ライフティのカードローンの申込概要

ライフティというのは比較的歴史の浅い、インターネット専門の消費者金融です。

申し込みや契約も店頭まで行かなければならない場合は、家の近くに店舗がなければと断念することもあると思いますが、インターネット専門の金融機関ですと、日本全国どこに住んでいても同じように利用可能となるので助かりますね。

また、ライフティとしても、インターネット申し込みにする事で、電話や窓口受付などの人件費を削減させることができ、同時に経営を安定させることに成功したのです。

元々ライフティは信販事業を行う会社でした。しかし、平成26年「ライフティ」に社名変更を行い貸金業を開始したのです。

消費者金融としては新しい会社であるため、大手の消費者金融との間に実力の差はできてしまいますし、貸金業者として本格始動してから間もないため事務手続きがスムーズには進まない部分もあるようですが、その分今後の伸び率も期待できるのではないでしょうか。

また、小規模消費者金融だからこそできる、柔軟な審査という利点も備えています。大手消費者金融から断られてしまったという方でも、ライフティの審査には通過したという方もいます。

他から借り入れが出来なくて困っている方は、この様な小規模消費者金融に申し込むといいかもしれませんね。

では、今回はライフティで提供されているカードローンのメリットやデメリット、利率、審査申込方法などを詳しく見ていきたいと思います。


ライフティのカードローンの種類

ライフティでは、これまでカードレスのキャッシングを行ってきましたが、平成27年4月よりキャッシングのためのカードの取り扱いを始めました。

その為、これまでインタ―ネットのみの手続きだったものが、全国のセブン銀行からもカードで利用可能となったのです。

これまでキャッシングと呼んでいたものも、カードを利用するカードローンに生まれ変わったのです。

勿論カードレスのままでも利用可能ですが、インターネットでの振り込みのみの借り入れだと、今すぐ現金が欲しいという場合に不便を感じますね。この場合カードのあるカードローンだとセブン銀行に行くだけで自分の希望額をいつでも何度でも引き出し可能となります。

また、ライフティでは、平成27年3月より、カードローンの他にも、おまとめローンの取り扱いも始めました。おまとめローンとは、他社の複数の借り入れを一本化させるためのローンです。

内容はカードローンとほぼ同じになりますので、次はライフティで提供しているカードローン、おまとめローンの詳細について見ていきましょう。


ライフティカードローンのスペック

ライフティカードローンの審査申込資格

満20歳以上69歳以下の安定した収入がある方となっています。

ライフティは、消費者金融なので、総量規制の対象になってしまいます。そのため収入の3分の1以上の借り入れはできません。無職や収入のない専業主婦の方も申し込むことはできません。

しかし、安定した収入があれば、パートさんやフリーターさん、契約社員、派遣スタッフさんなどでも申し込むことができます。

※おまとめローンだと総量規制の対象外となるので、収入の3分の1以上でも借り入れが可能となります。

申し込み方法 ・パソコン
・インターネット接続可能の携帯電話かスマートフォン
・電話
※おまとめローンはWEBからの申し込みのみとなります。
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書

※借入額が50万円以内、もしくは他社との借り入れ総額が100万円以内の場合は収入証明書の提出は不要になります。

※おまとめローンを利用の場合は他社の借り入れが確認出来る書類(契約書、明細書など)が必要となります。

利用可能額 1000円~500万円
利率 4.5%~18.0%
資金使途 基本的には自由
担保 不要
保証人 不要
返済方式 ・借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

借入残高によって返済額が変わっていきます。また、ライフティでは35日サイクルでの返済となっているため、知らず知らずのうちに返済が長引いてしまう傾向にあります。

初回の返済日は借り入れしてから35日後に開始となりますが、その後は前倒しで返済して行くことが可能なので、早め早めの返済を心がけることをお勧めします。

一括返済も可能ですが、前もって電話で連絡しなければなりません。

返済方法 指定口座へ振り込みか、セブン銀行のATMから入金となります。


ライフティカードローンのメリット

メリット1.来店不要

ライフティカードローンは、インターネットから24時間365日申し込み可能です。来店する時間がなくても、家にいながら思い立ったときにすぐ申し込みができるというのは便利ですね。

パソコンだけではなく、インターネット接続可能であれば携帯電話やスマートフォンからも申し込み可能です。


メリット2.1000円からの融資

たいてい金融機関では1万円から1万円単位での貸付を行っていますが、ライフティでは1000円から融資してくれます。無駄に借りすぎる心配がないので、安心ですね。


メリット3.全国のセブン銀行から借り入れ可能

インターネットだと振り込みのみとなってしまいますが、カードを使ってセブン銀行から現金の入出金を行うことが出来ます。いつでも近くのセブンイレブンから自由に引き出し、入金が可能になるのは便利ですね。


メリット4.柔軟な審査

ライフティはまだ歴史も浅いためか、知名度を上げるため積極的な顧客獲得に力を入れている消費者金融です。その為、審査も比較的柔軟だと言われています。

過去に債務整理を行った方や、延滞をしてしまった方でも、自動的に審査落ちとなってしまう他の金融機関とは違い、それぞれの方に対して事情を把握し、今後の返済能力があるかどうか、などの独自の審査方法で慎重に審査を行ってくれます。

どこからも借り入れ出来ないと諦めていた方でも、ライフティのカードローンは利用出来るかもしれません。勿論少額からの融資になりますし、今現在進行形の延滞がある場合は審査に通過することはできませんが、事故情報があっても延滞をきちんと整理した状態で、少額でもいいから借り入れしたいと考えている方は申し込んでみてもいいかもしれませんね。


メリット5.新規顧客でもおまとめローン

消費者金融では、リスク回避のため、基本的には取引の実績がない新規顧客に対して、高額融資を行わない傾向にあります。しかし、ライフティでは高額融資となるおまとめローンも新規顧客に対して積極的に行っています。


ライフティカードローンのデメリット

デメリット1.ATM利用手数料がかかる

カードの取り扱いが開始され、セブン銀行のATMからいつでも何度でも借入・返済を行えるようになったのはいいのですが、利用するたびに手数料がかかってしまいます。

1万円以下・・・108円
1万円超・・・216円

この手数料は利用する度にかかってしまうので、1000円の引き出しでも、10000円の入金でも、1回利用するごとに108円ずつかかってしまいます。利用回数が増えれば増えるほど手数料の負担も増えてしまうので、1000円単位から借り入れできるという点ではありがたいのですが、実際には手数料を減らすために10000円単位での利用の方が多いかもしれません。


デメリット2.無人契約機がない

インターネットで借り入れや返済を行えるのは便利ですが、ネットに不慣れな方にとっては不便に感じるかもしれませんね。ライフティは店舗もなく、無人契約機などもないので、この点から考えると、店舗や提携店、無人契約機などを設置している金融機関に比べると利便性が低いと感じられます。


デメリット3.おまとめローンの欠点

おまとめローンを利用する際、融資金は顧客に対してではなく、借り入れしている他社の口座へ返済分として振り込まれます。しかし、その振込額は元金のみになるので、利息分は別で支払わなければなりません。利息分の支払いを行えない場合は他社を完済させることが出来なくなります。

すると1本化させるためのおまとめローンの意味がなくなってしまいますね。

また、追加で借り入れも出来ないので、セブン銀行からの入出金も行うことができません。

まだ成長過程にあるライフティ。歴史も浅いため、それほど大きなメリット・デメリット部分は見えてきませんが、まだ貸金業者として歩き始めたばかりなので、欠けていると感じられる部分も今後どんどん補われていくのではないかと考えられます。

先が見えない点で不安は感じますが、強い勢いを感じるライフティ。

今後の成長が楽しみですね。

このページの先頭へ