はじめてカードローンを利用する方の融資先の選び方

はじめてカードローンを利用する方の融資先の選び方
カードローンは、住宅ローンやマイカーローンなどの目的別ローンとは違い、使い道が限定されていない、使用目的フリーのカード型ローンです。

カードさえ一度作ってしまえば、利用可能額の範囲で、いつでも好きなタイミングで借り入れができるようになります。

カードローンは、提携先ATMがあればすぐに専用カードでの借り入れが可能なため、他の融資手続きのように再度窓口へ出向いたり、銀行口座に振り込んでもらう手間がありません。

たとえば、ショッピング、旅行、冠婚葬祭、引っ越しなど、思い立った時点で、近くにATMさえあれば、すぐ借りられますから、どんな時でも素早く対応できるため、カードローンを一度契約しておくと大変便利です。

また、申込みの際の必要書類が少なく審査が早い点や、担保および保証人が不要である点なども、カードローンの申込みやすさに拍車をかけています。

最近では、カードローンの利用者が増えて来たこともあり、非常に多くの銀行や消費者金融からカードローン商品が登場しました。

その金利や限度額、審査方法等、それぞれの金融機関ごとに異なり、サービス内容も独自なものが多く、内容が非常に多岐にわたっています。

しかし、取り扱い金融機関の数が増えたことで、カードローンの選択肢の幅が広がるというメリットはあるものの、その一方で、はじめてカードローンを利用する方には、カードローンの比較対象が多くなりすぎてしまい、良い融資先を選びが難しくなってきました。

そこで、どこに注目してどんなカードローンを選べばいいのか、はじめての方におすすめの注目ポイントをいくつかご紹介したいと思います。


カードローン金利

まず、最初に注目しておきたいのがカードローン金利です。
みなさん、最低金利に目がいきがちですが、注目してもらいたいのは最高金利のほうになります。

なぜなら、はじめてカードローン申込む場合、限度額が少なめに設定されることが多く、最高金利に近い利率になりやすいためです。特に、年収の少ない方やパート、アルバイトの方は、最高金利になりやすい傾向にあります。

現在、年収の多い方は、最低金利に注目して選ばれるのも良いと思いますが、金利を下げるためには、利用可能額を高く設定する必要がでてくるという点に注意しましょう。

また、最初の設定金利や利用可能額が低かったからと、がっかりすることはありません。

年収がそこそこあり、安定収入のある方なら、一定程度の期間、返済の延滞等の金融事故を起こさなければ、金融機関からの信用度があがっていき、カードローン利用可能額の増額および金利引き下げの案内が来るようになります。

もちろん、利用可能枠があるとつい使ってしまいそうという方は、現状の金利設定のまま、利用可能額と金利を据え置きすることも可能です。

各金融機関のカードローン金利を調べる際には、インターネットで金利比較サイトや金利まとめサイト等を検索すると良いでしょう。各公式ホームページを見て回るよりも、楽にカードローン金利を比較をすることができます。


カードローンが利用できるATM

次に注目したいのが、カードローンの専用カード取り扱いATMの場所や手数料についての項目です。

カードローンは、一度申込みを済ませると専用カードが発行され、その後のほとんどの手続きをATMで行うことになります。

つまり、カードローン用のカードが使えるATMの設置場所がどこにあるかが、そのままその後の借り入れや返済のしやすさに繋がるのです。

最近では、カードローン専用のATM以外にも、提携先銀行のATMやコンビニATMなど、幅広い場所で使えるカードも増えてきています。

ただし、自社以外のATMを利用する場合、いくらかの手数料が発生する点には十分注意しましょう。

自分の行動範囲に利用しやすい手数料無料のATMのあるカードローンが理想的ですが、もし、思い通りの場所に無料ATMがない場合は、手数料が安い提携先ATMのあるカードローンを探すと良いでしょう。


カードローンの審査について

カードローンは、審査の方法や審査にかかる時間も金融機関によって詳細が違います。

最近では、インターネットですべての申込みが完結し、その日のうちにお金を借りられるweb完結型のカードローンも増えてきました。

急いでお金を借りたい場合や平日のお昼に外に出られないなどの事情がある方は、それらの便利な申込み方法のできるカードローンを優先的に探されると良いでしょう。

最後に、これは本当に基本的なことなのですが、そのカードローンの取り扱い金融機関が本当に安心できる金融機関がどうか、申込みの前にインターネット等で、口コミや評判を調べてみることをおすすめします。

テレビCMや新聞広告をたくさん流しているような大手金融機関は別としても、はじめて名前を聞くようなマイナーな金融機関は、いくら金利が低くカードが使いやすくても、実際にどんな経営をしているかわかりません。

カードローンを申込み、いざ使ってみたら、金利やサービス内容が思っていたものと全然違っていたなんてことも起こります。

大事なお金に関わることですので、トラブルに合って後悔しないためにも、カードローンの検討や申込みは、あせらずじっくり慎重に行うようにしましょう。

このページの先頭へ