クレジットカードのショッピング枠の現金化とは

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは
最近では、インターネット広告等も出ていることから、クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を良く見かけるようになりましたが、ほどんどの方が現金化の詳しい内容や仕組みについて、ご存知ないかと思います。

クレジットカードの現金化とは、簡単にいうと、クレジットカードのショッピング枠を利用して高額の商品を購入し、その商品を売って現金を手にするという手法のことです。

主に、クレジットカードのキャッシング枠がいっぱいになり、それでも現金が必要な方が、最後の手段として利用する裏技的方法となります。

クレジットカードの使い方としては、最初の目的が物品購入であるため、現金化自体は違法ではありません。

しかし、クレジットカード会社は、現金化のためのクレジットカード利用を禁止しているため、現金化が発覚した場合に、色々と面倒なことになる場合があります。

クレジットカードのショッピング枠の現金化を考えている方は、あくまでも違法ではなくグレーに近い、とても危険な方法だということをきちんと頭に入れておきましょう。(正直、やめたほうが良いと思います。)

では、具体的なクレジットカード枠の現金化にはどのような方法があるのでしょうか。


クレジットカード枠の現金化の方法

クレジットカードの現金化には、自分でショッピング枠を現金化する方法と、現金化をしてくれる業者に頼む方法があります。


クレジットカード枠を自分で現金化

自分で現金化する方法とは、ゲーム機やブランド品、商品券、新幹線や飛行機のチケットなど、換金性の高い商品をクレジットカードで購入し、それを売って現金を手にする方法です。

クレジットカードのショッピング枠現金化業者の相場は、だいたい80%前後とされていますが、自分で現金化すると、商品によっては、それよりも高還元率で売ることが可能になります。

中でも、商品券や新幹線のチケットは、買い取り人気がとても高く還元率90%以上にもなるため、現金化にはもってこいの商品だと言えるでしょう。

ただし、自分で現金化する場合の注意点として、クレジットカード会社に現金化していることがばれてしまい、最悪クレジットカードの利用が停止される可能性があります。

特に、キャッシング枠いっぱいに借りている人間が換金率の高い商品をクレジットカードで購入すると、現金化と思われる可能性がより高くなり非常に危険です。

還元率の高い商品を購入しただけで、いきなりクレジットカードの利用停止とは乱暴な気もしますが、ショッピング枠を現金化するような人は、借金に借金を重ねている場合がほとんどであり、きちんと返済ができる状況にないか、最初から返済する気がない場合が多いため、クレジットカード会社側としては、未収リスクの高い現金化阻止に力が入るのも無理はないと言えます。

つまり、個人での現金化は、高額還元の売買ルートが見えていても、高還元率の商品ほどクレジットカード会社からマークされやすく、安全な商品は、なかなか高額還元ができないというジレンマがあるわけです。


クレジットカード枠を業者に現金化してもらう

そして、その個人売買でのデメリットをカバーしてくれるのが、クレジットカードのショッピング枠の現金化を行ってくれる現金化業者になります。

現金化業者のシステムは、どうなっているのかというと、古物取引の営業の許可をとった現金化業者から、適当な安い品物を高額でクレジット払いで購入し、その8割程度の金額を、後日、自分の口座にキャッシュバックしてもらうというものです。

この場合、クレジットカード会社に現金化のことがばれる心配はありませんが、現金化のために、約2割の手数料を現金化業者に支払う必要があります。

この2割の手数料を高いとみるか、安いとみるかはその人次第かと思いますが、自分で物品を購入し、高く売却するための手間や、確実に8割の現金がすぐ手元に届くという点に、魅力を感じる人も多いようです。

ただし、現金化業者が古物取引きの営業許可をとっているといっても、クレジットカード現金化の許可を得ているわけではありません。

一部のクレジットカード現金化業者が、貸金業法・出資法違反によって摘発されている例もあるので、クレジットカードの現金化を行う場合には、自己責任のもと、慎重に行うようにしましょう。

また、クレジットカードの現金化業者には、常識では考えられないような悪徳業者も多数存在しています。

インターネット上の宣伝や広告では、9割還元など高い数字を表示をしておきながら、こちらが商品を購入した後に、何かと理由をつけて手数料を押し上げていき、実質7~8割程度の還元率だったといのも、現金化の口コミでは良くある話です。

気付いてから現金化の取引きをキャンセルするといっても、クレジットカードで商品を購入した後の場合、ほとんどの業者があり得ない額のキャンセル料を請求してくるため、最終的にはどうすることも出来ず、泣き寝入りするしかありません。

クレジットカードのショッピング枠現金化の相場は、だいたい7~8割と言われていますから、それ以上の還元率を謳っている業者は、悪徳業者である可能性を疑ったほうが良いでしょう。

中には、取得した顧客情報をヤミ金などに流したり、クレジットカードで決済だけさせて、現金を振り込まない等、恐ろしい悪徳業者も存在するようです。

現金化をせずに済めばそれが一番ですが、どうしてもしなければならない状況になったら、口コミや体験談など、少しでも現金化業者の情報を集めて、悪徳業者に捕まらないようにしましょう。

また、クレジットカードの現金化ではなく、消費者金融のキャッシングや銀行カードローンでお金を借りるのも1つの手です。

名が通っている大手の消費者金融や銀行でしたら、悪徳業者である可能性は0ですので法外な利息を取られたり、個人情報をヤミ金に流されるようなこともありません。

クレジットカードの規約違反もいけないことです。

できれば、まっとうな方法で資金調達するようにしてください。

このページの先頭へ