アコムやレイクの金利0円って本当?何か裏がある?目的は?

今はあちこちの消費者金融で、無利息期間と言うものを設定していますね。一定の期間内に借入した金額を全額返済してしまえば、その元金にかかる利息が0円になるという制度です。

アコム、プロミス、レイクでは初回のみ30日間無利息、ノーローンでは異例の「何度でも1週間無利息」と言うサービスを行っています。

そうです。本当に金利0円で、お金が借りられる世の中になったのです。

しかし、メリットだらけの様なこの制度も、上手に活用しなければデメリットとなってしまう場合もあります。金利0円なのになぜデメリット?と思うことでしょう。

では、この金利0円の制度についての詳しい内容と、その裏事情についてお話していきます。

一定期間「金利0円」のおすすめカードローン2つ

アコム

 

実質年率 3.0%~18.00%
審査に申込める方 ※主婦(※専業主婦不可)や学生(20歳以上で安定した収入があれば利用可能)、パート・アルバイトの方でも可
即日融資可能 ※最短30分審査回答
土日祝日 融資可能。24時間365日申込可
貸付限度額 1万円~800万円


レイク

 

実質年率 4.5%~18.0%
お申込み対象者 満20歳~70歳(国内居住の方)で新生フィナンシャル(株)の保証を受けられる方
貸付限度額 1万円~500万円




1.金利0円サービスのメリット

顧客側のメリット

顧客側(借りる側)からするとメリットしかないように感じられますね。期間限定ではあるものの、その期間内にきちんと全額返済する事が出来れば、利息はゼロ円なのですから。

その無利息制度を利用するには、個人信用情報に過去の借り入れに対する返済の事故情報や債務整理の記録が載っていない、安定した収入がある、返済能力があるなどの条件をクリアして、無事その会社の審査に合格しなければならないのですが、クリアできれば、他の金融機関では18%程度の金利がかかるところ、0%で借りられることになるのです。

短期間の借り入れを予定している方や、決まった期日に確実に入金される予定があるという方にとっては、この無利息サービスがあるカードローンはとてもありがたい制度です。


金融機関側のメリット

貸したお金と利息を合わせて回収することで、利益を得ている金融機関。しかし、その利益ともなる金利を0円にしてしまうと、利益はどうなるのでしょう?

当然、その時貸したお金に対する利益は0となってしまうでしょう。すると全くメリットがなくなってしまうように感じられますね。

しかし、この赤字分は金融機関側にとって、顧客を引き込む宣伝料と同じようなものと考えているようです。

「無利息」と大々的に宣伝すれば、それまでキャッシングに興味のなかった方も、「使ってみようか」と考える事もあるでしょう。「無利息」と掲げる前より当然来店客数も増えていきます。

その中には、他の金融機関を利用しようと思っていた方もいるかもしれません。他へ行こうかと思っていたけれど、無利息期間があるなら、こっちでもいいかなと向かう先を急遽変更するかもしれません。

「無利息」という言葉を大々的に投げかけることで、注目度を上げ、客数を増やし、他の金融機関へ流れそうになっていた客も引き止めることがまず一つ目の狙いです。

さらに、「無利息」に惹かれて来店した人が全員「無利息制度」だけを利用して帰るわけではありません。

中には、「無利息」という言葉に惹かれて来店したものの、長期の借り入れになりそうだということで、通常のキャッシングの申し込みをしていく方もいます。

これにより、そういうお客から回収する利息から利益を得るという事に成功しますね。これが二つ目の狙いです。

また、例え無利息期間だけが目的で来店して来た顧客でも、無利息期間を利用し返済が終わったから全く無関係となるわけではありません。

返済が終了しても、カードは手元に残るので、またいつか、何かしらの事情でお金が必要となった時、「カードを作る手間が省ける」という理由から、そのカードを利用してキャッシングしてくれるかもしれません。

さらに、そういう顧客は、無利息期間を利用したのだとしても1度キャッシングしているので、借入に対する敷居が低くなっているものです。全く知識のない方がいきなりカード申し込みをして、キャッシングをするというのはとても大きな勇気が必要となりますが、無利息期間だけを利用するという「メリットだけを受け取る」考えでカードを作った方は、同時に「キャッシング」に対する考えもあまくなってしまっているのです。

これにより、利息はかかるものの、そこから利用頻度が上がっていく場合も少なくありません。これが3つ目の狙いです。

このように、様々な角度から見てみると、「無利息期間」を設定することは、顧客にとっても金融機関側にとっても、メリットの高い制度なのです。


1.金利0円サービスのデメリット

どの様なものでも、メリットがあれば、デメリットがあるものです。メリットが高いと考えられる金利0円の制度の、デメリットとはどの様なものでしょう?

顧客側のデメリット

無利息期間内に返済出来なければ利息が発生

決まった期日までに全額支払いが出来れば、問題はないのですが、そうもいかない時も当然ありますよね。入金される予定だった期日が伸びてしまったり、予定通りまとまったお金を用意できなかったなどと言うことも考えられます。この場合、期日までの返済ができなくなってしまいます。

無利息期間を過ぎてしまうと今度はいきなり高金利の返済が始まってしまうこともあります。

もちろん、これも最初に契約したときに伝えられていることなので、仕方ないことなのですが、無利息期間を過ぎたとたんに、金利が発生し、その借り入れ額によっては18%以上の金利をとられることも有るのです。

せっかく利息0円で借入したはずなのに、通常のキャッシングよりも損をする形になってしまっては意味がありませんね。無利息期間を利用するなら、確実に全額返済出来る予定があるときだけ利用する事が大切です。


無利息期間中にも返済日はやってくる

30日間無利息だからと、決まった期日までに全額支払うことばかりに気持ちが向いてしまう方も多いようですが、この30日の無利息期間内にも、返済日と言うのはやってきます。この返済日を忘れて返済しないと、遅延損害金と利息を回収されてしまうこともあるので気を付けましょう。


キャッシングを軽く利用するようになりやすい

初回は無利息だからと、メリットだけを得るために申し込んだとしても、その後、カードが手元にあることで、無駄にキャッシングしやすくなってしまいます。

無利息期間は初回の30日間だけなので、その後利用すると、利息は通常通りかかってしまいます。


借入日からなのか、契約日の翌日からなのか?

30日間無利息と言うのは、借入日からだと思っている方多いようですが、その金融機関によっては、契約日の翌日から数える場合もあります。すると、契約してからすぐに借入しないとその無利息期間がどんどん減っていってしまうのです。

せっかく30日間無利息に惹かれて契約したのにも関わらず、1か月後から借入を開始してしまうと、無利息期間は終了してしまいます。さらに初回のみのサービスなので、次回借り入れしたときには無利息制度は利用出来ません。

※アコムとレイクは契約日から30日間、プロミスは初回借入日から30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)です。


金融機関側のデメリット

無利息期間だけの利用

無利息期間というものを提示することで集客し、他のローンの利用者数も増やしたいという狙いがあっても、本当に無利息期間だけを利用し、返済後すぐに解約してしまう方もいます。

するとその顧客からは少しの利益も得られないことになります。

このように、無利息と言うサービスを利用する場合は、最初に規約をしっかりと頭に入れておかなければデメリットとなってしまうこともたくさんあるのです。

しかし上手に活用すれば、とてもメリットの高いものなので、新しく借り入れ申し込みしたいと考えている方は、無利息の制度のことをしっかり把握した上で利用してみるといいかもしれませんね。

▼一定期間「金利0円」のおすすめカードローン2つ

<アコム>

 

実質年率 3.0%~18.00%
審査に申込める方 ※主婦(※専業主婦不可)や学生(20歳以上で安定した収入があれば利用可能)、パート・アルバイトの方でも可
即日融資可能 ※最短30分審査回答
土日祝日 融資可能。24時間365日申込可
貸付限度額 1万円~800万円


<レイク>

 

実質年率 4.5%~18.0%
お申込み対象者 満20歳~70歳(国内居住の方)で新生フィナンシャル(株)の保証を受けられる方
貸付限度額 1万円~500万円



このページの先頭へ