無人契約機でカードローンの審査に申し込む賢いやり方

無人契約機でカードローンの審査に申し込む賢いやり方
大手の消費者金融の無人契約機は、全国各地にたくさんあります。アコムやプロミス、モビット、レイク、アイフルなど駅前を中心にかなりの数なので、見かけたことがある方も多いかと思います。

無人契約機とは、その言葉通り、無人の店舗に設置してある自動契約機です。元祖は大手消費者金融アコムの「むじんくん」です。店舗には誰もいませんが、カードローンの審査はモニターを利用した通信回線で行われます。

そこで、運転免許証などを確認してもらい審査を開始しします。カードローンの審査はあなたの「職種」「雇用形態」「勤続年数」「他社借入状況」「年収」などをもとに行われます。

消費者はしばらくの間、審査結果を待ちます(早ければ30分くらい)。オペレーターは、消費者の会社へ在籍確認の電話等を済ませ審査結果を知らせてローンカードを発行します。ローンカードが発行されればすぐにでもキャッシング可能になります。

無人契約機と言えば、消費者金融カードローンというイメージですが、一部の銀行でも無人契約機を利用することが可能です。


⇒無人契約機でスムーズにカードローンを契約する賢い借り方はこちら

三菱東京UFJ銀行の無人契約機

三菱東京UFJ銀行の店舗にも設置してあり、テレビ窓口と呼んでいます。銀行の営業時間は平日15時までですが、この「テレビ窓口」は、土日および平日の15時以降もご利用になれます。最短で40分でローンカードが発行されます。

「テレビ窓口」でカードローンを申し込む際に必要なものは、運転免許証などの本人確認書類、源泉徴収票などの収入証明書(100万円以下は不要)、そして勤務先の情報(住所・電話番号・社員数・入社年月日)を忘れないようにしてください。

テレビ窓口の利用できる時間は平日は9時~23時、土曜・祝日は10時~18時、日曜日は10時~17時です(店舗により異なる場合もある)。

三菱東京UFJ銀行の無人契約機「テレビ窓口」はすべての店舗に設置しているわけではありません。設置店舗を知りたい方は以下をご覧ください。

⇒「テレビ窓口設置店」検索

消費者金融ではなく銀行カードローンが良い方は三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」を利用してみてはいかがでしょうか?


アコムの無人契約機「むじんくん」

アコムの無人契約機「むじんくん」は全国各地に設置されています。営業時間は9時~21時(一部店舗で21時30分)で土日・祝日も営業者してます(年末年始を除く)。

必要書類は運転免許証などの本人確認書類、収入証明書(50万円を超える契約・他社借入を合わせて100万円を超える契約の場合)を用意します。ただし個人事業主の方は別途必要書類があります。

続いて「むじんくん」のガイダンスどおりにタッチパネルを操作し申込みを行っていきます。わからない点などあったときには、アコムのオペレーターがフォローしてくれるので安心です。

審査時間は早ければ30分以内に終わり、その場で、ローンカードが発行され、すぐに併設されているアコムのATMでキャッシングすることが可能です。

申込み条件は、20歳以上で安定した収入・返済能力がある方です。担保・保証人は不要で限度額は1~500万円です。貸付利率は3.0%~18.0%になります。

アコムの利用が初めての方は30日間金利0円の無利息サービスも行っていますので、アコムの無人契約機がお近くにある方は、ご利用してみてはいかがでしょうか?


プロミスの無人契約機

プロミスの無人契約機も全国各地にたくさん設置されています。運転免許証、パスポートなど身分証明書を持参してプロミスの無人契約機に行ってください。営業時間は「9時~22時※一部21時もあります」(土日・祝日OK)です。

アコム「むじんくん」と同様で必要書類は、身分証明書の他に「50万円を超える場合」「他社との借入合計額が100万円を超える方」は収入証明書が必要です。また、外国人の方のカードローン申し込みは「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」が必要です。

無人契約機での手続きは、タッチパネルを利用し約30分程度完了することができます。

プロミスの無人契約機で手続きが完了後は審査が開始されます。審査を待っている間にローンカードの利用方法などの動画が流れます。

審査が終了するとその場でローンカードが発行され、すぐにプロミス提携ATMでキャッシングすることが可能になります。

また、プロミスの場合、三井住友銀行のローン契約機からでもカードローンの申し込みをすることが可能です。申込の流れはプロミスの無人契約機と同じでローンカードもその場で受け取ることができます。プロミスの無人契約機がお近くにない場合は、三井住友銀行を利用すると便利です。

プロミスカードローンの利用限度額は500万円、借入利率は4.5%~17.8%、担保・保証人は不要です。プロミスもはじめて利用する方を対象に30日間無利息サービスを行っています。(メアド登録とWEB明細利用が条件)


新生銀行カードローン「レイク」の無人契約機

新生銀行カードローン「レイク」の無人契約機もかなりの台数です。全国規模なのであなたのお住まいの地域にもきっとあります。

営業時間は平日8時45分~24時、日曜・祝日は8時45分~22時、第3日曜が8時45分~19時になっており、アコムやプロミスなどと比べて平日の営業時間が長いのが特徴です。ただし新規カードローンの申し込みの場合は平日21時までになります。

レイクの無人契約機でカードローンの申し込みをした場合、最短で40分でローンカードが発行され、すぐにキャッシングができます。

無人契約機のタッチパネルで「初めてのお客様」ボタンを押すことからスタートし、身分証明書などの必要書類をセットし、必要事項を記入します。その後審査が行われ、契約書が発行されますのでそれにサインをして、ローンカードを受け取ります。

ローンカードを受け取ったら、レイクの無人契約機と併設されているATMですぐにキャッシングすることが可能です。

レイクの貸付限度額は1万円~500万円、実質年率は4.5%~18.0%です。レイクは30日間無利息サービス、5万円まで180日間無利息サービスを実施しています。いずれもはじめてレイクを利用する方が対象なので、お近くにレイクの無人契約機がある方は利用してみてください。


モビットの無人契約機

モビットの無人契約機も、レイクやアコム、プロミスと同様に、その場でローンカードが発行されます。申込完了からカード発行までのスピードが「約5分」とかなりのスピード発行です。

もちろん、審査の申込み~カード発行までをすべて無人契約機で行う必要はありません。スマホやパソコンからあらかじめ審査に申し込んでおいて、カードの受取りを無人契約機で行うことも可能です。この方法だとスムーズなのでおすすめです。

提携ATMも全国に10万台以上あるので、借入れや返済はとても便利です。

モビットの借入れ限度額は1万円~500万円、実質年率は4.80%~18.00%です。


アイフルの無人契約機

アイフルの無人契約機の名前は「無人契約でんわBOX てまいらす」と言います。このアイフルの「無人契約でんわBOX てまいらす」は電話をするだけでローンカードの発行ができてしまう機械が苦手な方にうれしいサービスです。

必要書類の提出は併設してあるスキャナーで行います。オペレーターと電話しながらなので安心です。

カード発行後は、セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、ローソンなどのATMですぐにキャッシングすることが可能です。

アイフルの審査時間は最短30分、限度額は500万円、金利は4.5%~18.0%です。


無人契約機のデメリットと無人契約機の賢い利用方法

一見、無人契約機はとても便利で、デメリットなどなさそうなのですが、実はいくつかデメリットはあります。

無人契約機でカードローンを申し込む場合、免許証や収入証明書等の必要書類を持っていき、審査に臨むのですが、万が一忘れ物があった場合、家に取りにいかなければなりません。

また、無人契約機でカードローンに申し込んだ場合、審査時間が早くても30分前後かかりますので、その間は無人契約機で待つことになります。

それらの無人契約機のデメリットをインターネットでカードローンの審査を申し込むことによって解消することができます。


あらかじめネットで申込んでおきカードを無人契約機で受け取るのがベスト

自宅やカフェなどから、スマホやパソコンでインターネットから申込んでおけば、審査を待っている時間も、無人契約機にいる必要はないですし、必要書類もスマホのカメラ機能を利用してアップロードするだけなのとてもスムーズです。

振り込みによるキャッシングを選択することもできますし、ローンカードを無人契約機で受け取ってキャッシングすることも可能です。

また、無人契約機は24時間やっていませんが、ネットからのカードローンの申し込みなら365日24時間行えますので、とても便利です。

無人契約機でカードローンの審査申込みを検討している方は、是非、インターネット申込みをご活用ください。

このページの先頭へ