三菱UFJニコスローンカードのスペックと審査基準

三菱UFJニコスローンカードのスペックと審査基準
三菱UFJフィナンシャルグループの子会社である三菱UFJニコス株式会社。今回はそのニコスから提供しているローンカードについてお話していきたいと思います。

三菱UFJニコスと聞くと、国内最大のクレジットカード会社として有名であるため、ローンカードよりもクレジットカードを思い浮かべる方の方が多いことでしょう。

また、実際にクレジットカードを利用しているという方も多いはずです。

しかし、クレジットカードではキャッシング枠が狭いというのが難点と考えられています。

勿論クレジットカードはショッピングもキャッシングも利用できる便利なカードではありますが、限度額は最大でも100万円程度となるのです。ローンカードの限度額500万円に比べるととても低いですよね。

さらにショッピング枠と合算して限度額が設定されてしまうので、買い物を多くした月はキャッシングできる額が減ってしまうのです。

もし、キャッシングを主な利用目的とする場合には、ローンカードを作る方が限度額も高く設定される為、利用しやすくなるのではないでしょうか。

では、三菱UFJニコスローンカードとはどの様なものなのか、その特徴について詳しく見ていきましょう。


三菱UFJニコスとは?

ここ10年で、貸金業は大きく変化してきました。

増えすぎる多重債務者や自己破産者の問題が深刻化してきたことにより、貸金業法の改正が行われたからです。

みなし弁済の撤廃、収入の3分の1までしか貸しつけできないという新たに設けられた総量規制。さらに、出資法での上限利率の引き下げ。

この様な相次ぐ法の改正により、自己破産者の増加を抑えることはできましたが、貸金業を営む会社としては大きな打撃を受けたと言っても過言ではないでしょう。

そして、生き残りをかけ、クレジット会社は合併を繰り返してきたのです。

かつての日本信販、ダイヤモンドクレジット、ミリオンカード、三和カードサービスなど、様々なクレジット会社が合併を行い、最終的に行き残ったのが、今の銀行系カード会社でもある三菱UFJニコス株式会社です。

こうして、辛い時代を乗り越えた三菱UFJニコス株式会社は、今では国内最大級と呼ばれるまでに成長したのです。


三菱UFJニコスローンカードの特徴

通常は「カードローン」と呼ばれるのが一般的ですが、三菱UFJニコスではカードローンのことを「ローンカード」と呼んでいます。

これはクレジットカードをメインで行っている会社であるため、クレジットカードの呼び方を基準に考えられたからではないかと言われています。

呼び方が違うことで、カードローンとは別物ではないかと考える方がいますが、基本的な機能は他のカードローンと同じになっています。

ではその特徴について詳しく見ていきましょう。


三菱UFJニコスローンカードの金利や限度額などのスペック

審査申込資格 20歳以上~65歳未満の、安定した収入のある方。

総量規制の対象となってしまうので、収入の3分の1までしか借り入れする事はできません。また、無職や専業主婦、学生などの収入のない方も利用できません。

審査申込方法 ・インターネット
・電話

必要書類を確認し審査終了後、約10日後にカードが送付され、利用可能となります。

必要書類 ・本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証、マイナンバーカード、特別永住者証明書など)
・収入証明書(直近2か月分の給与証明書、源泉徴収票、納税証明書、納税通知書、確定申告書など)

但し、借り入れ限度額が50万円以下である場合は、収入証明書の提出は不要となります。

利用可能額 1万円~500万円
利率 6.00%~17.60%
遅延利率 年率20.00%
資金使途 事業資金以外であれば、基本的には自由とされています。
入会金・年会費 無料
担保・保証人 不要
返済方式 次のどちらかを選ぶことが出来ます。

・借入時残高スライドリボルビング方式
借り入れした後の残高で返済額が決まります。

・定額リボルビング方式
利用枠により、返済額を決めることが出来ます。毎月一定の返済額なので使いすぎた月も安心です。

返済方法 毎月27日に指定の口座から自動引き落としされることになります。27日が金融機関の休業日と重なる場合は、翌営業日に引き落としとなります。


三菱UFJニコスローンカードのメリット

全国で利用可能

全国のコンビニエンスストアや、提携ATMから簡単に利用することができます。必要な時にすぐ利用できるは便利ですね。

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、三井住友信託銀行、セブン銀行、イオン銀行、農業協同組合、ゆうちょ銀行、信用金庫、信用組合などはもちろんのこと、北海道銀行や青森銀行、秋田銀行など、それぞれの地方銀行のほとんどと提携しています。

提携銀行が多いとATMを探す手間も省け便利ですね。

更新手続き不要

3年ごとの更新となりますが、自動更新なので、特別な手続きが不要です。


ネットキャッシング可能

振り込み手数料無料で、ローンカードホームページからネットキャッシングを行うことが出来ます。自宅にいても手続きができるので便利ですね。


融資書面WEB通知サービス

通常はキャッシングを利用するとその1週間後に利用明細書が送付されてきます。しかし、明細が送られてくると不都合なこともありますね。家族に内緒の借り入れの場合、明細書からバレてしまうことも多いものです。

この場合、郵送を止める代わりに「融資書面WEB通知サービス」を利用すると、明細をWEBで確認することが出来ます。自宅に書類が届くことがないので安心ですし、紙を使わないので環境に優しく、エコにも繋がります。

毎月送られてくる紙の請求書や明細書などの書類が嵩張って困るという方にも、WEB通知は助かる機能となるでしょう。


24時間WEBサービス利用

ネットキャッシングや融資書面WEB通知などのWEBサービスは24時間利用可能です。自宅にいながらいつでも思い立ったときにすぐ利用できるので便利ですね。

また、WEBサービスは、会員IDを登録するとすぐに利用することが可能です。


三菱UFJニコスローンカードのデメリット

ATM利用手数料がかかる

利用額に応じて、利用手数料がかかってしまいます。

利用額1万円以下・・・108円
利用額2万円超・・・216円

・千円単位の利用不可

千円単位でキャッシングする事は出来ません。利用は1万円から1万円単位となってしまいます。必要なお金が5千円だったとしても1万円キャッシングすることになるので、予定外に出金した分をつい使いすぎてしまうという危険性もあります。

全体的に見て大きな特徴となるものはありませんが、安定した会社で提供するローンカードとなりますので、その内容も安定していると言えます。

カードローンと言うのは、長く利用していく方が多い便利なものですので、今後の経営に不安を感じない点では、三菱UFJニコスローンカードは長期的な利用に向いていると言えるでしょう。

WEBサービスがあるので、自宅にいながら様々な手続きを行えるという点でも、利用しやすいですね。

少額を今すぐ借り入れしたいと考える方や、パートやアルバイト等の収入が不安定の方にはあまり向いているとは言えませんが、“安心”と“間違いのないカード”を手にしたいと考える方には十分なものと言えるでしょう。

このページの先頭へ