ネット専門「大和ネクスト銀行」フリーローンの審査申込み方法

ネット銀行である「大和ネクスト銀行」フリーローン」の審査申込み方法を解説。利息や限度額、借入れ・返済方法や審査基準などについても説明します。


大和ネクスト銀行カードローン基本情報

実質年率(利息) 4.0%~9.5%
審査に申込める方 大和ネクスト銀行に円預金口座を開設しており、お申し込み時の年齢が満20歳以上満60歳以下の方。安定かつ継続した収入が見込める方。当社指定の保障会社(株式会社ジェーシービー)の保障を受けることができる方
貸付限度額 10万円以上500万円以内(10万円単位)、学生は10万円
担保・保証人 不要
返済方式 残高スライド方式


大和ネクスト銀行フリーローンサービスの特徴

大手証券会社である大和証券がバックボーンとなっているネット銀行、大和ネクスト銀行では、独自のフリーローンサービスを取り扱っています。

また、フリーローンなどのローンを取り扱っている多くのネット銀行では口座開設後にローン専用カードが発行されますが、大和ネクスト銀行フリーローンではローン専用カードの発行はなく、契約後の利用手続きは、すべてインターネット上で行います。

また、大和ネクスト銀行の保証会社は消費者金融などではなく、クレジットカード業界の大手、株式会社ジェーシービーとなっています。


大和ネクスト銀行フリーローン「審査基準」

満20歳~満60歳までの方で、継続的な収入が見込める方であればどなたでも申し込むことが可能ですが、収入のない専業主婦の方は世帯収入があったとても申し込むことができません。

パート、アルバイトの方であっても、一定額の収入があれば審査に申し込むことが可能ですが、審査基準により、借入限度額が制限されることもあります。年金収入は収入として認められませんので、申し込みを行うことができません。

また、200万円以上の借り入れを希望する場合には、借り入れを希望する本人の収入証明書の提出が必要となります。
※収入証明書…給与収入のある方は、源泉徴収票、給与支払い明細書(直近2ヶ月分)、確定申告書(第一票のみ)、住民課税証明書、事業収入や不動産収入のある方は確定申告書(第一票のみ)、納税証明書(その1、その2)、納税通知書、住民課税証明書

ここで気になるのがJCBカードで遅延した等の金融事故履歴があった場合には審査の通過が難しくなるのではないか? という問題なのではないかと思いますが、筆者が実際に大和ネクスト銀行サポートセンターに問い合わせを行ってみたところ、申し込みの段階ではなんとも言えず、また詳しい審査内容は公表していないとのことでした。

大和ネクスト銀行のフリーローンは、他行や金融業者と比較した場合に審査が厳しいとの噂があるようですが、こればかりは申し込んでみないとわからないということがわかりました。


大和ネクスト銀行フリーローン「審査申込方法」

大和ネクスト銀行フリーローンはインターネットから申し込むことができます
窓口や電話などによる申し込みではなく、すべてがインターネット上で完結するシステムとなっているため、便利である反面、インターネットの操作に慣れていない方にとっては少々不向きなサービスかもしれません。
仮承認された場合には、勤務先へ在籍確認の電話連絡が入ります。


大和ネクスト銀行に円預金口座をお持ちでない場合

平成25年に、大和ネクスト銀行のみの新規開設は停止されていますが、すでに大和証券に口座をお持ちの場合であれば、通常通り大和ネクスト銀行円口座の新規開設を行うことができます。


大和証券総合口座&大和ネクスト銀行口座の同時申し込み方法

1.インターネット
大和証券ホームページより、「証券総合口座開設」に進み、「クイック口座開設(無料・要印字用プリンター)あるいは「らくらく口座開設(無料・印字用プリンター不要)のいずれかを選択します。

どちらも音声による解説に従いながら入力することが可能ですので、必要性を感じた場合には「音声による解説をONにする」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

「お手続きの開始」をクリックし、同意書の中の「私(本講座の名義人)は、以下の①及び②をそれぞれ確約します」のチェックボックスにチェックを入れて「次へ」をクリックします。

「ダイワMRF目論見書」をクリックして、内容を確認します。この部分を確認しなかった場合には、「上記書面の内容をよくお読みになりましたか?」で、「はい」を選択しても、次ページへ進むことができませんので注意して下さい。

「同意のうえ、口座開設を申し込む」をクリックし、必要事項をすべて記入し、「各種書面等のご確認」で「大和ネクスト銀行の取引約款規定集」、「スウィープサービス取扱規定」をクリックして内容を確認します。

「同意のうえ、大和ネクスト銀行円普通預金口座の開設およびスウィープサービスを申込む」をクリックします。

情報共有に関する同意書を確認し、「私は、上記全ての事項にについて内容を確認し、またその内容に同意します」チェックボックスにチェックを入れ「次へ」へ進みます。

ここでは各種取引の経験や、今後の取引予定などを聞かれますが、これは適当に選択しても大丈夫です。

「口座開設の申込み」まで進み、内容をプリントアウトします。

クイック口座開設を選択した場合には次ページで「お申込書一式の郵送方法」に従い必要書類をまとめて郵送しますが、らくらく口座開設を選択した場合では、先方から書類が送られてきますので、必要事項を漏れなく記入し、返送します。

・店舗
お近くの大和証券で口座開設の申し込みを行うことができます。その際には、印鑑と身分証明書が必要となります。また、あらかじめ来店予約を入れておくことにより時間の削減につながりますので、大和証券ホームページの「口座開設」より、「ご来店予約」から予約を入れておくと便利です。

また、店舗では口座開設を行うことはできますが、フリーローンの申し込みはインターネットのみとなっているため、申し込みを行うことができません。


口座開設資料を取り寄せる

大和証券ホームページの「口座開設」より、「インターネットでのお取り寄せ」または「お電話でのお取り寄せ」を選択します。

大和ネクスト銀行のフリーローンは、円預金口座を所有している場合であっても審査に2~3日の時間を要することがありますので、即日融資は難しいと考えておいたほうが無難です。

大和ネクスト銀行フリーローンは低金利でとても魅力的ではありますが、今すぐにお金が必要であるという方にとっては不向きであると判断することができます。


大和ネクスト銀行フリーローン「借り入れ方法」

大和ネクスト銀行に口座を所有しており、審査に通過することができた場合には即日融資が可能ですが、当日の14時までにすべての契約手続きを済ませた上で、15時までに大和ネクスト銀行に入金されたお金を、ご自身が所有する別の銀行へ振り込む必要があります。

というのは、大和ネクスト銀行ではキャッシュカードの発行を行っていないため、他行へお金を移動させない限り、現金を手にすることができないからです。

ただし、大和証券に口座を所有している、または新規開設した場合にダイワカードを発行しておくことにより、ダイワカードから大和証券経由で大和ネクスト銀行円口座からローン専用口座への振替を行うことが可能となります。

ここが少々ややこしい部分なのですが、フリーローンを申し込む際には、まず大和証券の口座を開設し、なおかつ大和ネクスト銀行の円口座を開設する必要があり、大和ネクスト銀行の中にローン専用の口座番号が与えられるとのことです。


大和ネクスト銀行フリーローン「返済方法」

毎月の約定返済日(27日。27日が銀行定休日だった場合には、翌営業日)に、ローン専用口座から自動引き落としにより返済を行います。この際、ローン専用口座の残高が不足している場合には、円預金口座より自動振り替えにて振替返済となります。


追加返済・一括返済

一部返済と全額返済を行うことが可能です。
まず、大和ネクスト銀行のサイトへアクセスし、ローン→フリーローンから「ご返済(随時返済)」を選択、一部または全額返済を決定します。この場合、他の金融機関からの振込返済となりますので、振込手数料が別途必要となります。

また、約定返済日による返済が遅延している場合には、随時返済を利用することはできません。

毎月の返済金額は、50万円以下では1万円、50万円超~100万円以下では2万円となっております。

このページの先頭へ