大手消費者金融と銀行の関係

大手消費者金融と銀行の関係
最近では、大手金融機関が消費者金融業に参入し、買収行為を行うなど、消費者金融系と銀行が密接なかかわりを持ってきています。

クリーンなイメージの大手銀行と悪いイメージが強い消費者金融が、仲良く手を取り合っているような今の関係性を疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

どうして、今のようなややこしい状況になったのかと言いますと、お互いの経営状況や情報管理状況に基づく、いくつかの理由があります。

 

スポンサードリンク

 

大手銀行と消費者金融が協力するとメリットが多い

まず、消費者金融と銀行はどちらもお金の貸し借りを業務としていますが、消費者金融は低所得者でも審査に通りやすくお金が借りやすい半面、設定金利が高くなっており、返済率が銀行よりも低いため、資本金不足に陥りやすいというデメリットがあります。

大手銀行は、消費者金融よりも金利が低く設定されており、信用度が高いというメリットがありますが、その審査の厳しさからお金を借りたい層の顧客をつかめず、利益率の低い低金利でしかお金を貸せないため、あまり利益があがりません。

そこで、どうにかして利益を上げていこうと考えた大手銀行は、金利の高い消費者金融業に乗り出したというわけです。

その当時、貸金業法の改正におけるグレーゾーン金利の撤廃により、多額の過払い金問題を抱え、金利の引き下げを余儀なくされた消費者金融側としては、資金力の高い大手銀行と手を組むことが、生き残るための最善策であったことは言うまでもありません。

また、もうひとつの理由として、銀行と消費者金融における信用情報の共有化があります。

信用情報とは、お金を借りたことのある人の個人情報および、どこでいくら借りているか、きちんと返済をしたか、延滞しなかったか等、世間で言うところのブラックリスト情報のことです。

消費者金融と銀行、クレジットカードにおける信用情報網は異なっており、それぞれ別に管理されています。

これにより、非常に極端な話になりますが、消費者金融やクレジットカードで金融事故を起こし、ブラック登録されていても、銀行にはそれを調べることができないため、審査を通過してしまうということもあったわけです。

これらの問題も銀行と消費者金融の信用情報を共有することによって概ね解決し、審査の精度が上がることによって、未収を減らすことにもなります。

また、銀行は本来の業務である大口顧客との取引きがメインであるため、小口のローン顧客への督促まで手が回らず、保証会社による代弁請求に頼りがちでしたが、この問題も小口取引きの多い消費者金融の手を借りることにより解決できたというわけです。

このように、様々な思惑が絡み合い利害関係が一致したことで、銀行と消費者金融が今のような関係になったのですが、すべてがお互いの思い通りになっているわけではありません。

思い通りに借りて、きちんと返してくれるような人は、なかなか高い金利のローンを使ってくれませんし、新規参入した金利が高めの小口ローンでは、返済率が低い、延滞が多いなど何かとトラブルが起きているようです。

では、ここで、具体的にどの銀行がどこの消費者金融と一緒になっているか、大手の例をいくつか紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)「プロミス」

まず、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)がSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)です。
プロミスがSMBCコンシューマーファイナンスとなり、三井住友銀行にある自動契約機でプロミスの契約も出来るようになっています。また、有名人のCMでおなじみのモビットも同じ三井住友銀行グループの消費者金融です。


アコムは三菱東京UFJ銀行とグループ

アコムは三菱東京UFJ銀行とグループ化され、三菱東京UFJ銀行で取り扱われているカードローンの保証会社をしています。

アコムが保証会社をしていることから、三菱東京UFJのカードローンはスピード審査ができるようになり、最短30分で当日に融資を受けられるようになりました。

この他にも、ノーローンが新生銀行グループに属しており、消費者金融の大きなところは、アイフルを除いてほぼ銀行グループとなっています。

また、以前の大手消費者金融のレイクは、新生銀行と合併したことで消費者金融から銀行となりました。現在は新生銀行カードローンレイクとして、活動しています。

このように、銀行と消費者金融が一緒に行動している現状では、銀行で借りられるから、消費者金融よりも金利が低いというセオリーが通じなくなってきました。

銀行でカードローンの申込み手続きをしたのに、審査が通ったあとの金利が消費者金融単独会社の金利と変わらなかった、または、金利が高くなっていたということも十分に起こります。

消費者金融や銀行どちらで申込む場合でも、少しでも良い条件で借りたいならば、金利や借り入れ条件をきちんと確認し、他の金融機関商品と比較検討するようにしましょう。

このページの先頭へ