何年待てばOK?債務整理後はカードローンの審査に通らない?

何年待てばOK?債務整理後はカードローンの審査に通らない?
債務整理をしてしまうと、その後キャッシングやカードローンなどを利用出来なくなると思われている方も多いのではないでしょうか?

また、債務整理=自己破産であり、債務整理すると借金がゼロになると勘違いされている方もいらっしゃるようです。

しかし、債務整理はあくまでも、債務を整理することであって、借りたお金をゼロにするための制度ではありません。

さらに、債務整理を行っても、その後の経過が良好であれば、一定期間を経過するとカードローン等の審査に申し込むことも可能です。

ではまず、債務整理とはどの様なものなのかについてお話していきます。


1.債務整理とは

様々な理由により多重債務となり、借金返済が困難になってしまった場合、行き詰まってしまうことがあるでしょう。

サラ金などにまで手を出しさらに増える借金に苦しみ、解決法はないと一人で抱え込み、夜逃げの計画まで立ててしまう方もいるようです。

しかし、どの様な多重債務でも必ず解決法はあります。借金に苦しみ、逃げ道のなくなった方をきちんと守るための手続きがあるのです。

それが債務整理です。

債務整理には“任意整理”“個人再生”“特定調停”そして“自己破産”の4種類があります。

どれも、借金を返済したいけれど出来ない方に、支払いやすい方法を提供するための制度ではあるのですが、内容に少し違いがあるので、それぞれ見ていきましょう。


任意整理

債権者に対し、支払いが可能になる方法や金額に変更することができないか交渉することです。債権者が利息制限法の上限金利を超える金利を設定していた場合、これまで支払ってきた利息分(過払い金)を元金に充て、借金額を減らすなどの方法も取れます。

但し、あくまでも任意であり裁判所も関与しない為、債権者が交渉に応じないケースも多くあります。また、交渉出来たとしても、債権者に有利な条件で話し合いが終了してしまうことも有るので、任意整理を行う際は、弁護士や司法書士等専門の知識のある方に依頼して話し合いを進めるようにした方がいいでしょう。

しかし専門家に依頼すると依頼費用がかかってしまいます。さらにここで整理が可能となっても、実際に借金がなくなるわけではないので、今後も継続して返済していかなければなりません。

それまでの返済よりは楽になると思いますが、任意整理したという事実が信用情報機関に記録されること、専門家への依頼費用がかかってしまうこと、借金はなくならないこと、を踏まえたうえで、本当に任意整理が必要かどうかしっかり考えてから手続きを行うことが大切です。

この返済がきちんと遅延なく行われると、完済後、また新たな借り入れも可能となってきます。


個人再生

今後も安定した収入が得られるサラリーマンなどに可能となる制度です。裁判所が関与し、住宅ローンを除くそれ以外の消費者金融などからの借金の支払いを一時中断させます。
そして借金総額を5分の1程度にまで減額し、その金額を3年~5年かけて分割して支払うことが出来れば、残りの借金は免除されるという制度です。

借金を大幅に減額してもらえるので、それまで延滞していた住宅ローンの返済を行うことも出来るようになりますね。マイホームを手放すことなく生活も立て直すことが出来、もう一度新たな人生を再生させることが可能となるのです。

自己破産と似ているようですが、一定額は必ず支払わなければならないことと、マイホームや車などの資産を手放す必要がない点で異なってきます。

但し、この手続きにを行うと個人信用情報(ブラックリスト)に掲載されてしまうので、その後5年から10年はキャッシングやカードローンなどの借り入れを利用出来なくなってしまいます。こちらもまたメリットデメリットについて慎重に考えてから手続きを進めることが大切です。


特定調停

内容は任意整理と似ているのですが、ここでは簡易裁判所を利用するという点で異なってきます。

任意整理の場合は裁判所が関与しないため、債権者が交渉に応じなかったり、債権者に有利な条件で手続きが行われてしまう危険性がありましたが、特定調停では債権者との交渉は調停委員が行ってくれるので安心です。

また、弁護士や司法書士等の専門家に依頼する必要がないので、依頼費用もかかりません。

しかし、この手続きを行うと個人再生同様、個人信用情報(ブラックリスト)に掲載されてしまうので、特定調停確定後の支払いをきちんと行わなければ今後の借り入れも難しくなってきてしまいます。


自己破産

こちらがよく耳にする事の多い債務整理の方法ではないでしょうか。全ての借金において支払いが不能となった場合に、裁判所に申し立てを行い、借金をゼロにしてもらう制度です。

本当に支払い不能かどうかというのは、収入や借金額、資産などを総合的に調査し、判断されることになります。

申し立てを行っても、調査結果の内容によっては免責を認められない場合もあります。ギャンブルや浪費によって増えてしまった借金などがそれに当たります。このような自己管理不足により増えた借金はどんなに申し立てを行ってもゼロにはならないので、浪費は抑えるように日頃から気をつけることが大切です。

また、財産を隠すなど嘘をつく行為も免責不認可に繋がってしまうので、気を付けましょう。

免責が認められて借金がゼロになったとしても、メリットばかりではありません。マイホームや車など、手放さなければならない資産も出て来てしまうので、こういったデメリット部分もしっかり考えたうえで、自己破産はあくまでも最終手段と思っておくことが大切です。


2.債務整理後のカードローン申し込み

債務整理後、指定された返済額をきちんと支払ってきたか否かによっても期間は変わってきますが、5年から10年は個人信用情報(ブラックリスト)に掲載されることになります。

早ければ5年でブラックリストから削除され、借り入れ可能となる場合もあります。

ですが、特に自己破産の場合、なぜ多重債務になったのか、なぜ支払えなくなったのか、借金に対する返済計画等について深く考えることなく免責されてしまう場合が多いのです。そのため、また同じ過ちを繰り返してしまうケースも多発しています。

一度自己破産したなら、反省と気持ちを引き締めるための期間が必要となります。

自己破産以外の債務整理についても、きちんと決められた返済を滞りなく済ますことが出来、借金に対しての考えを改めることが出来たなら、同じ過ちを繰り返さないよう気持ちを引き締めたうえで、借入の申し込みを行うようにしましょう。


3.債務整理後、カードローンの審査に通りやすくするには

きちんと返済を終わらせ、ブラックリストからも消去されると、通常のカードローンの審査申し込みも可能となります。しかし、債務整理したときと同じ業者に再度申し込むと、審査に通らない傾向にあります。

一度債務整理され、回収すべきお金を回収出来なかった人に対して、もう一度信用してお金を貸し出すということは、なかなか行いたくないものですよね。また同じことを繰り返してしまう可能性もあるので、リスクを回避するために貸し出さないのは当然でしょう。

ですから、債務整理したときとは違う銀行や消費者金融などの貸金業者を選んだ方が無難でしょう。

債務整理を行っても、カードローンを申し込むことも、審査に通ることも可能ですが、一度債務整理をしたのであれば、その事実としっかり向き合い、同じことを繰り返さないようにきちんと反省することも大切です。

このページの先頭へ