山形銀行カードローンの金利や限度額・審査申込み方法

山形銀行の「山形銀行カードローン」は、保証会社がアコム株式会社となっており、審査は保証会社である消費者金融アコムが行います。また、「山形銀行カードローン」を正式契約するに当たっては山形銀行の普通預金口座とキャッシュカードを所有している必要がありますが、申込みの段階では山形銀行の普通預金口座とキャッシュカードを所有している必要はありません。

それでは、「山形銀行カードローン」の金利や限度額、返済方法、キャッシング方法、審査申込み方法など解説して行くことにします。


山形銀行カードローン基本情報

実質年率 年4.5%~14.6%
100万円未満…年14.6%
100万円以上200万円未満…年12.0%
200万円以上400万円未満…年8.9%
400万円以上500万円未満…年7.0%
500万円…年4.5%
審査に申込める方 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の方で、山形銀行が指定する保証会社(アコム株式会社)の保証を受けることのできる方、山形銀行の営業エリア内に住んでいる、またはお勤めている方
※個人事業主、主婦、パート・アルバイト、年金受給者も申込みが可能です。
貸付限度額 10万円~500万円(10万円単位)
遅延利息 年18.0%
担保・保証人 原則不要
返済方法 借入残高スライド返済方式


山形銀行カードローン「サービスの特徴」

山形銀行カードローンは、個人事業主、主婦、パート・アルバイトの方であっても申込みを行うことができるというメリットを持っています。

また、借入限度額について筆者が実際に問い合わせを行ってみたところ、主婦でも最大の借入限度額である500万円で申込みを行うことは可能ですが、山形銀行とアコムによる審査の結果で借入限度額が決定されるので、必ずしも希望額の借入を行うことができるわけではないという回答を得ることができました。

「山形銀行カードローン」の金利は銀行カードローンの中では平均値ですが、主婦の方が大きな金額の借入を希望する場合には、ひとまず希望額で仮審査を行ってみる価値はありそうです。

また、「山形銀行カードローン」の利用とともに自動融資機能を利用することができ、公共料金やクレジットカードの支払いの際に残高不足となっていた場合には、自動融資を受けることができるという点も、大きなメリットであると考えることができるでしょう。

ただし、「山形銀行カードローン」を含む山形銀行からの借入などの返済、返済用口座で「マイカード」、「財形カード」、「サポート」をご利用の場合、つみたて投信の購入代金や積立型定期預金の積立金、山形銀行自動送金サービス及びネットバンキングによる送金資金には自動融資機能が適用されませんのでご注意下さい。

このように、メリットの多い「山形銀行カードローン」ではありますが、ただひとつ、山形銀行営業エリアにお住まいまたはお勤め先がある方が申込対象という点がデメリットといえばデメリットでしょうか。

山形銀行は、県内では庄内エリア、最上エリア、村山エリア、置場エリア、県外では福島県、埼玉県、栃木県、東京都の一部に店舗を展開していますが、店舗によってはカードローンの取り扱いを行っていない場合もありますので、仮審査の申込みを行う前に、ご自身が申込み対象となるか否かを確認しておく必要があります。


山形銀行カードローン審査基準

アコム株式会社が保証会社となっているため、過去にアコムで返済トラブルがあった方が審査に通過することが難しいのはもちろん、その他の消費者金融などでの金融事故歴などが発覚した場合には、審査の通過が難しくなると予想することができます。

また、審査の通過が心配な方は、一度、アコムの公式サイトより3秒診断を行ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、筆者が実際にアコムでの3秒診断を行った結果は以下の通りです。

20歳・独身女性・借入件数2件・100万円…ご融資可能と思われます。
65歳・既婚男性・借入件数2件・500万円…ご融資可能と思われます。

このような結果でした。
アコムの審査基準は公表していないので正確に知ることはできませんが、3秒診断である程度試すことができますので、よろしければご利用ください。




山形銀行カードローン審査申込方法

インターネット、電話、郵送・FAXで仮審査を申し込むことができます。

インターネットで審査に申し込む

「山形銀行カードローン」のトップページより、山形銀行普通預金口座とキャッシュカードをお持ちの方は「お申込み」から、そうでない方は「仮審査申込み」より申込みを行います。

※山形銀行の普通預金口座とキャッシュカードをお持ちの方…必要事項を入力、送信後に、山形銀行からお勤め先またはご希望の連絡先へ確認の電話連絡が入り、ここで仮審査を通過した場合には自宅に専用ローンカードが郵送されて利用可能となります(既に「山形銀行カードローン」をご利用の方は、こちらで増額のお申し込みを行うことも可能です)。
※山形銀行の普通預金口座をお持ちでない方…審査結果の電話連絡が入り、仮審査を通過した場合には必要書類を準備の上、郵送またはFAXにて正式契約の申込みを行います。

郵送・FAXで審査に申し込む

「山形銀行カードローン」トップページより「郵送・FAXで」からり「利用申込書」
ダウンロード、プリントアウトして、必要事項を記入の上郵送またはFAX送信で申込みを行います。
郵送の場合には、メールオーダーサービスお申込みキットに同封の封筒にて郵送して下さい。

※仮審査申し込み後に勤め先への在籍確認の電話が入ります。また、主婦の方の場合では配偶者(夫)の勤め先への在籍確認電話や配偶者へ直接電話連絡が入ることはありません。また、山形銀行カードローンの正式契約となった場合には、ローンカードが自宅へ郵送されてきます。

山形銀行のカードローンは本当に来店不要で即日融資可能?

山形銀行の普通預金口座とキャッシュカードを持っている場合には山形銀行各支店に来店の必要がありませんが、どちらも所有していない場合には、返済用預金口座を開設するため来店が必要となります。

また、即日融資について筆者が電話で確認してみたところ、申込状況の込み具合などによって処理が遅れることがあるため、山形銀行の普通預金口座とキャッシュカードをお持ちであっても即日融資が保証されるものではないというお話でした。

山形銀行カードローンのキャッシング方法

山形銀行ATM、コンビニATM(イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM)、全国の提携ATMでローン専用カードでキャッシングできます。また、カード到着前に借入を希望する場合では、利用限度額の範囲内で返済用預金口座で振込融資を受けることもできますが、申し込みの時間帯によっては翌営業日の振込となることもあります。

山形銀行カードローンの返済方法

山形銀行カードローンの返済方法は、毎月3日(金融機関が休日の場合は翌営業日)に借入残高によって約定返済額が決められ、その金額が自動引き落としされ、返済が行われます。返済が自動引き落としなので、返済忘れは防げますが、口座に残高が残っているのか?確認は必須です。

もしも、返済金額分の残高がなく、返済できなかった場合には、遅延利息が取られてしまうので注意してくださいね。

約定返済金額は以下の通りです。

2,000円以下…当該金額を返済
2,000円超10万円以下…2,000円
10万円超20万円以下…4,000円
20万円超30万円以下…6,000円
30万円超40万円以下…8,000円
40万円超50万円以下…10,000円
50万円超60万円以下…12,000円
60万円超70万円以下…14,000円
70万円超80万円以下…16,000円
80万円超90万円以下…18,000円
90万円超100万円以下…20,000円
※10万円増すごとに1,000円+した金額が約定返済金額になります。

※上記約定返済の他に、任意返済を行うことができます。早く返済を終了し、利息を安く済ませたい方は、積極的に任意返済をご利用ください。

このページの先頭へ