不動産担保ローンとカードローンの審査はどっちが緩い?

不動産担保ローンとカードローンの審査はどっちが緩い
ローンの申し込みをする際、一番気になるのは、審査に通るかどうか、という部分ですね。勿論金利が低く、その金融機関や提携のATMが借入しやすい場所にあるなどの条件が満たされていることも大切ですが、そのような便利さも、審査に通過しなければ意味がありません。

同じ額を借りるとしても、その金融機関や借入の種類によって審査内容や審査への通過のしやすさなども変わってきます。

そこで、今回は、不動産担保ローンと銀行カードローンの審査の違いについて見ていきたいと思います。


1.不動産担保ローンとは

その名の通り、不動産を担保として行われるローンのことを指します。担保となる不動産の価値によって借入額も変わってきます。一般的に、その不動産の価値の約7割までが融資上限額となっています。

ここで言う不動産と言うのは、自分の家はもちろんのこと、自分名義の不動産、マンション、相続登記した不動産などが含まれます。

不動産担保ローンのメリットデメリットについて見ていきましょう。


不動産担保ローンのメリット

・高額融資可能
不動産と言う大きな担保を提供するので、信用度が上がります。そのため、高額な融資も可能となってきます。

・資金使途が自由
使い道に制限がないため、自分の好きなことに利用出来ます。通常高額融資となると、住宅ローンやマイカーローンなど、資金使途別にローンを組み、それ以外の使い道に利用できないものがほとんどです。

しかし、この不動産担保ローンを利用すると、例えば、子供の受験や学費などの教育費用の他、自宅の修理やリフォーム費用、医療費などに回すことも自由なのです。自分の用途に応じて使う事が出来るので、便利ですね。

また、「近々融資される予定だけれどそれまでの間、お金が必要」と言う、不動産売却などのつなぎ融資として利用することも可能です。

・金利が低い
あらかじめ、不動産と言う担保を提供しているので、債権者側もリスクが少ないというのがこのローンの特徴です。そのため、金利も低く設定している会社が多いようです。

例えば、金利の高いローンを複数持っている場合、不動産を担保にして、低金利の不動産担保ローンひとつににまとめてしまうという事も可能です。そうすることで返済額も減り、あちこちに支払う必要もなくなり、借入残高も明確になりますし、支払いやすくなりますね。

また、不動産担保ローンのキャンペーン期間中であれば、3%程度で借りれる場合もあるので、キャンペーン情報を把握しておくとよりお得に借りられるでしょう。

・担保物件の住宅ローン返済中でも可能
担保物件の住宅ローンが完済していなくても、その物件を担保として借りることも出来ます。しかし住宅ローンが第一抵当権であり、この不動産担保ローンは第2抵当権をつけることになってしまいます。

通常、何かしらの理由で支払いが不可能となった場合、抵当権を付けている順に返済に充てられていくことになるので、担保となる物件の評価額が、住宅ローンの残債と同額程度になってしまうと、万が一の場合に第2抵当権を付けた不動産担保ローンには回ってこないことになります。

これでは担保の意味がないので、審査には通らなくなってしまうでしょう。

物件の評価額が高く、住宅ローンの残債も減っており、第2抵当権を付けても担保として十分な効力を発揮できると考えられた時には、住宅ローン返済中でも物件を担保として不動産担保ローン利用可能となります。


不動産担保ローンのデメリット

・自宅を失うリスク
今住んでいる自宅を担保とした場合、もし支払いが不可能となってしまうとその家を手放さなければならなくなってしまいます。突然住む家を失うというのはとても大きな損失です。

担保として提供するからにはしっかりと返済計画を立ててから慎重に借入するようにしましょう。

・追加担保
不動産と言うのは価値がどんどん変動していくものです。価値が上がるものもありますが、下がっていくものの方が多いのが現実でしょう。下がった担保の価値に対して借入額がふさわしくないと感じられた場合、追加担保を請求される場合もあります。

そのためには、限度額ギリギリまで借入しない方が安全でしょう。

・一括返済ができない?
低金利としているのは、高額融資であり、長期の返済になることを見越しての優遇である場合が多いものです。そのため、途中で一括返済してしまうと、債権者側のメリットが大幅にカットされることになってしまいます。そのようなことを避けるために、一括返済する場合に「違約金」等を設定している金融機関もあります。

違約金がなくても、手続きに関して、高額な手数料を必要とする場合もあるので、あらかじめ繰り上げ返済した場合の手続きについて確認しておくことが大切です。

・ノンバンクの落とし穴
銀行以外の不動産担保ローンは審査に通過しやすく、銀行よりも比較的借りやすくなっています。しかし、高金利を設定している場合が多いので、注意しましょう。


2.カードローンとは

カードローンと言うのは私たちの身近にあるローンで、無担保で借りられる貸付制度です。無担保であるため、債権者側はリスクを最小限に抑えるために、じっくり審査する傾向にあります。

但し、高額な年収がなければならないなどの条件はありません。貸したお金を利息と共に回収することが目的ですので、きちんと返済能力があると認められれば借入することが可能です。

一般的な条件としてあげられるのは、

・安定した収入があること
・定職に就いていること

です。

これくらいの条件であれば、社会人なら可能ですね。

また、限度額が10万円程度に低く設定されているものであれば、学生やアルバイト、パートでもカードローンに申し込むことができます。

銀行カードローンのメリットデメリットについても見ていきましょう。


銀行カードローンのメリット

・資金使途が自由
不動産担保ローンほどの高額融資は行えませんが、100万円程度の限度額内であれば何度でも引き出し、自由に使う事が出来ます。次の給料まで少し足りないという場合や、冠婚葬祭などで突然お金が必要になった場合、ちょっとした旅行の御小遣いなどにも利用出来てしまいます。

・返済額が一定
前月に借入しすぎてしまっても、毎月の返済額は一定なので、支払いに困ることがありません。どんなに大きな買い物をしても、限度額内であれば可能ですし、延滞してしまう危険が少ないので、安心ですね。

・低金利
不動産担保ローンよりは担保がない分高金利となりますが、他の消費者金融のキャッシングよりは比較的低金利で設定されています。


銀行カードローンのデメリット

・返済がいつまでも終わらない
毎月の返済額が一定であり、限度額内であればいつでも何度でも引き出し可能なので、借金をしているという感覚が減ってしまうのがカードローンです。

借りれば借りた分、返済額が変わるのではなく、返済期間が伸びていくだけなのです。すると知らず知らずのうちに長期化してしまい、いつまでも終わらないという状況に陥ってしまいます。

・低金利の落とし穴
金利も、基本的に消費者金融のキャッシングよりは低く設定されていますが、返済が長期化してしまうと、総支払額は当然増えてしまいます。すると高金利で短期間で返済を終えた方がお得になってしまうこともあります。


3.不動産担保ローンとカードローンの審査の比較

これら2つのローンの特徴がわかったところで、どちらのローンの申し込みをするか考える前に、審査の通りやすさについて確認しておきましょう。

まず不動産担保ローンでは、通常のローンのように、職業や年齢、年収や勤続年数等の属性について審査されます。しかし、不動産という大きな担保を提供するという点で、この属性に関しての審査は比較的緩い傾向にあります。

重要なのが、不動産の価値評価です。ここで不動産の評価額が融資希望額よりも低いということになってしまうと、これもまた融資してもらうことが出来なくなってしまいます。
しかし、今現在住んでいる自宅であれば担保としての価値も当然ありますし、その価値の7割までの借り入れに設定すると、審査には通りやすいと言われています。

一方カードローンに関しては無担保ローンになるので、個人の属性に関しての審査が厳しくなってしまいます。

安定した職に就いていなかったり、収入に不安定さが目立っていたり、過去に支払事故があり、個人信用情報に掲載されているなどの場合は、カードローンの審査に通過することができません。

限度額が低いものであれば可能の場合もありますが、担保を提供するローンよりも審査は厳しい傾向にあるでしょう。

ただし、担保を提供するローンは、支払いが不可能となった場合のリスクも高いので、しっかり考えたうえで借入申し込みを行うことが大切です。

このページの先頭へ