専業主婦でも借りれるカードローンはどんな審査があるの?

専業主婦でも借りれるカードローンはどんな審査があるの?
改正貸金業法が施行されたことにより、新たに総量規制というものが定められました。これにより、私たちは貸金業者から年収の3分の1以上の借り入れが出来なくなってしまったのです。

これは1つの貸金業者からのみではなく、複数の借り入れがある場合はその全てを合計した総額が3分の1を越えてはならないということです。

ここで指す年収には、年金や恩給、事業所得なども含まれますが、専業主婦の様な無収入の方だとこの規制に引っ掛かり、借入自体が出来なくなってしまいます。

無収入で、これから借入をしたいと考えている方にとって、この規制は少し不便なものですね。しかし、これは債権者も債務者も守るための大事な規制なのです。

以前はこの様な規制がなかったため、高金利で大金を貸し出す業者も多く存在し、債務者はいくらでも借りられたので、あちこちの金融機関から多額の借金をしてしまうという現状が多く見られました。

その結果、利息ばかりが上乗せされ、支払いきれず、自己破産してしまうというケースも少なくなかったのです。こうなると支払えない債務者も回収できない債権者も苦しい思いをしてしまいますね。

この様な事がないように、総量規制法が設立されたのです。

これにより、債権者は貸したお金と相応の利息をしっかり回収できるようになり、債務者は返せるだけのお金しか借りず、確実に返済していけるようになってきました。勿論例外は多数ありますが、以前よりは返済率回収率共にアップしています。

しかし、この規制があるからと言って、専業主婦は絶対にカードローンを利用出来ないというわけではありません。専業主婦等の収入のない方でも借りられるローンは存在します。

それはどの様なローンなのか、どんな審査があるのかについてお話していきましょう。


1.専業主婦でも借りられるカードローン

総量規制は貸金業法なので、消費者金融やクレジット会社、信販会社などからの借り入れはこの規制の対象となってしまいます。そのため、専業主婦はこの様な会社からの借り入れはできません。

この様な規制がありながらも「収入がなくても貸します」と言う業者は悪徳である可能性が高いので気を付けましょう。

しかし、この貸金業法に基づかない金融機関であれば、借り入れが可能となります。

では、この総量規制がかからない金融機関とはどの様なところでしょう?

それは、銀行法に基づいて行われる、銀行系の貸金業です。

専業主婦で収入がない場合は銀行系のカードローンを選んで申し込みをしてみましょう。


2.銀行カードローンの審査とは

しかし、せっかく審査申し込みに行っても、夫の収入証明書の提出が必要になってしまったり、属性について深い質問が続いたり、旦那さんの会社へ在籍確認されたり・・・と言うことになると面倒ですよね。

専業主婦の場合、旦那さんや家族へ内緒の借り入れのことも多いでしょうから、出来れば、誰にも知られずにこっそりと借りてしまいたいものです。

では、銀行カードローンの詳しい審査内容について見ていきましょう。

まず、銀行カードローンであれば、どこでも確実に借りられるというわけではないことを覚えておきましょう。銀行法に基づいているので、総量規制はかからないのですが、その銀行によっては、「収入がある人」という独自の審査基準を設けている場合もあります。
このような審査基準があると借り入れは出来なくなってしまうので、専業主婦で収入がなくても貸してくれる銀行を探しましょう。

そのような基準がなく、専業主婦でも貸出可能と言う銀行であれば、基本的に審査はそれほど厳しくありません。夫の収入証明書の提出も不要の場合が多いです。

それは、「専業主婦への貸出」→「高金利、低額」と定めている銀行が多いからです。低額であるためリスクも少なく、更に高金利であれば、利益に繋げることが出来ます。

そのため、それほど厳しくない審査の後、即日融資も可能の場合もあるのです。低額で高金利というのは割が合わない気もしますが、50万円以内程度の借り入れを希望していて、家族にも知られたくないと考えている主婦の方にとっては、便利な制度ではないでしょうか。


3.専業主婦可能のカードローン

専業主婦でも申し込みが出来るカードローンと言うのはいくつかありますが、主に以下の銀行で可能となります。但し、夫の収入が不安定であったり、返済能力に懸念があると考えられた場合は審査に通過しませんので、申し込みは可能でも、絶対に借りられるというわけではありません。


東京スター銀行スターカードローン

東京スター銀行スターカードローンも、配偶者(夫)に安定した収入があれば、収入証明書や同意書不要で借入申し込みする事が可能です。但し、申し込みから融資開始までに10日以上かかってしまう場合があります。急ぎではない借り入れの時に利用するといいでしょう。


イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンの限度額は300万円となっています。配偶者(夫)の収入証明書や同意書は不要なのですが、手続きに時間がかかるというデメリットがあります。審査も厳しく、審査に通過してもカード発行までに最短で1週間程度、遅ければ1カ月程度かかってしまう場合もあります。

高額融資を希望している場合には助かりますが、直ぐに借りたい時には少し不便ですね。


じぶん銀行カードローン

じぶん銀行はネット専用の銀行です。じぶん銀行カードローンも上限30万円までで、ネットで手続き完了するので便利なのですが、金利は他の専業主婦可能のカードローンと比べても3%~4%程度高めになっています。


三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、専業主婦の場合、夫の収入証明書と同意書が必要になりますが、この書類の提出が可能であれば、専業主婦でも借入可能です。限度額は夫の収入額によって変わってきますが、10万~300万円となります。



元々その会社のカードを持っている場合は手続きもネットで簡単に行え、即日融資も可能となる場合が多いものです。また、カードローンは分割返済になるので、限度額内であればいくらでも引き出し可能で、毎月の支払額も一定のため、使いすぎた翌月も返済額に悩まされる心配がありません。

但し、いつまでも終わらない返済に悩まされる危険性もあるので、気を付けましょう。


4.カードローンではないけれど

配偶者貸し付けというものもあります。これなら、収入のない専業主婦の方でも、配偶者の収入証明書を元にその3分の1までであれば消費者金融からも借りることができるでしょう。

但し、住民票はもちろんのこと、夫の収入証明書、婚姻が確認できる戸籍謄本、夫の同意書など提出書類が多くあります。これらをきちんと提出できるのであれば、利用するのもいいでしょう。

また最近では、総量規制の施行の為に、消費者金融の方が銀行よりも審査が通りやすいと考えられていたのが、収入の面で審査に通らなくなると、顧客は消費者金融ではなく銀行の方へどんどん流れている自体が起こっています。

そのため、消費者金融も銀行と提携し、銀行法に基づいて貸金業を行える様な仕組みに変換したり、新規顧客獲得の為に金利を引き下げるなどの新たな手法を打ち出し始めています。

銀行側も獲得した顧客を逃さないために、低額の借り入れに対しては審査基準を少し下げたりするなどの手段をとって、消費者金融に打ち勝つべく動きだしています。

この動きは、専業主婦などの収入のない方にとってはとてもありがたいものですね。今後はもっと便利にお得に借りられる制度が作り上げられて行くかも知れません。

このページの先頭へ