京葉銀行カードローン「そっけつくん」審査申込み

銀行のカードローンは、消費者金融と比較した場合、全般的に低い金利が接査定されています。今回ご紹介する京葉銀行のカードローン「そっけつくん」もまた、年5.0%~14.0%という低金利が設定されています。それでは、「そっけつくん」の金利や借入れ方法、審査申込み方法などの詳細について解説して行きます。

京葉銀行カードローン「そっけつくん」基本情報

実質年率 年5.0%~15.0%
※遅延利息は契約内容により異なる
審査に申込める方 まず、年齢が満20歳以上55歳未満となっています。他の記入期間では60歳や65歳となっているのに対し、年齢基準が他銀行よりも厳しくなっていましね。

安定した継続収入がある方なら主婦やフリーター、自営業者でも申し込めます。ただし、京葉銀行営業エリア(千葉県内)に住んでいるか、勤めている方が対象で、京葉銀行指定の保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の保証を受けることのできる方でないと審査に通過することはできません。

専業主婦でも夫に安定した収入がある場合には審査申込が可能ですが、借入限度額は30万円と低くなってしまいます。また年金受給者も借入限度額が30万円となります。

※京葉銀行の無担保ローンとの重複利用はできません。

貸付限度額 30万円~300万円(契約期間3年間・自動更新)

借入極度額を上限として利用限度額の設定を行います。保証会社の審査により借入極度額の範囲で利用限度額が増減する場合があります。

※利用限度額に変更が生じた場合には、書面で通知されます。
担保・保証人 不要
返済方法 元利定額リボルビング方式


京葉銀行カードローン「そっけつくん」審査申込方法

インターネット、FAX、店頭の窓口で申し込むことができます。

インターネット申込み方法

京葉銀行公式サイトより、「個人のお客様」を選択、「借りる」から「カードローン」へ進み、「そっけつくん」を選択します。「インターネットでカンタンお申込み」より、個人情報の取り扱い同意条項に同意した上で、インターネット入力画面に進み、必要事項を入力します。


FAX申込み方法

「そっけつくん」トップページより「FAX」を選択、仮審査申込書を印刷し、必要事項を記入の上、FAX送信します。

※契約時には返済用普通預金通帳が必要となりますので、京葉銀行に口座をお持ちでない場合には、本契約となったときに普通預金口座を新規開設する必要があります。
※申込時には、本人確認書類(運転免許証、住民基本台帳カード(写真付)、健康保険証のいずれか1つで、原本が必要となります)
※カードローン限度額が100万円を超える場合には、所得証明が必要となります。
※給与受給者は源泉徴収票または住民税決定通知書が必要となります。
※自営業者は確定申告書(税務署の受付印のあるもの)、納税証明書、公的証明書が必要となります。
※会社代表者の方は住民税決定通知書または公的証明書が必要となります。


来店の必要があるの?電話は掛かってくるの?

京葉銀行カードローン「そっけつくん」の場合、電話で審査結果の通知があり、本契約となった場合にはカードローン専用のカードが自宅に郵送されてきますが、京葉銀行に口座をお持ちでない場合には、口座の新規開設が必要となるため店頭での手続きとなります。すべてモビットのようにインターネットで完結すれば良いのですが、京葉銀行カードローンの場合は最寄りの店舗への来店する必要があります。

また、事前申込時の情報と正式申込書並びに確認資料に相違が生じている場合には、審査結果に関わらず希望通りの契約とならないことがあり、その他お申込み内容についてのお尋ねとして、京葉銀行または保証会社より確認の電話が入ることがあります。
専業主婦の場合では、配偶者のお勤め先への在籍確認や配偶者に確認の連絡が入ることはありません。


京葉銀行カードローン「そっけつくん」借入方法

京葉銀行ATM及び提携金融機関等のATMから、キャッシングを行うことができます。
※提携金融機関、ATM…ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソン、イーネット、イオン銀行、他、全国の提携金融機関
※ATMによって手数料が発生することがあります。


ローンカードの1日当たりの利用限度額

京葉銀行カードローンの場合、ATMの1日当たり利用限度額は、指静脈認証の有無により異なる金額になります。指静脈認証ICカード(ICチップのあるカード)で、指静脈情報を登録済みの場合は300万円まで。
指静脈認証ICカード(ICチップのあるカード)で、指静脈情報を登録済みでない場合は50万円までとなります。セキュリティ面から見ても指静脈情報を登録したほうが良いかと思います。

京葉銀行カードローン「そっけつくん」返済方法

毎月10日(休日の場合は翌営業日)に、返済用の口座からの自動引き落としによる返済となります。借入残高によって返済額が変わってきますので以下をご覧ください。

50万円まで…10,000円
50万円超100万円以下…20,000円
100万円超200万円以下…30,000円
200万円超300万円以下…50,000円

※毎月の定例返済のほかに、専用通帳・ローンカードによりATMから随時返済することができます。また、インターネットバンキングでの返済も可能です。


京葉銀行カードローン「そっけつくん」のメリット・デメリット

京葉銀行カードローン「そっけつくん」を申込むに当たっては、居住地域または勤務先住所が限定されていますが、金利が低いというメリット、さらに、主婦やパート・アルバイト、年金受給者であっても借入限度額の制限付きであれば申込ことができるというふたつの大きなメリットを持っています。

また、銀行カードローンの中では、自営業者や会社代表者の場合では申し込むことができないものも多数ありますが、京葉銀行カードローン「そっけつくん」の場合では、そのような立場の方であっても審査申し込みが可能であるという点も、メリットとして捉えることができるでしょう。さららに、数種類ものATMを使用することができるという点も嬉しいメリットですね。

ただし、申込対象となる年齢層の幅が狭く、最年長で満55歳となっているため、申込対象者が限られるというデメリットを持っています。また、申込の段階では京葉銀行の通帳を保有している必要はありませんが、借入・返済ともに京葉銀行の普通預金口座を使用するため、現在通帳をお持ちでない方は、新規で口座開設を行わなければなりません。

この部分も、デメリットとして捉えることができます。さらに、事前申込から正式申込(口座開設含む)までには数日間を必要とするため、即日融資をお望みの方には向かないカードローンであることがわかります。


京葉銀行には、このようなカードローンもあります

京葉銀行では、すでに住宅ローンを利用している方を対象として「京葉銀行カードローン」のサービスも行っています。こちらのカードローンの金利は年4.5%~13.0%と低くなっており、アルファバンクのポイントサービスで60P以上となっている方は、標準金利-0.5%で利用することができるというメリットがあります。

このカードローンは住宅ローンを既に契約していることが条件となっていますが、該当する方は「そっけつくん」だけではなく、こちらのカードローンも視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ