カードローンの審査で聞かれること一覧

カードローンの審査で聞かれること
カードローンの審査に申し込む際にあなたの個人情報を金融会社に伝えなければなりません。消費者金融や銀行はそれを元にあなたに返済能力があるのか?審査します。

カードローン審査時に金融会社に聞かれることとはどんなことなのでしょうか?


金融機関が審査するための判断材料

「あなたが申告した個人情報」「信用情報調査」「勤め先の在籍確認」「提出した書類」の4つの判断材料を元にカードローンの審査は行われます。

1.あなたが申告した個人情報

まず、各金融会社はカードローンの審査申込み時に、記入する情報をもとに審査をします。記入する情報は、「氏名」「生年月日」「家族構成」「住んでいる自宅の情報」「勤め先の方法」「雇用形態」「業種」「年収」「他社借入状況」などを見て審査します。詳細はアコム、プロミスを例に後で説明します。


2.信用情報調査

信用情報機関で、あなたが組んでいるローンの利用状況、クレジットカードの利用状況、過去の返済でトラブルなどはあったのか?などなど、調べます。あなたにお金を貸して大丈夫なのか?きちんと返済してくれるのか?判断材料にします。


3.勤め先の在籍確認

あなたが記入した勤め先であなたが本当に働いているのか?在籍確認の電話をします。電話がかかってきたときに、あなたが留守でも大丈夫です。「外出中です」「席を外しています」という受け答えがあれば、在籍確認はOKです。


4.提出した書類

あなたが提出する身分証明書(免許証・保険証・パスポートなど)や、必要に応じて提出する収入証明書(給料明細・源泉徴収票・確定申告書等)を見て、申告した内容に虚偽はないのかチェックされます。



この4つを判断材料にしてカードローンの審査は行われます。


各金融機関によって審査基準は異なりますが、各消費者金融のネット申込時に記入する個人情報とはどのようなものなのか?見ていきましょう。

※銀行のカードローンの場合も、審査を依頼している指定の保証会社が、アコムやプロミスなど消費者金融場合が多いので消費者金融の情報を見ていきます。

※ちなみに三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」です。そして三菱東京UFJ銀行カードローンの保証会社はアコムです。その他、プロミス、アコムはたくさんの銀行カードローンの保証会社になっています。


「アコム」ネット申込する際の記入情報

<審査申込み者情報>
1.氏名
2.旧姓
3.生年月日
4.性別及び独身or既婚
5.メールアドレス

<自宅の情報>
1.郵便番号・住所
2.電話番号
3.住居種類(自己所有一戸建て・自己所有マンション・家族所有一戸建て・家族所有マンション・賃貸マンション・賃貸アパート・賃貸公団住宅・賃貸公営住宅・社宅一戸建て・社宅マンション・社宅アパート・社宅寮)
4.入居年月日
5.住宅ローン、家賃の負担は、あなた又は配偶者にあるのか?
6.家族構成

<勤め先の情報>
1.会社の名称
2.所属部署(任意)
3.勤め先の住所
4.勤め先の電話番号
5.社員数
6.事業内容
7.入社年月
8.勤務形態(正社員・自営・派遣・アルバイト・パートなど)
9.職種(事務・営業・販売・運転手・接客・個人経営・法人経営など)
10.収入(月収と年収の税込の金額)
11.収支等(月の収入の中からあなたが支払う月々の家賃・住宅ローン・生活費を差し引いた金額を記入する)
12.給料日
13.保険証種類(社会保険・組合保険・共済保険・日雇保険・船員保険・国民健康保険・社名入国保)
14.休日は何曜日?(任意)

<他社借入れ情報>
1.他社借入件数及び借入総額

<その他>
・希望限度額(カードの利用限度額)10万円~500万円を選択
・審査結果通知(携帯・自宅・勤務先から選ぶ)
・振込口座の登録
・アンケート

アコムの審査申込み時に記入する情報は以上です。これを元に審査が行われます。アコムの担当者から電話があり、その他にも、いろいろ聞かれることもあります。また職場への在籍確認等も行われ、仮審査に通過したら、身分証明書や収入証明書(50万円以上の借入れ・もしくは他社と合わせて100万円以上になる場合)をメールやFAXで提出して本審査に通過しカードローンの契約後、キャッシングが可能になります。

カードの受取りは、郵送、または店頭、無人契約機で受け取れます。キャッシング方法は振込またはATMからのキャッシングです。

30日間無利息サービスは、契約日から30日間です。借入れから30日間ではないので、契約後はなるべく早くキャッシングしたほうがお得です。30日間無利息サービスはアコム利用が初めての方、35日ごとの返済方式を選択した方です。


「プロミス」ネット申込する際の記入情報

<審査申込み者情報>
1.氏名
2.生年月日
3.性別
4.家族構成
5.電話番号
6.自宅の固定電話の有無
7.運転免許証・運転経歴証明書の有無

<自宅の情報>
1.郵便番号・住所
2.住まいの種類(持家?賃貸?などなど)

<勤務先の情報>
1.勤務先の名称
2.勤務先の住所
3.所属部署(必須でない)
4.勤務先電話番号
5.社員数
6.雇用形態(正社員?アルバイト?パートなど)
7.最終学歴
8.入社年月日
9.年収
10.業種
11.職種
12.健康保険証の種類

<カードローン契約方法>
WEB契約・来店契約・郵送契約

WEB契約は「審査申込み」⇒「必要書類送信」⇒「審査結果」⇒「振り込みによる融資」⇒「契約書類・ローンカード郵送」

来店契約は「審査申込み」⇒「審査結果」⇒「来店」⇒「契約書類・ローンカー受取り」⇒「キャッシング」
※無人契約機でもOK

郵送契約は「審査申込み」⇒「審査結果」⇒「契約書類・ローンカード郵送」⇒「書類をプロミスへ返送」⇒「融資開始」

この3つから契約方法を選びます。

<アンケート>
審査申込みのきっかけとなった広告などに関するアンケートに答えます。

上記を入力後、確認画面で入力内容を確認して次に進みます。

<借入状況>
1.他社の借入れ件数・借入金額
2.今回の借入希望額
3.振込融資希望する・しない
4.希望契約額(極度額)

<振込先口座の情報>
1.金融機関名・支店名
2.口座種別・口座番号
3.振り込み名義人(プロミスorパルセンター)※消費者金融を利用していることを書くすための配慮です。

<その他>
・メールアドレスの登録
・カードの暗証番号
・返済方法の選択
・審査結果の連絡方法の選択(メール・携帯電話・勤務先)
・書面の受取り方法

以上が消費者金融のプロミスカードローンのネット審査申込み時に記入する情報です。やはりアコムとほとんど同じような情報を収集する感じですね。もちろん勤め先への在籍確認の電話はあります。

プロミスの場合、メールアドレスの登録と、書面の受取り方法をWEBに選択すると、30日間無利息のサービスを受けることができます。ただ、アコムの30日間金利0円サービスを違う点は、プロミスの場合、初回借入れから30日間です。(アコムは契約日から30日間です。)



モビットやアイフル、ノーローンなど他の大手消費者金融も同じような情報を記入して審査に申し込む形になります。

今回は、ネットによるカードローンの審査申込みで記入する情報をお伝えしましたが、電話による審査申込みでも、郵送による審査申込みでも、審査時に聞かれることは同じです。

審査時に必ず聞かれる会社(勤め先)の情報などは、意外とわからないことも多いので、事前に調べて、カードローンの申込をスムーズに行ってください。

このページの先頭へ