足利銀行カードローンMo・Shi・Ca(モシカ)審査申込み案内

足利銀行のあしぎんカードローンMo・Shi・Ca(モシカ)の金利や審査申込み資格、借り方、返し方、審査基準、返済方法などの詳細について解説して行くことにしましょう。

足利銀行カードローンMo・Shi・Ca(モシカ)基本情報

実質年率(利息) 5.8%~14.8%
審査申込資格 契約時の年齢が満20歳以上65歳未満の方で、当行エリア内にお住まいの方(東京都を除く)、申込者ご本人または配偶者に安定的な収入のある方(年金受給者含む)、保障会社(アコム株式会社)の保障を受けることができる方、その他足利銀行の融資基準を満たしている方。※学生の方は申し込みを行うことができません
貸付限度額 10万円~500万円(10万円ごと)
担保・保証人 不要
返済方式 リボ払い型返済方式


足利銀行カードローンMo・Shi・Ca(モシカ)のメリット

足利銀行カードローンMo・Shi・Ca(モシカ) のローンカードにはオートチャージ機能が備わっているため、公共料金やクレジットカードの引き落とし日までに現金を用意することができなかった場合にも自動融資を受けることができますので、とても便利です。

また、オートチャージ機能を利用する際には特別な手続きは必要ありません。
ただし、オートチャージ機能は足利銀行のカードローンMo・Shi・Caには適用されず、公共料金や他クレジット会社のカード支払いの場合のみ適用となります。

そして、借入限度額が10万円以内の場合には、月々の返済が2,000円と非常に定額になっているという点も見逃すことができないメリットであるといえるでしょう。


あしぎんカードローンMo・Shi・Ca(モシカ)の審査基準について

年収の一定基準が定められていないため、比較的収入の低いアルバイトやパートで年収が不安定の方でも申し込みが可能です。また、専業主婦でも審査に申し込むことが可能ですが、その際には配偶者に安定した収入があることが前提となります。

ただし、年収と比較して無理のないプランであるかどうかというところが重視されますので、年収が比較的低い方の場合には、やや低めの希望融資金額を設定することをお勧めします。年収証明書は一切不要です。

年金受給者でほかに収入がない方でも十分に審査を通過できる可能性がありますので、他行や金融業者で門前払いを食らってしまった方でも、十分に審査を通過できる可能性はあります。

さらに、足利銀行カードローンの保証会社であるアコムの審査に通過できなかった方であっても安心して申し込むことができます。

足利銀行は栃木県を拠点としている銀行で、群馬県、埼玉県、茨城県に店舗を展開していますので、営業店舗が存在しない東京都内在住の方は、職場が足利銀行の営業エリア内であったとしても申し込むことができません。

この部分が最大のデメリットであると考えることができますが、足利銀行営業エリア内にお住まいの方にとっては、とも有利なカードローンであるといえるでしょう。


足利銀行カードローンMo・Shi・Ca(モシカ)審査申込方法

審査申込方法は4種類で、インターネット、電話、郵送、FAXで申し込むことができます。

電話による審査申込み

℡ 0120-881-714(フリーダイヤル)
平日9:00~18:00(銀行休業日は除く)
※お電話で申し込みの際には、本人確認資料(運転免許証、健康保険証など)をご準備下さい。


インターネットによる審査申込み

足利銀行のホームページの「かりる」より「カードローンMo・Shi・Ca(モシカ)」を選択、かんたんお申込みに進みます(24時間365日申し込みが可能)。必要事項をすべて記入したら送信し、審査結果の連絡を待ちましょう。
※申し込み内容の確認のため、電話連絡が入ることがありますが、これは審査結果ではありません。

郵送による審査申込み

足利銀行のホームページの「かりる」より「カードローンMo・Shi・Ca(モシカ)」を選択、ページ下部の「郵送でのお申し込みはこちら(資料請求)」より資料を請求し、必要事項を記入した上で足利銀行へ返送します。

FAXで審査に申し込む

足利銀行のホームページの「かりる」より「カードローンMo・Shi・Ca(モシカ)」を選択、ページ下部の「FAXからのお申込みはこちら」より、FAX要のお申込書をダウンロードし、必要事項を記入します。また、申込時には本人確認書類が必要となりますので、運転免許証や保険証などをあらかじめ用意しておきましょう。

※カードローンMo・Shi・Ca お申込みFAX番号
0120-881-951(フリーダイヤル)

審査結果

審査結果は、携帯電話またはご自宅のいずれかにかかってきますので、ご希望の電話連絡先を指定しておきましょう。また、申込書とローンカードは郵送で送られてきますが、足利銀行が通常利用している封筒を使用しますので、外観からはローン関係書類であることはわかりません。


来店は不要?即日融資は可能?

電話またはインターネット、FAXで申し込みを行った場合には、来店の必要はありません。また、最短で即日審査回答を得ることが可能ですが、融資は最速で翌日となります。その際には、平日の15時までに申し込みを完了しておく必要があります。

ただし、カードローン申し込み以前に足利銀行とお取引のない場合には、返済用口座を開設する必要があり、来店が必要となる場合があります。

この部分を電話で問い合わせてみたところ、申込の段階では来店不要で口座を所有している必要はありませんが、審査を通過して契約となった場合には、最寄りの店舗にて足利銀行の返済用口座の開設が必要となるのだそうです。


足利銀行カードローン借入れ方法

カードローンの契約が成立した場合には、足利銀行、ゆうちょ銀行のATM、セブンイレブン、イトーヨーカドーなどのセブン銀行ATMを設置しているコンビニやスーパー、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、とりせん、セーブオン、スリーエフ、コミュニティストアなどのイーネットATMを設置しているコンビニやスーパーからのキャッシングによる借り入れが可能とります。


足利銀行カードローン返済方法

毎月5日に返済用口座から自動引き落としで返済となりますが、前月5日(休日の場合は翌営業日)時点のご利用残高を基準として計算されます。

ご利用残高が10万円以内…2,000円
10万円超20万円以内…4,000円
20万円超30万円以内…6,000円
30万円超100万円以内…ご利用残高が10万円増えるごとに2,000円追加
90万円超100万円以内…20,000円
100万円超150万円以内…25,000円
150万円超500万円以内…ご利用残高が50万円増えるごとに5,000円追加
450万円超500万円以内…60,000円
500万円超…65,000円

専用ローンカードの利用で、借り入れの際に利用することのできるATMより返済することができます。

なお、追加返済・一括返済もATMを利用して行うことが可能です。

このページの先頭へ