プロミスカードローンの金利や返済、審査申込み方法

【即日融資も可能】【低金利】【30日間無利息】プロミスは大手消費者金融の中では低金利のカードローンを取り扱っています。もちろん最短で即日融資も可能です。プロミスも30日間無利息サービスを実施しています。

またアルバイトの方、パートの方、主婦の方も審査申込が可能です。



プロミスカードローンの審査申込み方法や、金利、返済方法、借入限度額などの基本情報、30日間無利息サービスの詳細等をご案内をします。

プロミスのカードローンは、スマホ、パソコンから24時間、土日・祝日でも申込みが可能です。


プロミスカードローン基本情報

実質年率 4.5%~17.8%
審査に申込める方 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方※主婦や学生、パート・アルバイトの方でも安定した収入があれば可
貸付限度額 500万円まで
遅延利率 20.00%(実質年率)
担保・保証人 不要
返済方式 残高スライド元利定額返済方式


プロミスの30日間無利息サービスについて

プロミスのカードローンは、プロミスをはじめて利用する方に限定して30日間無利息サービスを実施しています。ただし条件があります。といっても大した条件ではないのですが、「メールアドレスの登録」と「WEB明細を利用」すればOKです。

プロミスの場合、30日間の無利息期間の開始日が「初回利用」の翌日になります。ちなみにアコムも30日間無利息サービスをやっているのですが、アコムのカードローンの場合は「契約日」の翌日です。

アコムは契約すると、キャッシングしなくても無利息期間が始まってしまうので、急いで借りないといけませんが、プロミスの30日間無利息カードローンは「初回借入日」の翌日なので安心です。

さらにプロミスの30日間無利息サービスは、無利息期間中の追加融資、完済後の無利息期間中の2度目のキャッシングも対象になります。

プロミスの30日間無利息サービス
promurisoku2
画像はプロミスより引用


プロミスカードローンの審査について

プロミスカードローンの審査通過率や審査スピード、審査基準、審査の申込み方法など、プロミスカードローンの審査について説明します。


プロミスカードローンの審査通過率

プロミスのカードローンの審査に申し込んだ方々が、どのくらいの割合で審査に通過しているのか?だいたいの数字を見ることができます。プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)が発表している新規通過率を見てみましょう。

2015年3月の新規通過率を見てみると「40.6%」となっています。
prtsukaritsu
SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標より引用

プロミスのカードローン審査に申し込んで、半分強の方々が審査に落ちてしまっています。ちなみにアコムの2015年3月は「47.3%」となっております。

これら審査通過率の数字が高いのか?低いのか?感じ方は人それどれだと思いますが、銀行カードローンの数字に比べるとかなり通過率は高い数字になっています。


プロミスカードローンの審査スピード

まず、プロミスの仮審査(お借入診断)は公式サイトから簡単に行えます。「生年月日」「年収」「他社の借入れ額」の3つの項目を入れてボタンをクリックするだで一瞬で結果が出ます。

それで借り入れが可能という診断結果が出たら、続いて本審査の申込みに進みます。プロミスカードローンの本審査のスピードも、アコムと同様に日本の消費者金融ではTOPクラスです。即日融資も可能なので、急いでいる方はプロミスのカードローンはオススメです。


プロミスカードローンの審査基準

上記表のプロミスカードローンの「審査に申込める方」を見てみると「年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方※主婦や学生、パート・アルバイトの方でも安定した収入があれば可」と記載されています。

基本的に安定した収入があれば、主婦でも学生でもアルバイト、パート、フリーターでも審査に通過することは可能です。ただ絶対に通過するというわけではありません。

「年収」「職業」「雇用形態」「他社借入件数・借入額」などなど、トータル的に判断して審査が行われます。審査に通っても限度額があなたの満足する金額ではない可能性もあります。

また、「外国人」「個人事業主」などは、一般の勤めている方に比べて、カードローンの審査が厳しくなるのが一般的です。


プロミスのカードローン審査申込み方法

パソコン・スマホから申し込む

一番スムーズで便利な方法がパソコンやスマホからインターネットで申込む方法です。ネットでのカードローン申込みは24時間365日受け付けています。

来店不要で融資までのスピードを重視するなら「WEB契約」をおすすめします。WEB申込みの場合は、スキャナーやスマホのカメラ機能を使って、必要書類を送信することができますので、融資スピードも早いですし、来店不要なので楽ちんです。融資は指定口座に振り込んでもらう形がスムーズです。


プロミスの自動契約機・三井住友銀行ローン契約機で審査を申し込む

身分証明書などの必要書類を自動契約機に持ち込んで、タッチパネルを操作しカードローンの審査に申し込みます。自動契約機の営業時間は「9:00~22:00※一部21時もあります」(土日祝日OK)です。その場で審査が行われ、完了まで待ちます。審査完了後はすぐにローンカードが発行され、すぐにキャッシングすることが可能です。デメリットとしては自動契約機の営業時間外に申し込み手続きをすることができないことです。営業時間外に申し込みたい方はやはりネット申込みになります。

三井住友銀行ローン契約機の場合も基本的に自動契約機と申込みの流れは同じです。


その他、プロミスカードローン申し込み方法

その他の申込み方法は「電話」と「店頭窓口」に直接出向いて申し込む方法です。パソコンやスマートフォン、自動契約機の操作が苦手な方にはおすすめの方法です。プロミスのスタッフと話しながらの契約なのでとても安心です。


プロミスのカードローン返済について

プロミスのカードローン返済方法

プロミスの返済方法は「パソコンやスマホからネットで返済」「口座振替で返済」「店舗・ATMで返済」「銀行で返済」の4つの方法があります。

「パソコンやスマホからネットで返済」の場合、プロミスの管理画面上で、土日・祝日でも24時間いつでも返済が可能です。ただし銀行のインターネットバンキングを利用している方に限ります。「三井住友銀行「三菱東京UFJ銀行」「ジャパンネット銀行」「みずほ銀行」「楽天銀行」の口座を持っていることが必須です。


毎月の返済額について

プロミスカードローンの返済方式は、借入残高によって毎月の最低返済金額が変動する「残高スライド元利定額返済方式」です。この毎月設定される最低返済金額は、支払期日までに必ず返済する必要があります。返済が遅れると遅延利息がつき、余分にお金がかかってしまいますので注意してください。

返済額の例を見てみましょう。
・借入額 20万円
・返済期間 6カ月
・利息 17.8%
プロミスカードローン毎月の返済額
プロミス返済シミュレーションより引用

この場合、最低返済金額は毎月、35,085円で、最後の月だけ35,083円になります。この金額を毎月の返済日まで返済することになります。

※シミュレーションとは違い、本来、借入時に支払回数を指定することはできません。借入金額によって最低支払金額が設定され、それにより支払回数も設定されます。

プロミスは一括返済・繰り上げ返済できる?

プロミスのカードローンは、一括返済、繰り上げ返済が可能です。上記で説明した通り、最低返済金額を毎月支払うことになりますが、それ以外に余裕がある月に、余分に返済することは可能です。

なるべく早いうちに元金を減らす、もしくは一括返済によりすべて返済を終わらせてしまえばトータル的に支払う利息の額は安く済みます。

ただ、繰り上げ返済をがんばりすぎて、次回の最低返済金額を支払えないという事態になることは避けてくださいね。遅延利息を取られてしまいます。余裕を持った返済計画を立てましょう。


プロミスの返済期日について

プロミスカードローンの返済期日は、5日、15日、25日、末日の中から好きな日を選ぶことができます。(口座振替による返済の場合は指定される場合があります)

土日や祝日が返済日に重なった場合は、翌営業日になります。

初回の返済日のスタートは、申し込んだときのタイミング、申込日の選択によって、当月なのか?翌月なのか?翌々月なのか変わってきます。

プロミスの返済期日
プロミス公式サイトより引用


プロミスのローンは総量規制対象?

プロミスのカードローンは総量規制対象になります。よって年収の3分の1以上の借入れを行うことはできません。これはプロミスだけでなく、アコムやアイフル、モビットなど大手の消費者金融カードローンだけでなく、中小の消費者金融も同じです。

総量規制対象外のカードローンは、銀行、信用金庫、信用組合などのカードローンになります。


プロミスのその他のローン

プロミスもアコムと同様に、借り換え専用の「貸金業法に基づくおまとめローン」と個人事業主向けの「自営業者カードローン」を提供しています。

「貸金業法に基づくおまとめローン」のついてはアコムなどと同様に、それほど金利が安いわけではないので、東京スター銀行などが提供しているおまとめローンを利用したほうがお得感があります。ただ銀行のおまとめローンは消費者金融に比べて審査が厳しいので不安な方は、プロミスなどの消費者金融のおまとめローンを利用しても良いかもしれません。

返済日、支払先が1つになり、少しでも金利が安くなるなら申し込むメリットがあるのではないでしょうか?

「貸金業法に基づくおまとめローン」は総量規制対象外なので年収の3分の1以上の金額を借り入れることが可能です。

「自営業者カードローン」は自営業者を対象にしたカードローンですが、使い道は必ずしも事業資金でなくてもOKです。必要書類は身分証明書の他に、営業許可証や受注書、領収書、請求書など、事業を疎明(そめい)する書類が必要です。

プロミスで借りたい方はお好きな方へお申込みください

プロミスカードローン
プロミスレディースキャッシング
プロミスの通常のカードローンです。
即日融資も可能です。
女性オペレーターが対応しています。
※男性も申込みもOK

このページの先頭へ