プロミスとSMBCモビット 違いは?借りるならどっち?

消費者金融として有名な「プロミス」と「SMBCモビット」ですが、実際の貸付内容はよくわからないという方も多いと思います。

ここでは、プロミスとSMBCモビットのカードローンの内容を確認し、比較して両者の違いを明確化していくのですが、結論から言うとプロミスがおすすめです。

 

プロミス SMBCモビット
金利 4.5~17.8% 3.0~18.0%
無利息サービス 30日間無利息 なし
WEB完結・カードレス あり あり
即日融資 あり あり
審査スピード
24時間申込み(スマホ・PC)

 

両方とも、即日融資、電話連絡なし、カードレスで借りれますが、

SMBCモビットが勝っているのは限度額だけ。しかし初めて利用の方が500万円以上借りることは難しいですし、そもそも必要ない方がほとんどですよね?

だったら、30日間無利息サービスがあり、低金利のプロミス(※上限金利の適用がほとんどです)で借りる方が得策です。

※なぜプロミスがおすすめなのか?もっと詳しく見たい方は以下をご覧ください。

※もっと詳しくプロミスとSMBCモビットのカードローンについて知りたい方は以下の「もくじ」をご覧ください。


1.プロミス

 

申し込み条件 20歳以上69歳以下の安定した収入のある方
主婦や学生のパートやアルバイト等による収入でも、その収入に安定性があれば申し込むことも可能ですし、審査後問題がなければキャッシングを利用することもできます。
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証、パスポート、もしくは健康保険証+住民票など)
・収入証明書(50万円を超える借入、もしくは他社の借り入れ額を合わせると借入残高が100万円を超えてしまう場合のみ、最新の源泉徴収票や確定申告書、給与明細書、賞与明細書などが必要になります)
申し込み方法 ・Web
・プロミスコール
・自動契約機
・店頭窓口(お客様サービスプラザ)
・郵送
遅借入限度額 500万円
遅延利率 20.0%
返済方法 ・店頭窓口(お客様サービスプラザ)
・プロミスATM
・インターネット返済(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行)
 ※この場合、それぞれの金融機関でインターネットバンキングの手続きが必要になります。
・口座振替
・コンビニ
・提携ATM
・銀行振込み
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
担保、保証人 不要

 

CMでもおなじみの「プロミス」。CMの中でも「早い!君たちはやっぱりプロミスだ」と強調しているように、プロミスは審査が早いことが売りのようですが、その他にもプロミスならではの特徴がたくさんあります。

プロミス カードローンの特徴

30日間お利息無料(借入日翌日~)

プロミスを初めて契約した方の場合、初回利用日の翌日から30日間は無利息となります。もし、30日以内に完済することができれば、借り入れした元金のみの返済でOKとなるのです。

また、1度完済し、さらに借り入れをした場合でも、それが初回利用後30日以内のことであれば、無利息となります。

つまり、初回利用後、30日以内であれば何度でも無利息で借入・返済が可能ということになるのです。

ただし、無利息サービスを受けるためには、以下の3つの条件をクリアしなければなりません。

・初めてプロミスに契約した方
・メールアドレスを登録した方
・明細の受け取りい方法をWEBにした場合

ただ、条件と言っても、手軽なものばかりなので、プロミスを初めて契約した方はたいてい無利息サービスをうけることが出来そうですね。

さらにここで重要なのは、無利息期間は「契約日~30日間」ではなく、「利用日~30日間」という点です。

つまり契約をしても、借り入れをしない限り無利息期間を先延ばしにすることが出来るということになります。

他の消費者金融(アコムアイフル)では、借り入れの有無にかかわらず契約した次の日からすぐに無利息期間が開始してしまうので、契約から借り入れまでの期間が長ければ長いほど無利息期間も短くなってしまいます。

もし、契約してから何らかの事情で借り入れが遅れてしまい、30日後に初めて借り入れした場合、無利息サービスは期間切れということで受けることが出来なくなってしまうのです。

その点、プロミスなら「借り入れ利用日の翌日~」のカウントなので、契約をしても実際に借り入れするまで無利息期間の30日をしっかりと残しておくことが出来ますね。

24時間365日申し込み受付

プロミスはWeb申し込みが可能なので、土日祝日も関係なく、夜中でも早朝でも、思い立ったその時に借り入れ申し込みできます。必要な時にすぐ対応してもらえるのは嬉しいですね。(プロミスコールでの申し込みは9時~22時)

プロミスは入会金、年会費無料

カードローンの申し込みは無料です。入会金や年会費は一切かからないので、今すぐ利用する予定がなくても、万が一の時のための備えとして申し込んでおくということも可能です。

誰にも知られずWebで完結、カードレス

プロミスの場合、Webで申し込みを行い、返済方法を口座振替にした場合、借り入れから返済まで誰にも会わずに完結させることが出来ます。また、この場合はカードレスの取引となるため、郵送物も発生しません。

カードを発行してもらうこともできますが、自宅に郵送されることを避けたいときは、自動契約機でカードを受け取ることもできます。

誰にも知られたくない借り入れも安心ですね。

プロミスのアプリローン

新しいサービスとして、プロミスのアプリローンが登場しました。

スマホがあれば、無料専用アプリをダウンロードして必要事項を入力するだけで、申し込みから契約までをアプリで完結させることができるので、とても便利です。

三井住友VISAプリペイドカードへのチャージもできるので、カードレス&キャッシュレスで借り入れもできてしまいます。もちろん、アプリを利用して、借り入れだけではなく返済もできてしまいます。

また、今すぐ現金が必要だという場合は、アプリで手続きした後、近くのセブン銀行スマホATMから出金することもできます。

即日融資可能

申し込み後、最短30分で審査が完了します。(状況により変動あり)

さらに以下の条件を満たした場合、即日振り込み融資も可能となります。

・「口座振替による返済」を選択
・「カード郵送希望なし」を選択
・プロミスインターネット会員サービスにログインし、契約内容を確認
・平日の14時までに、契約内容を確認するところまで完了

14時を過ぎてしまうと振り込み融資は難しくなりますが、自動契約機まで行くことが出来れば、その場で現金で融資してもらうことも可能です。

また、三井住友銀行かジャパンネット銀行であれば24時間振込可能なので、このどちらかの銀行への振り込み希望の場合は、その日の22時までに契約が終了していると即日融資が可能になります。(三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている必要があります)

3秒で借入診断

プロミスの公式サイトでは、実際に借入可能なのかどうか、借り入れできる場合の限度額はどれくらいになるか等を診断するための、「借入シミュレーション」というものが用意されています。

しかも、たった3項目の入力で、3秒で完了するという簡単なものです。

簡易的な仮の審査になるので、本審査では結果が異なってくることもあるかもしれませんが、本審査前にある程度の目安を知りたいという場合、便利ですね。

選べる返済期日

返済日は5日、15日、25日、末日の中から選択することが出来ます。お給料日等の都合で返済日を決めることが出来るのは嬉しいですね。

ただし、三井住友銀行かジャパンネット銀行以外の口座振替希望の場合は、返済日は5日のみになってしまいます。

利息は日数計算

フリーキャッシングを利用した場合にかかる利息は、日数分だけになります。

「利息=利用金額×借入利率÷365日×利用日数」で計算ができます。

短期間の借り入れに便利ですね。

具体的にイメージしたい場合は、公式サイトの「ご返済シミュレーション」から計算することが出来ます。

返済も自宅で完結

スマホアプリ、Web、口座振替等で返済することが出来ます。来店する手間もなく、土日祝日も関係なく返済したいときに自宅にいながらすぐ返せるのは便利ですね。

ATM利用手数料0円

プロミスATM、三井住友銀行ATMからの返済や借入の場合は、手数料0円になります。何時でも手数料を気にせず借入・返済手続きができますね。

また、店頭窓口や口座振替による返済も手数料無料です。(口座振替は、三井住友銀行やゆうちょ銀行のほか、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、北海道銀行、みちのく銀行等、100近くの銀行で可能となっています)

さらに、コンビニエンスストアのマルチメディア端末(LoppiやFamiポートなど)からも返済手数料が無料になります。

※コンビニでの借入は、マルチメディアではなくATMからになります。この場合手数料がかかってしまうのでご注意ください。

嬉しい低金利

プロミスの金利は4.5%~17.8%となっています。

初回の借り入れの場合はたいてい上限金利が適用されるので、借り入れの際注目すべき金利は上限の17.8という数字になります。

銀行のカードローン等と比較すると高いと感じるかもしれませんが、たいていの消費者金融では上限を18%に設定しています。それらから比べると低いと言えるでしょう。

たった0.2%の違いと感じるかもしれませんが、借入額が大きくなればなるほど、この0.2%の大きさも実感することでしょう。

プロミスレディース

初めて借り入れをする場合、誰でも不安や緊張を覚えるものですね。特に女性は、担当者が男性だった場合、威圧感を覚えたり恐怖心を抱く方もいるようです。

プロミスでは、そんな女性のために、安心して相談できるよう女性専用窓口を用意してくれているのです。

女性専用窓口にいるのは女性の担当者のみになっています。女性同士なら、話しづらい内容でも安心して話すことが出来そうですね。

自社ATMを持っている

プロミス独自のATMがあちこちに設置されています。また、自動契約機もあり、どちらもそれぞれ全国に1000以上の設置となっています。

さらに提携銀行のATMやコンビニなどでも利用可能なので、プロミスならWeb以外でもいつでもどこでもすぐに利用できる環境にあると言えますね。

プロミスカードローンのデメリット

基本的にはメリット部分が多いカードローンではあるのですが、プロミスの利用を検討する際の参考として、いくつか気になる点も挙げておきます。

銀行のカードローン等に比べると高金利

銀行のカードローン等だと15%程度に抑えられています。しかしプロミスは銀行ローンに比べると高いですね。(SMBCモビットも同様ですが)

プロミスを提供しているSMBCコンシューマーファイナンスは、銀行系ではあるのものの消費者金融には変わりないため、銀行ローンほどの低金利にはならないのです。

ただし、上限を18%に設定している消費者金融がほとんどですので、それらに比べると低金利と言えます。

手数料がわかりにくい

入手金の際、手数料がかかってしまう場合とかからない場合があります。

ATMを利用した場合もどのATMかによってかかる場合とかからない場合があるのです。ちょっとわかりにくいので、まとめておきますね。

手数料が無料となるATMはプロミスと三井住友銀行のみになっています。

それ以外の提携ATMを利用した場合は、借入額に応じて108円~216円の手数料がかかってしまうので注意が必要です。

1万円以下の場合・・・108円(借入時・返済時)
1万円 超の場合・・・216円(借入時・返済時)

また、コンビニのマルチメディア端末を使用して返済した場合も手数料0円となりますが、借り入れはマルチメディアではなくATMを利用しなければならないので、手数料がかかってしまいます。

インターネット返済の場合は手数料無料ですが、各金融機関でインターネットバンキングの手続きが必要になります。

振り込みによる手続きも、振込手数料がかかります。

限度額が低め

限度額が500万円と低めに設定されています。これは消費者金融では平均的な数字ではありますが、銀行のカードローンでは1000万円の限度額のものもあるので、それらと比べると低めですね。

在籍確認があるかもしれない

審査の結果、状況に応じて在籍確認が行われる場合もあります。あらかじめ、電話連絡をしてほしくない旨伝えることで、配慮してくれることもありますが、絶対に行われないとは言い切れません。

2.SMBCモビット

申し込み条件 満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方。正社員ではなくても、パートやアルバイトによる収入があれば主婦でも申し込み可能です。
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
・収入証明書(必要な場合あり)
申し込み方法 ・Web
・電話
・郵送
・SMBCモビットのローン申し込み機
・三井住友銀行のローン契約機
借入限度額 800万円
貸付利率 3.0%~18.0%
遅延利率 20.0%
返済方法 ・銀行、コンビニなどの提携ATM
・口座振替(毎月自動で返済可能)
・銀行振込
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
担保、保証人 不要

こちらは三井住友銀行グループであるSMBCモビットのカードローンになります。プロミスほどのCMによる影響力はありませんが、人気のある消費者金融となっています。

SMBCモビットカードローンの特徴

入会金、年会費無料

入会金も年会費もかからないので、今すぐ必要ではなくても、万が一の時のために申し込みだけしておいて、備えておくということもできます。

WEB完結申し込み、カードレス

SMBCモビットなら申し込みから融資までの手続き全てをネットで完結させることが出来ます。カードローンではありますが、ネット完結の場合はカードを発行せずに利用できるため、カードレスとなります。

キャッシングは家族や友人・知人に知られたくないという場合、Web申し込みだと電話連絡や郵送物がないので安心ですね。

また出かけるのが面倒、思い立ったその時にすぐ申し込みをしてしまいたい、という方でも、自宅にいながら融資の申し込みができるWeb完結は大きなメリットと言えるでしょう。

さらに、カードレスということで、カード紛失などの危険性も避けられますね。

便利なスマホアプリ

SMBCモビットとの契約完了後、アプリを登録すると、そのアプリから借り入れ手続きをすることが出来ます。

アプリを使って他行へ振込手続きもできますし、現金で受け取りたい場合は、アプリで手続きするとカードレスでもセブン銀行からキャッシングすることができます。便利ですね。

即日融資可能(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合あり)

本審査もスピーディで、だいたい申込から借り入れまで約1時間~2時間程度で完了します。

即日振込を希望している場合は、銀行が15時までの営業になっているので、その日の14時30分までに手続きを完了させなければなりませんが、SMBCモビットは21時まで営業しているので、契約機から現金でキャッシングする場合は、19時までに申し込みをすると即日融資が可能になります。

※時間については、SMBCモビットに電話確認済み。

10秒簡易審査

SMBCモビットはWebで24時間申し込みが可能になっています。さらに必要事項を入力し申し込み後、約10秒で簡易審査の結果が見れます。

他社では1秒審査、3秒審査など、もっとスピーディーな審査も用意されていますが、SMBCモビットでは他社のような簡易的な審査ではなく、本審査に近い内容で簡易審査が行われます。

そのため、実際に借入する際に審査結果が異なってくるということが少なくなっているのです。

このような本審査に近い審査をSMBCモビットは10秒で受けられるというのは嬉しいですね。

選べる返済日

プロミス同様、SMBCモビットも返済日は、5日、15日、25日、末日の中から好きな日を選ぶことができます。お給料日等に合わせて選択できるのは嬉しいですね。

口座振替の場合も、この中から好きな日を選択することができます。プロミスの場合は三井住友銀行かジャパンネット銀行以外の口座振替は5日のみと決められてしまうので、選択可能なのは嬉しいです。

返済シミュレーション

SMBCモビット公式サイトの返済シミュレーションでは、毎月の返済額や返済月数などを計算することができます。返済計画を立てるのに便利ですね。

また、利息はプロミス同様、日割り計算となっています。

借入残高×実質年率÷365日×利用日数=利息

限度額800万円

SMBCモビットはノンバンクのカードローンなのに、800万円と、銀行のカードローンに匹敵するほどの高い限度額となっています。

最初から限度額ギリギリまで借り入れすることは難しいと思いますが、これだけのゆとりがあると、後々必要となった時に安心ですね。

電話連絡ナシ

ローンやキャッシングの申し込みをした後、たいていは職場へ在籍確認が行われますね。どの金融会社も会社名は出さずに個人名を使って電話するなどの配慮はしてくれますが、誰にも知られたくない借入の場合、在籍確認されることで気づかれるのでは?とヒヤヒヤしてしまうものです。

しかし、SMBCモビットでは申し込みから借り入れまでWebで完結できるため、電話連絡なし、郵便物送付等もなしです。

実際SMBCモビットの公式サイトにも、「電話連絡なし」と記載されています。そこをクリックすると「お勤め先確認などのお電話はいたしません。審査結果のお知らせなど、SMBCモビットからのご連絡はメールのみです」という文章が出てきます。

知られたくない借り入れも安心ですね。

SMBCモビットのデメリット

SMBCモビットを単独で見ると、とてもメリットの高いカードローンのように感じるのですが、プロミスと見比べると気になるデメリット部分が見えてきてしまいます。

私が感じたデメリットをひとつずつご紹介していきますね。

無利息サービスがない

プロミスのような30日間無利息というサービスは行っていません。30日以内に完済したい場合は、無金利となるプロミスの方がお得ですね。

プロミスに比べ高金利

下限は3.0%と、プロミスよりも低くなっていますが、初回申し込みの場合はたいてい上限の金利が適用されます。

返済実績を積み、信用性が上がることによって、徐々に低金利や高額融資も可能となってくるのですが、そのような信用を得るためには長い時間が必要となるでしょう。

そのため、基本的には下限よりも上限の金利が重要となってくるのです。

そこでSMBCモビットを見てみると、上限18.0%となっています。プロミスよりも0.2%高くなっていますね。微々たるものかもしれませんが、借入額が増えれば増えるほど、0.2%の差は大きく感じられるものです。

初回で、短期借入の場合はプロミスのほうが良さそうですね。

利用時に手数料がかかる

三井住友銀行の口座引き落としであれば手数料はかかりませんが、その他の提携ATMを利用したり、振込等による借り入れや返済は手数料がかかってしまいます。

<提携ATM>
1万円以下の場合・・・108円(借入、返済)
1万円 超の場合・・・216円(借入、返済)

<銀行振り込み>
利用する金融機関によって手数料は変わってきます。

Web完結するためには、条件がある

誰でも申し込みから借り入れまで簡単にWebで完結できるわけではありません。

以下の2つの条件をクリアする必要があります。

①下記のいずれかの口座を持っている
ゆうちょ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行

②下記のいずれかの保険証を持っている
全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)
組合保険証

SMBCモビットは自社ATMがない

プロミスのような自社ATMを持っていません。また、提携銀行がプロミスより少なくなっています。いつでもどこでも利用できる環境かどうかを考えると、プロミスのほうが上のように感じてしまいます。

3.プロミスとSMBCモビット、結局お金を借りるならどっち?

プロミスもSMBCモビットも、どちらも魅力的なカードローンではあるのですが、見比べるとプロミスのサービスのほうが手厚いように感じます

 

 

 

SMBCモビットの問い合わせセンターへ確認したところ、SMBCモビットの売りは以下の点だと言っていました。

・審査が早いこと
・スマホで完結できること
・カードレスでキャッシングも可能であること
・入会金、年会費無料であること

しかし、プロミスも、カードレスでキャッシングできますし、審査も最短で30分という速さになっています。もちろん入会金や年会費もかかりません。さらにプロミスでは、それまでなかった新サービスとしてアプリローンも登場してしまいました。

この時点で、SMBCモビットの売りであるサービスをプロミスも同様に行っているということになります。

その他にも、30日間無利息という、プロミスならではのサービスがありますし、利率を見てみると上限は0.2%プロミスのほうが低くなっているのです。

さらに返済方法を見てみると、プロミスはSMBCモビット同様の口座振替や銀行振込、ATM返済などができるうえ、Webや店頭窓口からの返済も可能となっています。利便性でもプロミスの方が上ですね。

プロミスは自社ATMも持っており、あちこちに設置されているため、利用したいとき直ぐに利用できる環境も嬉しいです。

そして、やはり現時点ではプロミスはSMBCモビットよりも知名度も高いと言えるのではないでしょうか。CMの影響力によるものもあるかもしれませんね。

限度額に関しては、SMBCモビットが800万円、プロミスが500万円となっているので、高額融資を希望する場合はSMBCモビットが便利だとは思うのですが、800万円まで借入できるようになるためには長期的な取引と信用がなければ難しくなります

更に消費者金融なので、どんなに信用のある方でも、収入の3分の1までしか借り入れすることが出来ません。

こうなってしまうと、SMBCモビットならではの売りが目立たなくなってしまいますね。

今の段階では、やはりプロミスの勝利と言えるでしょう。

30日間等、短期間での借り入れ完済を考えている方、利便性重視の方は特にプロミスがお得です。

ただし、消費者金融同士の競争も激しくなっていますし、サービス内容もどんどん向上しています。SMBCモビットも知名度を上げていますので、今後どのように進化していくのか楽しみですね。

このページの先頭へ