普通預金口座を作らないと銀行カードローンは利用できない?

普通預金口座を作らないと銀行カードローンは利用できない?
銀行のカードローンは、一度申込みをしてローン専用のカードを作っておけば、困った時にすぐにATMからの借り入れや返済ができる便利なカード型ローンです。

現在、ほとんどの銀行のカードローンにおいて、審査の手続きがインターネットから簡単に行えるようになりました。

それにより、近くに店舗窓口のない銀行にも、カードローンの申込みが可能となり、以前に比べて、カードローンの選択肢が格段に増えています。

ここで、ひとつ疑問なのですが、銀行のカードローンは、ローン取り扱い銀行の普通預金口座の開設が当たり前のことのように記載されていますが、絶対にその銀行の普通預金口座がないと利用できないものなのでしょうか。


預金口座は必須ではない銀行カードローンも一部ある

気になったので調べてみたところ、少数ではありますが、ネット専業銀行を中心にいくつかのカードローンでは、普通預金口座の開設をせずとも、カードローン契約ができるようです。

具体的にいくつかの銀行の名前を挙げると、現時点で、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、じぶん銀行カードローン、東京スター銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、新生銀行カードローンレイク等が、普通預金口座開設なしでカードローン契約をすることができます。





普段、全く利用のない銀行に普通預金口座を作りたくない方は、これらの普通預金口座開設が必要ない銀行、または、普段利用中の普通預金口座のある銀行のカードローンに申込むと良いでしょう。

もし、普通預金口座の開設が必須である銀行にカードローンを申し込む際に、口座を持っていなかった場合は、審査が通っても、融資実行よりも先に銀行口座の開設が優先されてしまいます。

そうなると、普通預金口座の開設に早くとも一週間程度かかってしまい、お金を借りられるまでに、最長二週間ほどかかる場合があるので、急いでカードローンを利用したい方には注意が必要です。

銀行によっては、審査に普通預金口座は必要ないと紛らわしい広告を出しており、審査を通過してから、申込み時に普通預金口座の開設を迫られる場合もあるので、審査から融資まで普通預金口座の開設が必要ないか、きちんと各銀行の公式ホームページ等で詳細を確かめておきましょう。

また、普通預金口座の開設が必要ないとしている銀行のカードローンでも、返済を違う銀行の普通預金口座からの引き落とし返済設定にする際、手数料が発生したり、インターネット振り込みによる返済に、振り込み手数料が発生する場合があります。

申込み後に後悔しないためにも、公式ホームページ等で手数料の詳細を確認しておくようにしましょう。

最後に、インターネット完結型の契約で銀行のカードローンを利用する際の注意点として、ATM利用時の手数料問題があります。

基本的に、カードローン契約した銀行のATMを利用する分には、手数料無料の場合がほとんどなので何も問題ありません。

ただし、選んだ金融機関によっては、自分の行動範囲に店舗ATMがない場合があり、どうしても提携先銀行やコンビニのATMを利用することになります。

最近では、提携先ATMでも手数料無料でカードローンの利用ができる銀行が増えてきましたが、地方銀行などでは、他行利用手数料が発生する銀行もまだまだ少なくありません。

せっかく、金利の低いカードローンを探し出し、ネット契約ができたしても、毎回の利用に手数料がかかってしまっては、すべての苦労が台無しになってしまいます。

カードローンをインターネット契約で利用する際には、その後の返済のことも頭に入れて、なるべく使い勝手の良い銀行を探すと良いでしょう。

このページの先頭へ