住宅ローン返済中はマイカーローンを組むのは難しい?

大きな金額が必要になることから、特にローンを組んで購入することが多いものに、自動車、そして住宅があります。

マイカーローンをお考えの方の中には、すでに住宅ローンでお金を借りている、またはこれから住宅ローンでお金借りる予定の方も少なくないことでしょう。

その場合に気になるのは、やはり審査についてです。現在住宅ローンを返済中の場合、マイカーローンを組めなくなるようなことはあるのでしょうか。マイカーローンの審査にどのような影響があるのか、詳しく見てみることにしましょう。

スポンサードリンク


 


マイカーローンを組むことは可能だが…

まず住宅ローンとマイカーローンの併用に関してですが、結論から言うと現在住宅ローンを返済中の方でも、新たにマイカーローンを組んでお金を借りることは可能です。

当然のことながら、ローンの審査基準は融資額が大きければ大きいほど厳しいものになります。そのため、非常に大きな額を借りることになる住宅ローンのほうが、マイカーローンよりも通るのが難しいことは間違いありません。

各ローンの審査基準は公開されているわけではありませんが、現在住宅ローンを返済している方は厳しい基準をクリアした実績があるわけですから、恐らく属性では大きな問題はないと考えられます。

さらに現在に至るまで信用情報に傷のない状態が続いているのであれば、マイカーローンの審査にも通る下地は十分にあると言えます。

しかし問題は、以前の審査時にはなかった「住宅ローン返済中である」という要素が加わることでしょう。これがマイカーローン審査にどの程度影響してくるのかを推し量る基準のひとつに「返済比率」があります。

返済比率とは?

返済比率とは、年間の返済額が年収に対してどれだけの割合を占めるのかを示したものです。返済負担率と呼ぶこともあります。ここで言う年間の返済額は、これから申し込むマイカーローンのほか、住宅ローン、カードローン、割賦払いで購入した携帯電話本体代金、奨学金など返済分を全て合計して考えます。また、年収は税金などがマイナスされる前の額面の金額で計算します。

この返済比率がローン業者の設定しているラインに収まっていたら良いのですが、もしオーバーしていると審査には通らない、もしくは減額されてしまうことになるのです。

返済比率のボーダーラインがどこに引かれているのかは年収によって異なっています。ローン業者の考え方にもよりますが、一般的には年収が400万円未満の方は30%を超えると審査に通るのが難しくなり、400万円以上の方は35%を超えると厳しい判断をくだされる可能性が高いと言われています。

ひとつの例を挙げてみましょう。

年収500万円のAさんは、現在住宅ローンで月々7万円、それ以外に月々3万円の返済を抱えています。このAさんが月々5万円返済するマイカーローンを考えているとしましょう。この場合の返済比率は、

(7万+3万+5万)×12ヶ月÷500万円=0.36

36%となり、年収400万円以上の方のボーダーラインの「35%」をオーバーしてしまっています。これでは審査に通らないか、減額されてしまう可能性が非常に高いというわけです。

しかしこのAさんが、マイカーローンの返済を月々4万円に減らしたらどうなるでしょうか。

(7万+3万+4万)×12ヶ月÷500万円=0.336

返済比率は33.6%となりました。これならボーダーラインである35%以内に収まっていますので、返済比率の基準をクリアしているということになります。

事前のシミュレーションで審査に通る確率を上げて!

このように、肝となるのはローンの総額ではなく、年間(もしくは月々)の返済額になります。ここでご紹介した返済比率の数字はあくまでも目安ですし、実際の審査にはそれ以外の要素も多く加わってきますが、事前にしっかりシミュレーションすることである程度はローンに通る確率を引き上げることも可能だと言えるのです。

しかし、月々の返済額を抑えるということはローンの長期化に繋がり、それだけ支払利息の負担が増えてしまうことにもなります。

「マイカーローンはできるだけ早く片付けてしまいたい」「余計に支払う利息分がもったいない」ということなら、借り入れを申し込む金額自体を減らすことを考えたほうがいいでしょう。

また、マイカーローンのない現在の状態でもすでに返済比率が限界に近いのであれば、ここから新たにマイカーローンを組むことはかなり難しいと言わざるを得ません。その場合には現金で購入するなどローンを組む以外の方法を検討する必要が出てくることになります。

スポンサードリンク


 

マイカーローンと住宅ローン 同じ金融機関で組めば金利優遇も!

金融業者の中には、返済中の住宅ローンの滞納がない人向けにマイカーローンの金利を優遇するプランを打ち出しているところもあります。

金融機関からすれば、これまでの返済に全く問題のなかった利用者はまさに優良顧客であり、むしろどんどん貸したいという意識があるのでしょう。優遇される金利の幅も決して小さなものではないので、現在住宅ローンを返済中で返済比率に問題のないは、まずは同じ金融機関のマイカーローンをチェックしてみることをお勧めします。

金利優遇のあるマイカーローンの一例をご紹介します。

三井住友銀行 マイカーローン

マイカーローン申し込み時に三井住友銀行の住宅ローンを利用中で返済に遅延がない方を対象にしたもので、借り入れ時から完済時までの金利が店頭金利より年1.5%マイナスされます。ちなみに2018年8月1日現在の金利は年4.475%(変動金利)ですので、この場合は年2.975%となりますね。

りそな銀行 マイカーローン

マイカーローン借り入れ時に同一口座でりそな銀行の住宅ローンを利用中で、なおかつマイゲート(りそな銀行のインターネットバンキングサービス)を契約している方を対象に、金利が年1.9%になるプランがあります。2018年6月1日現在の通常の金利が年4.475%(変動金利)ですので、りそな銀行の住宅ローン利用者にとっては見逃せない好条件だと言えるでしょう。

マイカーローン返済中に住宅ローンを組むのは難しい

ここまで住宅ローン返済中のマイカーローンについてご紹介してきました。審査への影響についてはこのようにケースバイケースなのですが、この逆パターンとなる「マイカーローンの返済中に住宅ローンを組む」ケースと比べると、難易度はかなり低いと言えます。

マイカーローン返済を抱えながら住宅ローンの審査に通るほうが、実は遙かに難しいのです。

住宅ローンの審査でも返済比率が重視されるのはマイカーローンと同じなのですが、難易度に差が出てくる理由は住宅ローンのそもそもの額の大きさ、返済比率への見方の厳しさにあります。仮に借りられることになったとしても、3,000万円を希望しているところに1,000万円しか借りられないとなれば、家を買うことはできなくなってしまいます。

オーバーローンは違法!

中には「マイカーローンの残債分も住宅ローンに含めて借りてしまえば大丈夫ですよ」とオーバーローンを提案する工務店等もあるようですが、これはルール違反です。

住宅ローンはあくまでもマイホームや家具などの購入に対して融資を受けるもので、それを前提に審査を受けて契約を交わします。住宅ローンとマイカーローンとでは金利も全く違いますので、ローン業者にバレたら一括返済を求められる可能性があります。

また、余分に借りたお金でマイカーローンを返せる分、一見返済が楽になりそうですが、実際は返済期間が延びるために支払利息の負担が増える可能性が大きくなります。業者に話を持ちかけられるままに安易に契約しないよう注意しましょう。

スポンサードリンク


 

住宅ローン⇒マイカーローンの順でお金を借りる

このように、住宅ローンの契約を先にするか、マイカーローンを先にするかでその後の難易度にかなりの差が出てきます。

もし現在、両方のローンをお考えの場合には、ぜひ住宅ローンを先に契約し、その後からマイカーローンに申し込むようにしてください。

そして住宅ローンを申し込む前には、その後に申し込むことになるマイカーローン分を含めた返済比率を計算に入れ、返済シミュレーションを行うことをお勧めします。

もしもすでにマイカーローンを先に契約してしまっている場合には、住宅ローンの審査に大きな影響があると考えられます。まずはマイカーローンを全て完済し、その後で住宅ローンに申し込むようにしましょう。

このページの先頭へ