水商売でも消費者金融のカードローン審査に通る?

水商売でも消費者金融のカードローン審査に通る?
水商売の方でもお金を借りたいときはあると思います。ただ、水商売の方は銀行はもちろん、消費者金融のカードローンの審査に通過するのは難しいという噂もあります。

これは本当なのでしょうか?

銀行カードローンも、消費者金融でも、借入条件を見ると「安定した定期的な収入のある方」と記載されています。大手消費者金融だと、借入金額が50万円を越えなければ、必要書類は身分証明書だけで、収入証明書は必要ないカードローンがほとんどです。

水商売の方でもこの条件はクリアできそうなものです。


水商売の方は給与所得ではなく個人事業主扱い

水商売の方の場合、お店に雇用されて給料をもらっているわけではなく、個人事業主としてお店から報酬をいただいているパーターンが多いかと思います。

雇用されている場合は、給与明細をもらい、源泉徴収票も発行してもらえるので、収入証明書が必要な場合は、消費者金融に提出することも簡単ですし、消費者金融が審査時に行う職場への在籍確認の電話も、勤め先のお店に掛かってきますので、まったく問題はありません。


確定申告書や課税証明書が必要

水商売の方でもしっかり確定申告をして、税金を納めていれば「確定申告書」や「課税証明書」など収入証明書を用意することができます。

確定申告をして納税をするのは、当たり前のことなのですが、水商売の方で申告を行っていない方はかなり多いのも事実なのです。きっとお店から支給された報酬を給料だと勘違いしている方が多いのだと思います。給料の場合は、源泉徴収されるので納税していることになりますが、個人事業主として報酬をもらう場合は、その中から税金を支払わないといけないのです。

基本的に大手消費者金融の場合、50万円以下の借入金額の場合は、収入証明書は必要ありませんが、これはあくまでも基本で、審査対象(申込者)によっては、収入証明書の提出を求められるケースもあります。


水商売など「個人事業主」は審査が厳しい

水商売でなくても「個人事業主」や「法人の代表者」の場合は、カードローンをはじめ、住宅ローンなど、普通のサラリーマンの方に比べて審査は厳しくなります。

これは、サラリーマンの方よりも、年収が高くてもです。

消費者金融などの金融機関は「安定した継続的な収入があるのか?」という部分を重要視するのです。

「個人事業主」や「法人の代表者」の場合は、いくら年収が良くても、来年はどうなっているか不明です。浮き沈みが激しいので審査が厳しめになってしまいます。

もちろん、絶対にカードローンの審査に通らないわけではなく、銀行や消費者金融のカードローンを利用してお金を借りている個人事業主の方も多くいらっしゃいます。

水商売の方も、普通にお勤めの方よりも審査は厳しい傾向にありますが、お金がどうしても必要な場合は、あきらめずに審査に申し込んでみてください。


偽装会社(アリバイ会社)は絶対に利用してはならない

実は、水商売の方々が消費者金融の審査がなかなか通らないことを知っていて、それを商売にしている人たちがいます。

会社としての業務は行っておらずに「水商売の方々が会社に勤めているように騙す」商売を行っているのが「偽装会社(アリバイ会社)」です。

この偽装会社は、手数料を払うことによって、給料明細の発行や在籍確認の電話の対応などを行ってくれ、消費者金融などの審査に通りやすくするように手伝ってくれます。

もちろん、水商売の方だけでなく事情がある方を対象に、源泉徴収票の発行を行い賃貸マンションの契約などを手伝う業務なども行っています。

もちろん違法行為です。

水商売の方が、この「偽装会社(アリバイ会社)」を利用してカードローンの審査に通過することができる可能性は正直あります。

しかし、これがバレた場合には、大変なことになりますので、絶対に「偽装会社」を利用するのはやめてください。あなたの信用情報に傷がつき、二度とローンを組めなくなったり、クレジットカードが作れなくなったり、他にも色々な弊害がおきる可能性があります。

※アリバイ会社について詳しくはこちらをご覧ください。


アリバイ会社ナシで水商売の方が借りれる貸金業者は?

大手の消費者金融で水商売の方が借りれるケースももちろんあります。しかし、一方でどうしても消費者金融の契約が難しい水商売の方も大勢いらっしゃるのも事実です。

もちろん「偽装会社(アリバイ会社)」を使うなんてもっての他ですが、もしかしたら「偽装会社(アリバイ会社)」を使わなくても、水商売の方に貸してくれる貸金業者があるかもしれません。

ダイレクトメールの案内や電信柱に貼ってある貸金業者など、大手消費者金融で借りれない人を対象に商売をしている所もあります。

ただ、気を付けてほしいのが違法な貸金業者の存在です。ヤミ金と呼ばれる悪質な業者ですね。

このような悪質な貸金業者に手を出してしまうと、法外な利息を取られ、取り立ては相当厳しくされますし、万が一払えない状況になってしまったら、何をされるかわかったものではありません。

あまり聞いたことがない貸金業者には気を付けるようにしてください。

まっとうな貸金業者の場合は、金融庁で検索できますので、その金融業者の登録番号をしっかり確認して調べてみてください。

このページの先頭へ