秋田銀行カードローン「SMART NET」審査申込み概要

地方銀行では、それぞれ独自のカードローンサービスを展開していますが、その多くは申込者の居住地域やお勤め先の地域が限定されています。秋田銀行で取り扱っている「SMART NEXT」もまた、申込みに当たっては居住地域やお勤め先の地域が限定されるカードローンですが、関東、東北、北海道と、比較的広い地域が対象となっているため、関東以北にお住まいまたはお勤め先のある方は申込みの対象者となります。

また、借入方法は繰り返し利用可能な「カードローン型」、そして、借入金を計画的に毎月返済する「一括借入型」から選択することができます。それでは、秋田銀行「SMART NET」の金利や借入れ方法、返済方法などの特徴を解説して行くことにしましょう。


秋田銀行カードローン「SMART NET」基本情報

実質年率 ■カードローン型…年5.8%~14.8%
▼30万円・50万円・70万円…年14.8%
▼100万円・150万円・200万円…年12.0%
▼250万円・300万円…年7.8%
▼400万円…年6.8%
▼500万円…年5.8%
■一括借入型…固定金利年14.8%
審査に申込める方 契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方で、安定した収入のある方、秋田銀行営業エリア内にお住まいまたはお勤め先のある方、保証会社(エムユー信用保証株式会社)の保証を受けることのできる方。
※専業主婦でも「SMART NET」に申込みは可能ですが、借入限度額は審査の上で決査定されるものであり、必ず希望額を借入できるというものではありません。

貸付限度額 ▼カードローン型…30万円、50万円、70万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円、400万円、500万円より選択(借入期間は2年・自動更新)
▼一括借入型…10万円以上500万円以下(1万円単位・借入金額が300万円以下では借入期間が7年以内、300万円を超える場合には借入期間が10年以内)
担保・保証人 不要
返済方法 借入残高スライド方式


秋田銀行カードローン「SMART NEXT」サービスの特徴

銀行営業日の15:00までに電話またはFAXでカードローンの申込みを行った場合では、最短で即日の審査回答を得ることができるというメリットを持っています(即日融資ではありません)。

ただし、「SMART NEXT」の本契約となった場合には郵送されてくる預金通帳とローンカードの到着を待たなければなりませんので、即日融資が必要な方は、全国どこからでも申込みが行えて審査結果がすぐにわかるプロミスアコムなどの消費者金融への申込みの法スピーディーで確実でしょう。

ただし、これらの消費者金融は銀行カードローンよりも金利が高め。スピードで選ぶのであれば、これらの消費者金融が最も早く融資を受けることができる可能性が高いのですが、どうしても金利の低い銀行系のカードローンをご希望なのであれば、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」はいかがでしょうか? これらのカードローンは、申込みから約30分後に審査結果を知ることができますので、お急ぎの方には特におススメです。また、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は口座開設不要というメリットも持っています。

秋田銀行カードローン「SMART NEXT」の審査基準

秋田銀行カードローン「SMART NEXT」の審査に申し込める方は、まず住んでいる場所、または勤め先が北海道、青森県、岩手県、宮城県、福島県、新潟県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に限定されています。また、地域によっては一部対象外となっている場合がありますので、事前に電話で確認を取っておくとよいでしょう。

また、保証会社であるエムユー信用保証株式会社は三菱東京UFJ銀行とアコム株式会社の共同出資により誕生した保証会社です。

アコム株式会社ではインターネット上で借入可能か否かの3秒診断を行っていますので、心配な方は、事前にこの診断を受けてみてはいかがでしょうか。保証会社「エムユー信用保証株式会社」はアコムとは会社なので、審査基準は異なるかもしれませんが、この診断結果は参考になると思います。

ちなみに以下は、筆者が実際に行ってみたアコムの3秒診断の結果です。

40歳・既婚男性・借入件数2件(合計金額100万円)
→診断結果「融資可能であると思われます。」
40歳・既婚男性・借入件数3件(合計金額200万円)
→ご診断結果「融資可能であると思われます。」

また、同じ条件で借入件数3件、合計金額を500万円に設定しても「ご融資可能であると思われます」という診断結果が出ましたので、審査基準がそれほど厳しくないということがわかります。

ただし、これはあくまでも仮の診断ですし、アコムの診断結果なので、実際の秋田銀行カードローン「SMART NET」の審査結果はこの限りではないでしょう。

ちなみに、50歳・独身女性・借入件数3件(合計金額500万円)に設定しても、「ご融資可能であると思われます」という診断結果が出ました。

秋田銀行カードローン「SMART NEXT」審査申込方法

まず、借入限度額が100万円を超える場合には所得証明書が必要となりますので、確定申告書、給与明細書などの収入を証明することのできる資料を用意しておく必要があります。

秋田銀行カードローン「SMART NETT」は、電話、インターネット、FAXで申し込むことができます。

電話での審査申込み

0120-723-860(フリーダイヤル)
お申込み受付時間:365日7:00~23:00
審査結果やその他のお問い合わせ:銀行窓口営業日の9:00~17:00

インターネットでの審査申込み

秋田銀行公式サイトより、「個人のお客様」から「かりる」に進み、「SMART NET」を選択、「カードローン型お申込み」または「一括借入お申込み」を選択、次ページで同意条項に同意の上、次ページで申込みを行って下さい。
携帯電話(ガラケー)でのお申し込みは、下記URLにアクセスして下さい。
http://12000.jp/860/03/

FAXでの審査申込みは、秋田銀行に備え付けの申込用紙を入手して、必要事項を記入の上FAX送信で申し込みを行います。

カードローン型では借入限度額に応じて金利が決定され、一括借入型では固定金利となっています。また、カードローン型では必要に応じて借入や返済を根行うことができますが、一括借入の場合では借入・返済ともに固定となっているため、随時返済などの融通は利きません。

筆者が実際に電話確認を行ったところ、利便性で考えるのであれば、カードローン型のほうがおススメです、という話でした。

在籍確認の電話や郵送物

秋田銀行のカードローンに申し込むと、申込み者本人宛に確認の電話連絡が入りますが、専業主婦の方が申込みを行った際には配偶者(夫)の勤め先への在籍確認や配偶者本人に確認の電話が入ることはありません。

また、秋田銀行カードローンの審査を通過した場合には契約書類が自宅へ郵送され、必要事項を記入の上返送、その後にローンカードと通帳が自宅へ郵送されてきますので、それを受け取り次第カードローンの利用が可能となります。
来店の必要はありませんが、郵送による書類のやりとりで契約が成立するため、秋田銀行カードローンの場合、即日融資を受けることはできません。

秋田銀行カードローンの借入方法

秋田銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM、セブン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、サークルKサンクスATM(秋田県内のみ)、他、全国の提携金融機関より、ローンカードの利用により借入を行うことができます。
※ご利用時間帯や金融機関により、所定の手数料が発生することがあります。

秋田銀行カードローンの返済方法

カードローン型…返済日の前日の借入残高に応じて、指定のの普通預金口座から自動引き落としで返済が行われます。返済額は以下のとおりです。

30万円以下…約定返済額が5,000円
30万円超50万円以下…10,000円
50万円超100万円以下…20,000円
100万円超200万円以下…30,000円
200万円超300万円以下…40,000円
300万円超400万円以下…50,000円
400万円超500万円以下…60,000円

一括借入型…借入期間が3年・借入金額が50万円の場合では、毎月の返済額が17,288円(ボーナス併用の場合では、毎月の返済額が12,011円、ボーナス月が43,960円となります)

借入期間が5年・借入金額が50万円の場合では、毎月の返済額が11,847円(ボーナス併用の場合では、毎月の返済額が8,292円、ボーナス月が30,045円となります)

※ボーナス併用は、借入金額の30%をボーナスで返済するとして計算されます。
※ボーナス月の返済額には毎月返済額が含まれています。
※「SMART NEXT」のトップページより返済シュミレーションを行うことができますので、借入を行う前に返済シュミレーションを行い、無理のない返済計画を立てておくと便利です。

追加返済・一括返済方法

カードローン型を選択した場合には、所定のATMまたは秋田銀行の窓口でカードローン専用口座へ入金することにより、随時返済を行うことができます。

さらに金利が低い秋田銀行カードローン「プライムカード」

秋田銀行では、金利が年5.0%~年9.8%、50万円~500万円までの融資を受けることができる「プライムカード」も取り扱っています。こちらのカードローンも、借入限度額が100万円以内であれば所得証明書が不要、申込日から最短3営業日で借入が可能となっています。

さらに、キャッシュカードの到着を待たずに、入金口座への入金による借入が可能であるというメリットも持っています。自動融資が受けられるというのも嬉しいメリットですね。

ただし、秋田銀行に預金口座を所有している必要があり、申込時に預金口座を所有していなかった場合には、本契約時に新規で口座開設を行う必要があります。また、契約は来店して行う必要がありますので、秋田銀行営業エリアにお住まいまたはお勤め先がない方にとってはメリットが少ないと考えることができます。

さらに、株式会社秋田ジェーシービーカードの保証を受けることができるということが前提条件となっていますので、「SMART NEXT」と比較した場合には、審査基準が少々厳しいかもしれません。

このページの先頭へ