企業が財団法人を立ち上げ、指定の高校や大学の学生などに対し、奨学金を給付しています。それらの団体からは、各学校へ募集通知が届きます。奨学金の内容は各学校により異なりますので、よく調べて申し込みをしましょう。

企業からの奨学金制度は、進学先の学校が指定になっていることがあります。ある企業の奨学金を希望しても、自分が在籍している学校が指定外の場合は申し込めません。

ジェイティ奨学財団は指定の国公立校への進学する者で経済的に困難な者を支援します。こちらは進学予定の大学だけでなく、在学している高校にも指定が設けられています。

また、公益財団法人帝人奨学会は、医学・薬学・バイオ学・理工学・工学・情報学系に在籍している生徒に対し給付され、卒業後に帝人奨学会の指定の大学や研究機関などで学術研究活動に一定期間従事すれば返還を免除されます。

このように、企業も内容も様々です。あまりに多様すぎて混乱してしまうかもしれませんが、卒業後の将来の自分の未来図を描いておくと奨学金制度を吟味するときに焦点を絞りやすくなるかもしれませんね。

民間法人の奨学金は経済的理由よりも成績や研究への熱心度の方を重要視してるところが多いようなので、日々の積み重ねが重要になります。

このページの先頭へ