コンビニATMでキャッシングできるカードローン一覧

gsgwgw
コンビニは24時間営業で、設置してあるATMも基本的に24時間365日利用できます。コンビニATMと提携しているカードローンなら、土日祝日、深夜など急にお金が必要になった時にキャッシング可能です。

また、わざわざ銀行に振込みに行かなくても、返済時にもATMを利用できるので、コンビニATMと提携しているカードローンはとても便利です。

コンビニのATMは、コンビニエンスストアの最大手セブンイレブンに設置してある「セブン銀行ATM」ローソンに設置してある「ローソンATM」、そして、その他のたくさんのコンビニエンスストアと提携している「E.net」が有名どころです。

この3つのコンビニATMと提携しているカードローンを選べば、日本全国、どこにいてもまず困ることはないでしょう。

ここではコンビニATMと提携しているカードローンをご案内します。


コンビニATMと提携している消費者金融カードローン

消費者金融会社
セブン銀行
ローソンATM
E.net
アコム
プロミス
アイフル
モビット
ノーローン


コンビニATMと提携している銀行カードローン

銀行
セブン銀行
ローソンATM
E.net
三菱東京UFJ銀行バンクイック
みずほ銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
住信SBIネット銀行Mrカードローン

※借入時手数料0円

※借入時手数料0円

※借入時手数料0円
イオン銀行カードローンBIG
×
×


代表的なコンビニATM3つ

セブンイレブン「セブン銀行ATM」

セブン銀行ATM」は全国のセブンイレブン、イトーヨーカ堂をはじめ、さまざまな商業施設、金融機関、駅や空港、オフィスビルなどに設置され、2012年現在では全国に16,000台以上設置されています。

セブン銀行ATMでは、硬貨の取り扱いはできませんが、提携カードローンのキャッシング、返済はもちろん、現金の引き出し、残高照会、海外送金サービス、振り込みなどを利用することができます。

現金での振込は取り扱っていませんが、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、群馬銀行、静岡銀行、新銀行東京、セブン銀行、千葉銀行、東邦銀行、八十二銀行のキャッシュカードによる振り込みが可能です。


ローソンATM

全国のローソンに備え付けの「ローソンATM」も、全国に1万台以上設置されています。基本的に24時間利用することが可能ですが、AM3時~AM4時の間の15分程度、メンテナンスの為利用できません。

ローンカードを使ったキャッシング、返済はもちろん、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、などのカードを使って振込をすることも可能です。

セブン銀行ATMと同様に、通帳の記帳、硬貨の取り扱い、記帳、公共料金の支払い等は行えません。


様々なコンビニに設置してあるATM「E.net(イーネット)」

E.net(イーネット)」は、大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」「サークルKサンクス」「ミニストップ」をはじめ、スリーエフ、ポプラ、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、セイコーマート、ココストア、エブリワン、コミュニティストア、ニューデイズに設置されています。

他にも、コンビニ以外では、ライフ、マルエツ、サミットなどのスーパーや、ドンキホーテ、コストコ、カインズホーム、JRAやハウステンボスなどのレジャー施設、生協関連施設なのにも「E.net(イーネット)」は設置されています。

「E.net(イーネット)」の設置台数は全国で「13,323台(2015.7月現在)」です。

E.netと提携している金融機関なら、出金、入金はもちろん、カード振込、残高照会などを行うことができます。もちろんローンカードを使った借入れ、返済も行うこと行うことができます。またクレジットカードを使ったキャッシングもできます。

利用時間は土日・祝日もOKで24時間利用することも可能です。

硬貨の取り扱いは、セブン銀行ATM、ローソンATMと同様に取り扱いはありません。1回の取引で50万円まで入金可能で、出金は最大20万円です。



上記で紹介した3種類のコンビニATMと提携しているカードローンを選べば、かなり便利です。

また、ゼロバンクATMというものもあります。ゼロバンクATMは、愛知県、岐阜県ののサークルKサンクスに設置してあるATMです。提携金融機関は三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、三井住友銀行、みずほ銀行をはじめ、約1,500あります。利用時間は一部都市銀行を除き、平日8:00~21:00、土日祝日は9:00~17:00です。また、もうひとつ「バンクタイム」というATMもあり、それは全国34都道府県のサークルKサンクスに設置してあるATMです。

その他、ミニストップに設置してあるイオン銀行ATMなど色々あります。

※コンビニATMについてここで詳しく解説されています。


コンビニATMを使うデメリット

コンビニATMを使ったキャッシングや返済は、基本的に土日、祝日でも24時間行うことができますし、全国どこにでもあると言っても過言ではないので、とても便利で、メリットばかりと思いますが、少しだけデメリットがあります。

まず、ATM利用する時にかかる手数料です。例えばプロミスの場合だと、プロミスATM及び三井住友銀行のATMを使えば、手数料が無料になりますが、セブン銀行やローソンATM、E.netの場合だと、1万円以下の借入れ、返済には108円、1万円以上だと216円の手数料がかかります。

それと、もうひとつのデメリットは、返済方法をATMや振込に設定している方は、返済忘れのリスクがあります。うっかり忘れてしまいそうな方は自動引き落としにしておくと良いでしょう。

返済が遅れてしまうと、遅延利息(遅延損害金)が取られたり、あなたの信用情報に傷がついてしまう恐れがありますのでご注意ください。

このページの先頭へ