東京都民銀行パーソナルカードローンの金利や審査申込み

銀行で取り扱っているカードローンの多くは、消費者金融と比較した場合には全般的に低金利となっており、借入金額によって金利が異なる場合もありますが、東京都民銀行の「パーソナルカードローン」の金利は、年9.8%の固定金利となっています。

また、借入金額は30万円と50万円、100万円から選択することができますので、小口融資が必要な方にとっては非常にありがたいカードローンであるといえます。

それでは、東京都民銀行のパーソナルカードローンの審査基準や申込方法、返済などの詳細について解説して行きます。


東京都民銀行のパーソナルカードローン基本情報

実質年率(利息) 固定金利・年9.8%(保証料含む)
審査申込資格 申込時の年齢が満20歳以上満60歳以下の方で、保証会社(とみん信用保証株式会社)の保証を受けることができる方、原則として日本国籍または日本に永住権のある方、安定した収入があり、租税公課の滞納がない方。パート、アルバイト、主婦は申し込むことができません。

・給与所得者の場合は、利用限度額が30万円、50万円、100万円⇒前年の年収が150万円以上が申込み条件。

・個人事業主の場合は、利用限度額が30万円、50万円、100万円⇒前年の年収が100万円以上
貸付限度額 30万円、50万円、100万円から選択
担保・保証人 不要
遅延利息 20%
返済方式 残高スライド方式




東京都民銀行のパーソナルカードローンの特徴

カードローンの申込対象者が都内近郊に在住または勤務先がある方に制限されていますので、地方の方は申し込むことができません。

また、銀行カードローンの中には、個人事業主が申し込むことのできない商品もありますが、東京都民銀行のパーソナルカードローンの場合では申込が可能、また、年収基準も低めに設定されていますので、比較的申込やすいカードローンであると考えられます。

そして、東京都民銀行パーソナルカードを契約した時点で「公共料金(3種類以上)の自動支払い」「給料又は年金自動受け取り」「積立定期預金または財形預金」「クレジットカード」の4つの取引があれば、最高年2.0%の金利が優遇されます。

東京都民銀行のパーソナルカードローンの審査基準

申込条件に「個人信用情報センターの事故情報の登録がない方」という項目があり、これに該当する方は審査に通過することができません。

※個人信用情報センターの事故情報の登録とは?
個人信用情報センターでは、加盟している会員会社(クレジット会社など)の契約内容や支払い状況などを確認することのできるサービスを提供していますが、過去の支払いに遅延があった場合には事故情報として登録されることがあります。

なお、金融関係の事故情報の他に、任意整理や自己破産などの債務整理の情報も5年~10年保管されます。

このような状態を”ブラックリスト”と呼びます。

⇒詳しくは「 信用情報機関とは?」をご覧ください。

東京都民銀行は個人信用情報センターに加盟している金融機関であるため、このような情報に心当たりのある方は審査の通過を諦めざるを得ません。

また、都民銀行ではカードローンを申し込む際に収入証明書の提出が義務付けられているため、これを提出することのできない方も、申込の段階で門前払いとなってしまうことが考えられます。

ただし、現在までに残債の返済がすべて完了し、なおかつ安定した収入がある場合には完全に望みがなくなってしまうわけではありませんので、仮審査だけでも受けてみる価値はあるでしょう。

東京都民銀行のパーソナルカードローン審査申込方法

FAX、来店ともに、本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民票、印鑑証明書、健康保険証+公共料金の領収書または請求書のいずれか)、前年の所得を証明する書類(住民税の決定通知書、確定申告書冷えか(税務署の受付印のあるもの)の写し、納税証明書、源泉徴収票のいずれか)の提示が必要となります。

FAXの場合は、東京都民銀行ホームページ<の「かりる」より「パーソナルカードローン」を開き、ページ下部の「お申込み・お手続きはこちら」より「パーソナルカードローン仮審査申込書」をダウンロード・プリントアウトし、必要事項を記入の上FAX送信します。

東京都民銀行のパーソナルカードローン借入方法

カードローンの利用で、東京都民銀行ATMまたは提携金融機関のATM及びCDで借入を行うことができます。

※提携金融機関…常陽銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、横浜銀行、山梨中央銀行、東日本銀行、八千代銀行、東邦銀行

※提携コンビニATM…イオン銀行、セブン銀行、イーネット、ローソン

上記の金融機関やコンビニATMのご利用が可能ですが、それぞれ所定の手数料が必要となります。

東京都民銀行のパーソナルカードローン返済方法

東京都民銀行のパーソナルカードローン返済方法は、毎月7日に口座から自動的に引き落とされる形になります。

引き落とされる返済金額は借入残高が「50万円以下の場合は1万円」「50万円を超え100万円以下の場合は2万円」になります。

上記の毎月引き落としの返済の他に、ローンカードの利用で東京都民銀行ATM、CDを利用して随時返済することも可能です。早く返済を終わらせたい方は積極的に随時返済を利用してください。

パーソナルカードローンの申込条件を満たしていない方は?

東京都民銀行では、インターネット支店に口座をお持ちの方であればWEBで手続きを行うことのできる「WEBカードローン」も取り扱っています。

こちらのカードローンでは固定金利ではありませんが、年4.0%~年14.0%と、消費者金融に比べて低い金利を実現しています。

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に居住していること、インターネット支店以外に東京都民銀行との融資取引がないことが前提条件となっており、パーソナルカードローンとは、保証会社も違いますし、審査基準は異なります。

ちなみに保証会社は「株式会社ジェーシービー」です。

そして、融資額は最大で500万円、300万円以下のお借入の場合では収入証明書の提出が不要であるというメリットを持っています。

パーソナルカードローンの審査を通過することができなかった、あるいは仮審査申し込みに関して不安をお持ちであるという場合には、東京都民銀行のWEBカードローンも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ