毎月の最低支払金額が低い返済が楽なカードローンは?

毎月の最低支払金額が低い返済が楽なカードローンは?
最近では、インターネットを利用することで、自分の行動範囲に窓口のない金融機関でも、パソコンやスマホから簡単にカードローンの申込みが可能となっています。

これにより、私たちカードローン利用者側は、このweb完結型の申込み方法を取り扱っている金融機関の中から、より条件の良いカードローンを自由に選択できるようになりました。

しかし、現在カードローンを取り扱っている金融機関の数は非常に多く、自分の力だけで、情報収集をすることは大変難しくなっています。

ここでは、数あるカードローンの中から、特に設定される最低返済金額が低く、毎月の返済が楽なカードローンをいくつかご紹介したいと思います。

まず、毎月の支払いが楽なカードローン会社として、三菱東京UFJ銀行バンクイック、プロミス、レイク、オリックスVIPローンがあります。


毎月の支払金額は少ないカードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、小口融資から大口融資まで、どの借り入れ残高でも圧倒的に最低支払い金額が少ないカードローンです。

10万円以下の借り入れ残高であれば、毎月の最低支払い金額が2,000円で済みます。



それに対してプロミスは、小口の借り入れの際の最低支払い金額が少ないカードローンです。借り入れ残高が上がるにつれて、平均的に支払い金額が増えていくので、小口借り入れが目的の人にはおすすめできますが、大口の借り入れにはあまり向いていません。

30日間無利息サービスもプロミスのおすすめポイントです。



新生銀行レイクは、大口と小口の最低支払い金額のバランスが良いタイプのカードローンです。どの借り入れ金額でも、最低支払い金額が平均的に低めになっているので、いくら借りるか未定の方には良いでしょう。

ちなみにレイクも無利息サービスがあります。



オリックスVIPカードローンは、30~50万円を超える融資の際に、返済がとても楽になるカードローンです。

100万円を借りる際には、最低支払い金額が2万円となり、バンクイックと同じになります。ただし、借り入れ残高が50万円以下になっても、ずっと最低1万円は支払っていく必要があるので、段階的に支払い金額が下がってほしいという人にはおすすめできません。


このように毎月の最低支払い金額は、同じ金利で同じ金額を借りたとしても、ほとんどのカードローンで設定が異なっており、毎月の返済金額に大きな違いがあることはあまり知られていません。

しかし、同じ5万円を借りた時でも、バンクイックでは最低支払い金額が2,000円、オリックスVIPローンでは1万円と実に8,000円もの違いがあります。

毎月の支払い金額が少ないほうが楽で良いという方には、バンクイックがおすすめです。

では、ここでもう一つ別の視点から、カードローン返済の楽さについて考えてみようと思います。


毎月の返済額が少ない場合のデメリット

たしかに、上記のように最低支払い金額が少ないと、毎月の返済負担が少なくなり、お金も手元に残るので返済はとても楽です。

※カードローンは毎月の借入残高に応じて最低返済金額が設定されます。これを約定返済と呼びまが、金融会社によって金額が違います。

しかし、それは裏を返せば、元金の減りが少ないということでもあるため、返済期間が長期化してしまうというデメリットがあります。

返済期間が長くなると、元金に対して利息のかかる期間も長くなり、返済総額も自然と大きくなっていきますから、全体を通してみると、最低支払い金額が少なければ少ないほど損をしていることになります。

それに対して、借金の最低支払い金額が大きくなれば、月々の支払いは大変になりますが、その分、早く元金部分が減っていくことになります。

元金が早く減っていけば、おのずと返済期間も短くなり、早い段階で借金から解放され、結果的には楽になることができるわけです。支払う利息の総額も変わります。

具体的に、どの程度の期間と利息に差がでるのかというと、

同程度の金利(17~18%)のカードローンで10万円を借りた場合、最低支払額が3,000円だと支払い期間が44~45回、総支払い額が13万前後なのに対して、

最低支払額が1万円だと支払い期間が10~11回、総支払い額が11万前後となり、支払い期間が3年弱、支払い総額は2万円もの差が出てくることになります。

ただし、最低支払い金額は最初の設定から下げることができないため、お金に余裕がなくなった場合に支払いができず、遅延や延滞などのトラブルが起こりやすいというデメリットもあるので注意しましょう。

このようにどちらのタイプも、メリット・デメリットがあるため、どちらのほうが良いのかというのは、なかなか難しい選択です。

個人的には、どこのカードローンも繰り上げ返済が簡単にできるようになっているので、なるべく、最低支払い金額の少ないカードローンを選んでおき、お金に余裕がある月には多めに返済していくというやり方をおすすめします。

もちろん、毎月の返済に余裕のある方なら、はじめから最低支払い金額の高いところを選んでも良いでしょう。

ただし、最低支払い金額は、基本的に下げることができないため、急な出費が続いた時などに支払いができなくなる可能性も多少考慮しておく必要があります。

人間お金があると、ついつい使ってしまうものですから、自制心を養うためにも、事前にカードローン会社に設置してある返済シュミレーション等で、具体的な返済計画を立てておくと良いでしょう。

返済シュミレーションは金利や支払い予定額を入力することで、支払い総額や支払い期間等を簡単に割り出すことができる便利機能のことです。

この機能を使うことで、カードローン返済の全容がわかるようになり、具体的な数字を導き出すことによって計画性も出て、もっと返済が楽になるかと思います。

このページの先頭へ