横浜銀行カードローンの金利や限度額、審査申込み手順

都内近郊で大口融資を希望している方におススメしたいのが、「横浜銀行カードローン」です。銀行のカードローンの中には審査基準が非常に厳しく、専業主婦や年金生活者が申し込むことのできない商品も数多く存在しています。

ですが、そのような方であっても、一定条件さえ満たしていれば審査に申し込むことができるのが「横浜銀行カードローン」です。

横浜銀行カードローンは来店不要で即日融資できるのか?金利は?限度額は?借り方、返済方法は?などなど説明していきたいと思います。


横浜銀行カードローン基本情報

実質年率(利息) 1.9%~14.6%
審査申込資格 年齢が満20歳~69歳以下の方で、保証会社「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)」の保証を受けることができる方及び横浜銀行並びにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意することができる方、安定した収入のある方、及びその配偶者、パート・アルバイトの方、年金生活者も申込可(学生は不可)。神奈川県内全域、東京都内全域、群馬県前橋市・高崎市・桐生市に居住またはお勤め先のある方。

※会社経営者、個人事業主でも借入が可能。

※お借入が300万円以上の場合には収入証明書が必要となります。
貸付限度額 10万円~1,000万円(10万円単位)
担保・保証人 不要
遅延利息 18%
返済方式 定例返済方式


横浜銀行カードローンの金利

上記にも書きましたが横浜銀行カードローンの金利は1.9%~14.6%です。借入額によって金利が段階的に設定されています。大口ほど金利が大変お得になります。

借入限度額が100万円以下…年14.6%
100万円超200万円以下…年11.8%
200万円超300万円以下…年8.8%
300万円超400万円以下…年6.8%
400万円超500万円以下…年4.8%
500万円超600万円以下…年4.5%
600万円超700万円以下…年4.0%
700万円超800万円以下…年3.5%
800万円超900万円以下…年3.0%
900万円超1,000万円未満…年2.5%
1,000万円…年1.9%

たとえば、消費者金融で10万円未満の借入を行った場合では上限金利が20%、10万円以上100万円未満であれば、上限は18%となっています。これだけを見ても、横浜銀行カードローンがいかに低金利であるかご理解頂けるのではないでしょうか。

また、会社経営者や個人事業主であっても借入が可能であるという点も、大きな強みなのではないかと思います。(銀行によっては個人事業主などは申し込めないものもあります)

また、審査申込時に横浜銀行の預金口座を所有している必要はなく、正式契約となった場合に最寄りの店舗にて新規預金口座を開設すればOKです。

この部分は筆者が実際に電話で確認を行ってみましたが、相談次第では融通が利きそうな印象を受けました。

横浜銀行カードローンの審査について

借入限度額が300万円以下であっても、既に横浜銀行の他のローンを利用している場合は(教育カードローンを除く)、収入証明書が必要となることがあります。

また、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社となっていますが、こちらで扱っているプロミスへの申込の有無や利用状況などが影響を受けるかどうかに関しては、実際に仮審査を受けてみないとなんとも言えないところです。

ただ、過去にプロミスに申し込んで審査に落ちたり、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社を指定の保証会社にしている銀行カードローンに申し込んで落ちてしまった方は、横浜銀行カードローンの審査に落ちる可能性は高いかもしれません。

もちろん、年収や他社借入金額などその時と状況が変わっていれば審査に通過する可能性は十分あります。

ちなみに、三井住友銀行やジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行の保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。


横浜銀行カードローンの審査申込方法

横浜銀行カードローンの審査申込は、インターネットや電話で申込むことができます。

インターネットで申込む場合は横浜銀行ホームページより「カードローン」から「横浜銀行カードローン」に進み、ページ下部より「横浜銀行カードローンカンタン申込」より必要事項を記入して送信すればOKです。

なお、仮審査に通過した場合には「本人確認書類」「収入証明書(借入金額が310万以上の場合のみ)」の提出が必要となります。

※横浜銀行の他のローン(教育カードローンを除く)を利用している場合、当該カードローンのお借入限度額と今回お申込みの横浜銀行カードローンのご希望お借入限度額との合計が300万円を超える場合には所得証明書類が必要となります。


横浜銀行カードローンの契約手続き(仮審査通過後)

横浜銀行カードローンのページ「お借入までの流れご契約の手続き」タブより当該ページへ進み、ページ中ほどの「契約書類をダウンロードする」よりダウンロード・プリントアウトし、必要事項を記入の上FAX送信または郵送で提出します。

確認の電話や自宅への郵送物について

原則として申込当日中に確認の電話が指定の電話番号にかかってきますが、申込時間によっては翌日になることがあります。また、専業主婦が申込を行った場合に配偶者の勤め先への在籍確認や配偶者へ電話連絡が行くことはありません。
契約後に横浜銀行より「横浜銀行カードローン」カードが自宅に郵送されてきます(簡易書留)。

横浜銀行の預金口座は必要?即日融資は可能なの?

申込の段階では横浜銀行との取引状況は問われず、来店の必要もありませんが、正式契約となった場合には預金口座を開設する必要があり、来店が必要となります。

また、審査結果は最短で即日回答となっており、横浜銀行の預金通帳を所有している場合には即日での借入が可能。また、申込時間によっては指定口座への振込融資が可能となっています。

横浜銀行カードローン「借入方法」「返済方法」

横浜銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM、イオン銀行ATM
より借入が可能です。

返済方法は、毎月10日(休日の場合は翌営業日)に自動引き落としによる返済になります。預金口座に残高があれば、返済忘れが防げるので安心ですよね。ただし預金口座の残高はこまめにチェックしてくださいね。返済が遅れると金利が高い遅延損害金を支払うことになるので注意してください。

各自動引き落としの返済金額は以下になります。

2千円超10万円以下…2,000円
10万円超20万円以下…4,000円
20万円超30万円以下…6,000円
30万円超40万円以下…8,000円
40万円超50万円以下…10,000円
50万円超100万円以下…15,000円
100万円超150万円以下…20,000円
150万円超200万円以下…25,000円
200万円超250万円以下…30,000円
250万円超300万円以下…35,000円
300万円超350万円以下…40,000円
350万円超400万円以下…45,000円
400万円超450万円以下…50,000円
450万円超500万円以下…55,000円
500万円超600万円以下…60,000円
600万円超700万円以下…65,000円
700万円超800万円以下…70,000円
800万円超900万円以下…75,000円
900万円超1,000万円以下…80,000円
1,000万円超…85,000円

また、上記の自動引き落としのに、横浜銀行ATM、セブン銀行、イーネット、ローソン・エイティエム・ネットワークスの各ATMで随時返済することができます。

※ATMで返済を行う際には現金のみのお取り扱いとなり、インターネットバンキング(はまぎんダイレクト)で返済する場合には、返済指定口座からの返済となります。

※ATMのお取扱時間は平日0:00~24:00ですが、ATMによってはこちらの時間帯と異なる場合があります。また、メンテナンスにより24:00前後にご利用頂けないことがあります。

全額返済をする場合は、横浜銀行ATM、インターネットバンキング(はまぎんマイダイレクト)にて、元金・利息の全額返済を行うことができます。全額返済の場合にはコンビニATMはご利用になれませんのでご注意下さい。

※定例返済がお済みでない場合には、ATM・インターネットバンキングともに全額返済を行うことができません。
※ATMでは、元金と利息の合計が100万円以下の場合のみご利用が可能です。

このページの先頭へ