カードローンの選び方

あなたに最も適したカードローンを選ぶために、色々な角度からのカードローンの選び方を説明します。
カードローンの選び方

カードローンを金利(実質年率)で選ぶ

金額が大きい場合や、借入期間が長い場合は特に、カードローンの実質年率(金利)でカードローンを選ぶことは重要になってきます。

特に、消費者金融のカードローンと、銀行カードローンは、金利(実質年率)はけっこう幅があります。消費者金融のカードローンにも、もちろんメリットがありますが、金利の面だけを考えたら、銀行カードローンの方が一般的に金利は低いです。

もちろん銀行カードローンの中でも、消費者金融並みに高い金利のところもあれば、かなり低いカードローンがありますので、しっかり比較してみましょう。


即日融資!カードローンを融資スピードで選ぶ

急にお金が必要になった時は「即日融資」ですよね。
金利や限度額よりも、「とにかくすぐにお金を貸してほしい」という方は即日融資が可能な金融機関にカードローンを申し込むと良いでしょう。

銀行のカードローンも当日融資してくれるところはありますが、その銀行の普通預金の口座を持っていなくてはいけないとか、色々と条件がある場合は多いです。

もし、普通預金の口座を持っている銀行に、即日融資可能なカードローンを取り扱っているようでしたら、金利も低いですし、申し込んでも良いかと思います。

消費者金融の場合は、申し込む時間帯にもよりますが、即日融資可能なカードローンを取り扱っている所は多いです。

特にアコムやプロミス、アイフルなど大手の消費者金融がオススメです。銀行カードローンに比べて金利は高いですが、急いで借りたいと思っている方は大手消費者金融のカードローンは手軽でオススメです。

銀行でも消費者金融のカードローンでも、スマホやパソコンなどからネットで申込みをするとスピーディーです。


審査が通りやすいカードローンを選ぶ

例えば、「アルバイト」「パート」「安定した収入がない」「専業主婦」「学生」「過去に返済を滞った経験がある」「ブラック」などなど、カードローンの審査に不安を感じる方々も多いかと思います。

あなたの状況によっては、カードローン審査に通らない、または借り入れの上限金額が低くなってしまう、など、考えられます。

とくに銀行のカードローンは、消費者金融に比べて審査が厳しいです。
また、消費者金融の中でも大手の消費者金融は審査が厳しめです。

銀行にカードローンを申し込んでもダメ、大手消費者金融にカードローンを申し込んでも審査で落とされた、となったら中小の消費者金融を選ぶころになるかと思います。

その場合は、悪徳な消費者金融、いわゆるヤミ金等を絶対に選ばないようにしてくださいね。しっかり金融庁に登録されている消費者金融を選ぶようにしてください。


カードローンを借入限度額で選ぶ

銀行や消費者金融など、金融機関によってカードローンでの借入限度額は違ってきます。また、あなたの境遇によって借入限度額は変わってきます。

あなたは公務員ですか?
会社の経営者ですか?
個人事業主ですか?
学生ですか?
フリーターですか?
専業主婦ですか?
安定した収入はありますか?
他から借り入れはありませんか?
年収はいくらですか?

などなど、境遇によって限度額も変わってきます。

1万円とか、3万円、5万円程度でしたら、安定した収入があり、他から借りていなく、過去に返済を滞った経験などなければ、だいたいカードローンの審査は通ると思います。

ですが、例えば50万円を超す金額をカードローンで借り入れたい場合は、各銀行や消費者金融に問い合わせしてみてください。


WEBで完結するカードローンを選ぶ

スマートフォンやパソコンからカードローンを申し込んで、必要書類の提出もWEB上でアップロードすることによ、本審査も通過して、指定する銀行口座の振り込みまで、すべてWEBで完結できるカードローンも最近は増えてきました。

WEBですべて完結したい方は、このような金融会社のカードローンを選ぶと良いかと思います。

ただし、WEB完結する為には、銀行の場合は、ほとんどその銀行に口座開設を済ましていなければならなかったり、消費者金融の場合も、指定する銀行に普通預金の口座がないといけなかったり、金融機関によってWEB完結できる条件があります。

もちろん、WEB完結と謳っていても、在籍確認の電話のあり・なしもありますので、それぞれの金融機関の条件を比較してみてください。



在籍確認の電話がないカードローンを選ぶ

消費者金融や、銀行などのカードローンに申込むと、必ずと言っていいほど、職場などに在籍確認の電話がかかってきます。

これ、迷惑ですよね。

一応、会社名を告げずに個人名で電話してくれるなど、気を使ってくれる金融機関も多いのですが、やはり、この在籍確認の電話がない金融機関のカードローンを選びたいですよね。



無利息期間があるカードローンを選ぶ

無利息期間があるカードローンサービスを提供している金融機関があります。ほとんどが消費者金融で、1週間無利息、30日間無利息などがあります。

元々のサービスで無利息期間がある消費者金融、キャンペーン期間のみ、無利息サービスを行っている消費者金融があり、無利息期間も条件も様々です。

アコムレイクプロミスなどが無利息サービスを行っていますが、これらは「はじめて利用する方」が対象なので、過去にそれらの金融機関のカードローンを利用したことがある方は対象外になってしまいます。

しかし、ノーローンという消費者金融があるのですが、ここは1週間、何度借りても、無利息になるので、無利息期間があるカードローンを選びたいと思っている方は検討してみると良いでしょう。



無人契約機が多いカードローンを選ぶ

無人契約機(自動契約機)が全国にある、またはコンビニのATMを利用することができるカードローンを選ぶと、返済や借り入れがとても楽になります。

メガバンクや、大手の消費者金融のカードローンを選べば、全国に無人契約機がたくさんあるので、よっぽどの田舎ではない限り、返済や借り入れがとても便利ですが、中小のマイナーな消費者金融や一部の銀行のカードローンを選ぶと、取り扱いできるATM等が少ない場合が考えられるので、返済や借入時にとても不便な思いをするかもしれません。

中小の消費者金融のカードローンを検討する場合は、大手の消費者金融の無人契約機で取り扱うことができるのか?コンビニのATMと提携をしているのか?事前に調べておくと良いかと思います。

借り入れ、返済がラクなカードローンを選ぶのは非常に大切なポイントです。


総量規制対象外のカードローンを選ぶ

総量規制ってご存知ですか?
これは年収の3分の1以上のお金を借りることができないという規制です。
消費者を守るために作られた法律です。

消費者金融は、今のところすべて「総量規制対象」です。

したがって消費者金融のカードローンでは、自分の年収の3分の1以上を越える金額を借りることができません。

例えば、ある消費者金融の限度額が1万円~500万円と記載されていたとします。
あなたの年収が600万円。
この場合、300万円以下しか借りることはできません。
消費者金融側もいくら500万円を貸したいと思っても、貸すことができないのです。

一方、銀行カードローンの場合は「総量規制対象外」なので、年収の3分の1以上のお金を借りることが可能です。

ただし、これは必ず借りれるというわけではなく、各銀行カードローンの審査基準によって利用限度額は設定されますので、あなたの境遇によって限度額は変わってきます。

もし、自分の年収の3分の1以上のお金をカードローンで借りたい方は、消費者金融ではなく、オリックス銀行カードローンみずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローン三菱東京UFJ銀行カードローンなど、銀行カードローンを選ぶようにしてください。


このページの先頭へ