個人間の売買でもマイカーローンを組める?

自動車の購入先はカーディーラーだけではありません。親戚や友人など、身近な人から買い取ることもあるでしょうし、最近ではインターネットオークションで購入するケースも増えています。

自動車は決して小さな金額で購入できるわけではありませんので、こうした個人売買する場合でもマイカーローンを利用できるかどうかは大いに気になるところなのではないでしょうか。

今回は個人間の売買でもマイカーローンは利用可能なのかという点についてご紹介します。

スポンサードリンク


 


個人間売買ではマイカーローンはほとんど不可!

結論から先に言うと、ほとんどのマイカーローンでは個人間の売買では利用することができません。都市銀行でも地方銀行でも、各マイカーローンの用途の部分に「個人間売買に伴う資金としては利用できない」と明記されているものばかりです。

これは一体なぜなのでしょうか?その理由としては、次の2つが挙げられます。

1.購入価格が市場価格とかけ離れているケースがある

そもそもマイカーローンは、使いみちを自動車の購入に限定して、そのための費用のみを融資するというものです。

使いみちに制限のないカードローンなどと比べて厳しい条件つきであること、また、銀行のマイカーローンには担保はないものの、万一完済が不可能になった場合には自動車の売却によってある程度の回収が可能であることを見込んでの低金利を実現しています。

ところが同じ自動車の購入であっても個人間の売買であると、その価格が一般的に妥当と言えるものなのかはかなり評価しにくいものになってしまいます。

友人から譲り受けたために格安だったというケースももちろんあるでしょうが、逆にオークションで購入したために市場価格よりも高い金額になったというケースもあるかもしれません。

少々極端な例ですが、オークションで100万円で購入した車が、市場価格では10万円だったということになれば、返済が滞った場合にも売却での補填がほとんど期待できないことになってしまいます。

ローン業者としては、そこまでリスクは負えないというのが実際のところなのです。

2.本当に車の購入費だけなのか?が証明しにくい

個人間の売買では車の価格はお互いが納得した額であるかどうかが最も重要なところなので、市場価格とは関係なく売り手の言い値で取引されることも珍しくありません。

そうなれば、融資を希望する額が本当に車の購入費として使用されるものだけで、他に何も含まれていない額なのかを客観的にチェックするのもきわめて難しくなってしまいます。

さきほども言ったように、マイカーローンはあくまでも車の購入費として借り入れるものです。そもそもマイカーローンとしての契約が成り立つのかがかなり怪しくなってしまうために、個人間の売買では利用できないとしているものが多いわけです。

スポンサードリンク


 

一部、個人間売買で利用可能なマイカーローンも

ただ、全ての業者のマイカーローンが個人間売買での利用を不可としているわけではありません。あまり多くはありませんが、一部利用可能なマイカーローンも存在していますので、そちらをご紹介しましょう。

ろうきんのマイカーローン

ろうきん(労働金庫)は労働者の福祉を目的とした金融機関で、営利を追求する銀行とは一線を画したサービスを提供しています。

マイカーローンに関しても申し込み条件や用途が比較的柔軟に設定されており、個人間の売買の際にも利用可能となっています。

ただしろうきんの場合には、居住地や勤務先によって利用できる機関が違っているうえに、それぞれのエリアのろうきんが扱う商品の内容も異なっています。

また、利用には労働者かその家族であることが前提で、「労働組合員」「生活協同組合の組合員とその家族」「一般労働者」のどれにあたるのかで金利などの条件にも違いが出てきます。

中には個人間の売買では利用できないケースもあることが考えられますので、詳しいローンの内容は最寄りのろうきんにお尋ねになることをお勧めします。

ユーカーネクストのオートローン

個人売買でもマイカーローンが組めることを全面に打ち出している業者もあります。それがユーカーネクストです。

ユーカーネクストは中古車販売店の資格を持つ会社で、手数料を支払うことで中古車を購入する場合と同じように大手ファイナンスでのローンを組むことができます。

友人などから車を購入する場合や、オークション、個人売買サイトで車を購入する場合でも利用が可能です。

ユーカーネクストに申し込んだ場合の金利は3.9%から(審査により決定)。これは銀行よりは少し高くなりますが、カーディーラー提携のクレジットよりやや低めの金利設定となりますので、興味のある方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

JAのマイカーローンは利用できる?

一部ネット上に「JAのマイカーローンは個人売買でも契約可能」という情報があります。そこでJAのマイカーローンについても調べてみたのですが、こちらについては明確には確認することができませんでした。

少なくとも筆者の住む中国地方のJAのマイカーローンだと、「営業用の自動車や個人間売買に伴う資金としては利用できません」とのことでした。

ただ、JAもろうきんと同じように、居住地や勤務するエリアによって利用できる機関やローン、契約条件などが異なってきます。

中には個人間の売買でも契約可能なマイカーローンが存在する可能性もありますので、こちらも最寄りのJAに確認されることをお勧めします。

スポンサードリンク


 

多目的ローンなら利用可能

このように、個人間の売買の場合に利用できるマイカーローンはきわめて限定的です。上でご紹介したローンが希望条件に合わなかったとき、もしくは審査を受けたけれど通らなかったときにはローンの利用はあきらめなければならないのでしょうか。

マイカーローンは厳しくても、その代案となるものがあります。多目的ローン、もしくはフリーローンと呼ばれるものです。

多目的ローンは資金使途は原則として自由なのですが、目的をあらかじめ限定した上で、その費用の融資を受けるというタイプの商品です。車両の購入に限定されていないためにマイカーローンと比べると金利は高くなってしまいますが、一般的なカードローンと比べると金利はかなり抑えられています。

多目的ローンはほとんどの金融機関が取り扱っています。審査の方も一般的なマイカーローンよりやや柔軟であるケースが多いので、まずはこちらを検討してみると良いでしょう。

カードローンはおすすめしない

マイカーローンの代わりとして利用できる可能性があるものに、カードローンも挙げられます。

カードローンはマイカーローンや多目的ローン(フリーローン)とは異なり、あらかじめ用途が限定されるものではありません。

また、決められた融資額の枠内であれば何度でもお金を借りたり返したりできる商品です。通常カードを作ってキャッシングするために「カードローン」と呼ばれていますが、最近ではカードなしでお金を借りることができる振り込みタイプの商品も増えてきています。

カードローンでお金借りるメリットは自由度の高さに加え、審査が比較的柔軟でスピーディーであることでしょう。車の購入に限らず、ちょっと現金が足りないときにも借りられるので、利便性は抜群です。

ただ、カードローンはマイカーローンと比べ、金利がかなり高いという大きな欠点があります。また、融資枠も最初は数十万円程度であることが多く、車の購入費用にあてるのにはあまり向きません。

比較的少額の借り入れで済み、完済まで長い時間はかからないというケースならカードローンも一考の価値はありますが、借り入れ額が大きくなればなるほど利息の負担が大きくなるため、車の購入費用としてはおすすめできない選択肢です。

<おわりに>
個人間の売買でのマイカーローンの利用についてご紹介しました。融資を受けるにあたってまず第一候補となるであろう銀行の場合、マイカーローンの利用はほぼ不可能なのですが、その代案である多目的ローンであれば利用できる可能性がぐっと高まります。また、銀行以外であれば個人間売買で利用できるローンもいくつか存在しています。

決して小さな額では済まないことの多い車の購入です。ぜひ多角的に返済計画について検討し、十分にシミュレーションをしてから申し込まれることをお勧めします。

このページの先頭へ