ネット銀行「住宅ローン」メリット・デメリット

今回はネット銀行の住宅ローンの仕組みや、メリット・デメリットなどについて詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク


 


ネット銀行の特徴

最近の銀行は、窓口だけではなくネットからも様々な手続きが行えるように改善されてはきましたが、まだまだ店頭での手続きがメインですね。

しかしネット銀行は、ほとんどの手続きをインターネット上で行える仕組みとなっています。来店する必要がありませんし、そもそも店舗自体を持っていないネット銀行も存在しているのです。

店舗を持っていてもその数はごくわずかで、自社ATMの数も少なくなっています。まさに、ネットメインの銀行と言えるでしょう。

店舗や自社ATMを減らすことで人件費等を削減することが出来るため、従来の銀行に比べると運営にコストがかかりません。

その分顧客へ還元できるよう、定期預金等の金利は高めに設定されていますし、手数料は安く、ローンなどの金利も低めに設定されています。

店舗や自社ATMがないからと言って、入出金もネットからの振り込みだけというわけではありません。様々な銀行やコンビニエンスストアなどと提携しているため、自宅近くにあるATMからでも簡単に入出金できてしまいます。

さらに、営業時間は24時間365日なので、時間を気にせず利用することが出来ますし、通帳も発行されませんが、いつでもパソコンやスマホから残高をチェックすることができます。

ネット銀行は、インターネット環境が整っていて、来店するのが面倒と感じる方にとってはとても利便性の高い銀行と言えるでしょう。

以下のような銀行が、ネット銀行として有名ですね。

・イオン銀行
・じぶん銀行
・ジャパンネット銀行
・住信SBIネット銀行
・セブン銀行
・ソニー銀行
・楽天銀行

スポンサードリンク


 

ネット銀行の住宅ローンとは

利便性が高く、今の時代に沿った営業形態と言えるネット銀行ですが、そのネット銀行で取り扱っている住宅ローンとはどのようなものになるのでしょう?

メリットとデメリットに分けて見ていきましょう。

ネット銀行の住宅ローン「メリット」

①低金利?

ネット銀行は従来の銀行に比べ、低コストでの運営が可能になっています。低コストになった分、預金の金利は高めに、ローンの金利は低めに設定し、顧客へ還元しているのです。

住宅ローンも同様で、低金利に設定しているネット銀行が多くなっています。

フラット35の金利の範囲は1.370%~1.950%となっていますし、地方銀行では0.6%~0.7%以上の金利が多くなっていますが、ネット銀行は0.4%~0.5%程度のところが多くなっているのです。(※2018年6月現在)

現在のフラット35 金利はこちら

こうして見比べると、低金利だというのも頷けますね。

ただし、最近はメガバンクでも低金利を導入し始めていて、ネット銀行とそれほど変わらない金利となってきているため、今後もずっとネット銀行の住宅ローンが1番低金利だとは言い切れない部分もあります。

ネット銀行の住宅ローン金利と、メガバンクの金利を見比べてみましょう。

ネット銀行の金利

・イオン銀行(2018年6月新規借り入れ 変動金利):2.370%(基準金利)、1.800%(優遇金利)、0.570%(実質金利)

イオン銀行の現在の金利はコチラ

・じぶん銀行(2018年6月新規借り入れ 変動金利):2.341%(基準金利)、1.884%(優遇金利)、0.457%(実質金利)

じぶん銀行の現在の金利はコチラ

・住信SBIネット銀行(2018年6月新規借り入れ 変動金利):2.775%(基準金利)、2.318%(優遇金利)、0.457%(実質金利)

住信SBIネット銀行の現在の金利はコチラ

・ソニー銀行(2018年6月新規借り入れ 変動金利):1.807%(基準金利)、1.350%(優遇金利)、0.457%(実質金利)

ソニー銀行の現在の金利はコチラ

・楽天銀行(2018年6月新規借り入れ 変動金利):1.177%(基準金利)、0.650%(優遇金利)、0.527%(実質金利)

楽天銀行の金利はコチラ

スポンサードリンク


 

メガバンクの金利

・みずほ銀行(2018年6月新規借り入れ 変動金利):2.475%(基準金利)、1.400%~1.950%(優遇金利)、0.525%~1.075%(実質金利)

みずほ銀行の金利はコチラ

・三井住友銀行(2018年6月新規借り入れ 変動金利):2.475%(基準金利)、2.000%(優遇金利)、0.475%(実質金利)

三井住友銀行の金利はコチラ

・三菱UFJ銀行(2018年6月新規借り入れ 変動金利):2.475%(基準金利)、1.850(優遇金利)、0.625%(実質金利)

三菱UFJ銀行の金利はコチラ

・りそな銀行(2018年6月新規借り入れ 変動金利):2.475%(基準金利)、2.005%(優遇金利)、0.470%(実質金利)

りそな銀行の金利はコチラ

②保証料が無料

たいていの金融機関では、高額な保証料を必要とします。

保証料とは保証会社へ支払うお金です。

保証会社は万が一契約者がローンを支払えなくなったときにローンの肩代わりをしてくれる会社です。

しかし、保証料を支払って肩代わりのお願いをしておくと、実際に困難になったときに保証会社が契約者を守ってくれるように感じるかもしれませんが、実際に保証会社が守るのは、契約者ではなく金融機関になります。

契約者がローンの支払いを滞ってしまったとき、一時的に保証会社は肩代わりをしてくれますが、今度は保証会社が契約者に対し督促を行う形となるのです。それでも支払うことが出来なければ、保証会社が競売手続きを進めていくことになります。

つまり、私たちにとっては、督促先が金融機関から保証会社へ変わるだけなのです。

しかし、金融機関は融資したお金を保証会社が肩代わりして返済してくれるため、安心ですね。

保証料の相場は、借入額や借入期間によっても違ってきますが、たいてい1,000万円の借り入れに対し20万円以上かかると言われています。支払い方法は最初に一括で行うか、利息に組み込んで月々の返済額の中に含めていくかの2通りがあります。

利息に組み込む場合は、月々の返済額の中に保証料も含まれてくる形になるので、わからないうちに支払ってしまっているという方も多いかもしれませんが、一括だと何十万円というお金を一度に支払わなければなりません。

私たちを守ってくれるわけではないのに、トータルで数十万円となる保証料は、高過ぎるように感じますね。

しかし、多くのネット銀行では、この保証料を無料にしています。

つまり、3,000万円の借り入れをした場合、従来の銀行とネット銀行とでは、保証料分60万円以上の差額が生じるのです。そう考えると、ネット銀行の方がお得なように感じられますね。

③一部繰り上げ返済の手数料が無料

最近は一部繰り上げ返済の手数料を無料にする銀行も増えてきましたが、それでもまだ数千円~数万円の手数料を必要とする銀行も多く存在しています。

しかし、ほとんどのネット銀行では、一部繰り上げ返済の手数料を無料にしています。

定期的に貯めたお金を繰り上げて返済したいと思っている方にとっては、手数料無料でいつでも気軽に返済できるネット銀行はとても便利ですね。

④ネットだけで申し込みが完了

通常は店舗へ出向き、書類を提出し、面談などを行いながらの申し込みとなりますが、ネット銀行の場合は来店したり担当者と対面することなく、ネットだけで申し込みを完了させることが出来ます。

自宅に居ながら手続きを行えるので便利ですね。

仕事の関係上、銀行の窓口が開いている時間に来店することが出来ないという方も、ネット銀行なら自分の都合のいい時間に手続きをすることが出来ます。

来店しなくても、もし手続きに関してわからないことがあれば、メールや電話で確認することもできるので安心です。

⑤WEB完結のネット銀行もある

たいていのネット銀行は、ネットで申し込みを行い、その後、郵送や電話、メールなどで手続きを進めていくこととなるのですが、全ての手続きをネット上で完結させることが出来るネット銀行もあります。(じぶん銀行)

この場合、郵送にかかる時間が削減されるため、スピーディーな手続きが期待できます。

最短10営業日で融資実行ということもあるため、急いでいる方にとっては嬉しいですね。

⑥振込手数料、ATM手数料が無料

ほとんどのネット銀行では、他行への振り込みには手数料がかかりますが、自行宛ての振り込みの場合は手数料無料となっています。

都市銀行などでは100円~400円程度の手数料がかかるのがほとんどなので、住宅ローンの支払いのために振り込む際など、ネット銀行だと便利ですね。

また、ネット銀行は自社ATMをあまり多く持っていませんが、その分コンビニにあるATMなどで気軽に入出金ができる仕組みとなっています。

さらに、毎月何回までと回数は決められてしまいますが、コンビニATMからの入出金が手数料無料で行えます。(イオン銀行とセブン銀行:何度でも無料、じぶん銀行:会員ランクに応じて無料回数増加、ソニー銀行:月4回まで無料)

スポンサードリンク


 

ネット銀行の住宅ローン「デメリット」

①融資手数料が高め

保証料が無料な点は嬉しいのですが、融資手数料は5万円~というネット銀行が多く、高い場合は借り入れ額の2%などと定めている銀行もあります。

2%と聞くと安く感じるかもしれませんが、もし3,000万円の借り入れをするとその2%は60万円です。高いですね。

しかし都市銀行などでは、保証料は高いものの、融資手数料は3万円と定めているところが多いです。融資手数料だけで見比べると、都市銀行の方がお得ですね。

ただし、都市銀行の保証料は0.2%程度金利上乗せという形で回収になるため、借入額によっても違ってきますが、最終的には保証料を100万円以上支払っていたということもあるのです。

融資手数料だけで見比べると都市銀行の方がお得に感じられますが、保証料と融資手数料を併せて考えると、ネット銀行の方がお得かもしれませんね。

②審査が厳しめ

保証料も無料で、金利も低く、面談の必要もないなど、ネット銀行はとても利便性の高い住宅ローンを提供してくれているのは嬉しいのですが、このようにメリットの高い住宅ローンであればあるほど、審査は厳しくなる傾向にあります。

全てのネット銀行の審査が厳しいというわけではないのですが、面談による審査がない分、書類上で気になる点があると審査がスムーズに進まなくなってしまうということもあるでしょう。

特に、個人信用情報に問題があると審査に通過しづらくなってしまいます。

基本的にはどの金融機関でも、個人信用情報についてはチェックするのですが、ネット銀行は消費者金融からの借り入れがあるだけでも審査がストップしてしまう傾向にあります。

もし、過去に返済を滞ったことがある、多数の借り入れがあったなど、今現在の返済状況に問題がなくても、過去に気になる情報があった場合、それだけで審査に通過できないことも考えられます。

その他の審査に関しても、通常の銀行だと返済能力に不安がある場合は「0.1%金利上乗せにして融資」としたり、逆に返済能力があると判断した場合は「0.1%金利を優遇して融資」などということもあります。このように、状況に応じて柔軟な対応が期待できるのがいいところですが、ネット銀行の場合は融通が利かない部分があります。

全てをデータ化させて回答しているため、柔軟性がなくなってしまうのです。:::

③仮審査に通過しても本審査はどうなるかわからない

たいていの金融機関では、仮審査の段階で本審査並みのしっかりとした審査を行っています。そのため、時間はかかりますが、仮審査に通過することが出来ると、たいていは本審査も通過できる傾向にあります。

しかし、ネット銀行の場合、仮審査は本当に仮の審査になってしまうのです。ですから、仮審査申し込みをした場合スピーディーな返答をもらうことはできるのですが、本審査が終了するまで実際に借りられるかどうかはわからないという部分もあります。

④融資実行までに時間がかかる

じぶん銀行のようにWEBのみで申し込みから契約、融資実行までを完結できる場合はスムーズな流れとなりますが、通常のネット銀行の場合は、本審査や契約は郵送でやり取りすることになってしまいます。

郵送の場合、送付に時間がかかりますし、もし書類に不備があった場合さらに送り返すなどの時間が必要になってしまいます。

その結果、通常の銀行よりも、申し込みから融資までに時間がかかる傾向にあります。

手続きに時間がかかると融資実行日も遅れてしまいます。融資実行日が遅れてしまうと、その間に金利が上がってしまう危険性もありますね。

金利は融資実行日のものが適用されるため、審査に時間がかかってしまうせいで希望していた金利が適用にならないということにもなりかねません。

⑤対面で相談できない

来店せずに自宅にいながら全ての手続きができるのは嬉しいのですが、対面で相談したいと思っている方にとっては、そのメリット部分がデメリット部分となってしまうかもしれませんね。

面と向かって担当者に相談しながら、審査に通過しやすい方法などを聞いたり、書類の作成方法、記入方法なども確認しながら行える銀行と比べると、自分で書類を作成し管理しなければならないネット銀行の場合、不安を感じる方も多いかもしれません。

ただし、ネット銀行では、電話やメールでのサポートを行っています。

また、各店舗に相談窓口を設置したり(イオン銀行)、スカイプでの相談を可能にする(楽天銀行)など、各ネット銀行では、電話やメール以外でも相談できる場所を作るよう力を入れ始めています。

⑥将来的な不安

ネット銀行は将来性が不安という声も多いですね。

通帳を発行せず全てがネット上での管理になるため、怖いと感じる方も多いかもしれません。破綻の危険性を感じ、ネット銀行を避けているという方もいるかもしれませんね。

しかし、たいていのネット銀行には大手の会社がバックについています。

例えば、ソニー銀行はソニーの子会社になりますし、じぶん銀行はKDDI(au)と三菱UFJ銀行が作った銀行になります。

住信SBIネット銀行はSBIホールディングスと三井住友信託銀行によって設立されています。

そのため、今のところは、突然破綻してしまうという危険性はないように感じられます。

利便性も高いため、ネット銀行を利用する方も年々増え続けています。この調子でいくと、ネット銀行は今後もさらなる発展が期待できそうな予感です。

今回は、ネット銀行と一般の銀行の住宅ローンを見比べながら、メリット・デメリットをお伝えしてきましたが、それぞれの銀行は常に情勢を見ながら、そして他行とも競争しながらサービス向上を目指しています。

そのため、ネット銀行の中でも、さらに利用しやすい銀行は増えて行くように感じられますし、一般の銀行でも、ネット銀行と同じようなサービスが増え、利便性が高まっていくことも考えられます。

実際、店頭申し込みだけではなく、ネット申し込みも導入し始めている一般の銀行も増えてきています。

今後は、ネット銀行と一般の銀行との垣根がなくなっていくことも考えられるのではないでしょうか。

金融業界のさらなる発展が楽しみです。

このページの先頭へ